【タイムスリップ明治維新】  鯨統一郎

渋谷の女子高生・麓うららは、幕末にタイムスリップしてしまった。時代を我がものにしようとたくらむ、小栗上野介によってゆがめられた歴史を、正しく進めなければ現代に戻れない。うららは、桂小五郎や坂本竜馬、西郷隆盛、勝海舟の間を奔走し明治維新を目指す。『タイムスリップ森鴎外』に続く第二弾。 (「BOOK」データベースより)


「タイムスリップ森鴎外」がいたく面白かったので、
続編のこちらも読んでみました。

が、歴史に疎いせいでうーん…。

歴史を大幅に変えようとする悪役がいて、
それを正しい歴史に戻すべくうらら達が活躍する訳ですが、
そもそも正しい歴史とやらをほとんど把握していないせいで
いまいちピンとこない。

ちなみに、恥をしのんでどれくらい疎いかというと、
攘夷の意味からしてわからなかったり(なので調べた)、
新撰組がどういう目的の団体かも知らなかったり。
母親は今でいう歴女だったのに、微塵も受け継いでいない私。

丸暗記は割りと得意だったので
それでも社会の成績は悪くはなかったのですが、
全く身についていない悪い例です。

なので、どこまでが正史で、どこまでがフィクションかがピンとこなくて、
ものすごーく読みやすい文章なのに、なかなか進みませんでした。
黒幕の正体もふーんてなくらいで、意外性があるのかないのかもさっぱり。

圧倒的に不利であるはずのうらら達の暗躍が上手くいきすぎてて、
どうも小栗くんが間抜けに思えてしまいました。
歴史をそれなりにご存知の方はいろいろニヤリとできるお話なんでしょう。

森鴎外でこのシリーズは読んでいこうと思ったのだけど、
どうやら鯨さんは歴史と絡めてのお話が多いようで
本作を読んでひるんでしまいました^^;

あ、でも水戸黄門は読んでみたいかも。
子どもの頃、毎週見てたので歴史に疎くても
楽しめそうな予感がしております。


★★☆☆☆ 2.5


にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ  にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ

関連記事
別窓 | 映画・小説レビュー | コメント:0 | ∧top | under∨
<<iHerbでお買い物 第6回目 | シンプルにいこう。 | 1歳3ヶ月!~卒乳&保育所決定~>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| シンプルにいこう。 |