謹賀新年、とやらかした乳腺炎。
新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

diary-1252.jpg

今年は義実家におせちをいただき、
去年始めたコープでもおせちを購入。
去年は産後でフラフラの中大量に煮物を作ったけれど、
今年はそれすらせず、黒豆赤飯とお雑煮を作っただけ。
おかげでとっても楽々なお正月です。ありがたや。

年末は大掃除もせず、ダラダラ過ごしました。
時間はそれなりにあるはずなのに、グータラの極みです。

nemurenuhituzi02.gif

ところが。そんな年末。
やっちまいました。

ここから超長文です。苦手な方はスルーお願いします。


昔の同僚のおうちに遊びに行くつもりが、
連休初日に乳腺炎をやらかしました。

そのたった3日前に、先に乳腺炎になったお友達から
「冬場はなりやすいから気をつけてね」って
教えてもらったばかりなのに。

食べものによって母乳が詰まるなんて
都市伝説じゃないかとさえ思ってたくらいの私。
お餅を食べようが、ケーキを食べようが、揚げ物を食べようが、
全く詰まったことのない自分のおっぱいを過信しておりました。

この日、一度目の授乳は夜中の0時半。
二度目は、朝の4時に片乳(左)。

息子はお腹がしっかり空いてないと
食事中に椅子から立ち上がって遊び始めるので、
早朝の授乳は最近がっつり飲ませないようにしている今日この頃。

朝の離乳食後の授乳では、
左乳だけでお腹いっぱいになった様子だったので、
またも右乳は授乳せず。
早朝も片乳だったことはこのとき完全に失念。
8時間くらいの授乳間隔はそれほど珍しくないので、
この時点では張りすらありませんでした。

その後お出かけし、13時頃に外出先で食事。
さすがに軽い張りを感じ始めてはいましたが、
帰ってから飲ませれば良いや!と、このときも授乳しませんでした。

夕方帰宅。
この頃には張りから軽い痛みに発展していました。
息子も胸元をひっぱっておっぱいを要求。
(1歳を過ぎてから、やたらしょっちゅうおっぱいを要求する^^;)
しかし離乳食をしっかり食べてほしいので、
ここでもお互い我慢しつつ入浴→離乳食。

19時の寝かしつけでやっとおっぱい登場!
さあ、これで張りが取れる~!と思ったのに、
いざ授乳しても右乳は張ったまま。
痛みもとれないどころか、むしろ増してるような?
手を少し動かしただけでも痛い。

あれ?今日そんなに授乳してなかったっけ?
さすがにこれはおかしいと思い始め、
よくよく記憶をたぐると、夜中の0時半から
18時間も右乳授乳してない・・・

む、これはちょっとマズいことになった?
噂の乳腺炎じゃないよね?
まさか、私に限ってそんな。

ググってみると、まあ症状が当てはまる当てはまる。
陣痛より痛い…なんておそろしげなことを書いてるところもあったりして、
どんどん青ざめる私(汗)
ハイ、基本属性超ヘタレです。

検索魔になっている間に痛みが増してくるような、
熱が出てるような気になってきて、
ためしに熱を測ってみたら、微熱。
そうとわかると、関節が痛いような気になってきたり。
「病は気から」を地でいく女、ここにあり(汗)

症状的に、乳腺炎の黄信号から赤信号になりかかってる感じだったので、
早めに寝ようとするも、寒くて寒くて眠れない。
エアコンをつけて、うちで一番暖かい上着を着て、
毛布二枚かけてもとにかく寒く、
そうこうしているうちに急激に熱が上がり、気づけば39℃台。
体中の関節が痛いわ、ダルいわで、ただ事じゃないのは確からしいので、
お産をした病院に電話をして、翌日も症状が続くようなら診てもらえることに。
年末にこんな事態になったので、本当に焦りましたが、
この電話で得た安心感は大きかったです。

冷えピタを張ったり、葛根湯を飲んだりして、横になること一晩。
尋常じゃない寒気の後は、暑くて1時間おきに水分をとりに体を起こしましたが、
自分の体じゃないみたいに鉛のように重かったです。

授乳時には、痛む右側はフットボール抱きにして、
外側のしこりを圧迫しつつ行いました。
(これもネットで得た情報です。)

授乳で体を起こしているだけでも辛かったのですが、
幸いこの日はすごくよく寝てくれて
0時と4時の2回しか起きなかったので助かりました。
その直前まで夜泣きに悩まされていたので、
空気を読んでくれた息子に感謝!

ちなみに、葛根湯は風邪薬ですが、乳腺炎にも効くそうな。
ショウキョウ(生姜)が配合されているからか、
これを飲んだ後は大量に汗をかいて、熱がぐっと下がりました。

風邪気味のときも大活躍なので、我が家では常備薬。

ただ、これらは連休初日の深夜に起きたためにやむを得ず行った応急処置です。
似たような症状でも、別の病気の可能性もあるかもしれません。
乳腺炎と思しき症状が出た場合は
速やかに医療機関や助産師さんにご相談くださいね。



woman02.gif

そんなこんなで大汗をかき、朝方少しウトウトしつつ、
起きたらぐっと体が楽になりました。
体温も一晩で微熱まで下降。
外側のしこりはまだ少しあるものの、
痛みもほとんど気にならないくらいにまで回復していました。

翌朝、もう一度産院に電話して指示を仰ぎました。
経過を話すと、もうピークは過ぎているようだから、
授乳時の抱き方(フットボール抱き)に注意することと、
乳腺開通のマッサージをするようにアドバイスいただきました。
それから、まもなくお正月だけど、
お餅や脂っこいものは食べないようにと注意されました(汗)
年末の外来のない時間にもかかわらず、
親切にいろいろ教えてくださった助産師さんに感謝感謝です。

その後、のんびり過ごしていたら3日後には完治。
お雑煮のお餅もなるべく控えて(…少し食べちゃってます)、
今のところ再発する様子もなく、連休が終わろうとしています。

今回は私のうっかりミスから、息子や夫に迷惑をかけました。
実家にも全く頼れないし、大晦日は夫が休日出勤だったので、本当に焦りました。
授乳間隔があいて胸が張りにくくなったとはいえ、
これからはもう少し気をつけようと思います。


乳腺炎、少しの胸の痛みで済んだ私ですら
高熱やらなんやらで結構しんどかったです。
噂の激痛に見舞われでもしたら、どんなに大変だったやろうか・・・
授乳中の皆さま、乳腺炎にはどうぞお気をつけくださいませ。


にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ  にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ

関連記事
別窓 | 日記 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<2014年読書まとめ | シンプルにいこう。 | iHerbでお買い物 第4回目>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| シンプルにいこう。 |