桜酒 解禁
4番目の石けん、桜酒が解禁になりました。


【香り】
桜と、酒かすの香りが相まって甘い春の香り。
酒かすが入ってないとまた違う香りになったかも。
結構お気に入り。

精油だと1%強で着香しても、洗顔するとかすかにわかるくらいの微香でしたが、
さすがはフレグランスオイル。
泡立てると浴室に香りが広がりました。
洗顔に使うには香りが強すぎる気もするけど、これでも着香率0.6%。
フレグランスオイルは元々香りが強い上、飛ばないから0.5%以下でも十分な気がしました。

【泡立ち】
初めはチョコ石けんみたく、ん?悪い…?と思ったものの、
一旦泡立ち始めるとなかなかの泡立ち。
泡の細かさは中。
髪や体を洗うには程よい泡の大きさです。
洗顔用ならもうちょっと細かくても良いけど、泡の量があるから顔を擦ることはありません。
ひまし油のおかげで泡もちもよし。

【しっとり感】
けん化率高&クレイ配合にも関わらず、程よくしっとりします。
日本酒と酒かすパワーかな。
洗顔後しばらくケアをしなくても突っ張りませんでした。
マーブルにするための量しかクレイを入れてないので、クレイが入ってるのがわからないくらいでした。

【総評】
香りが強いこと、泡立ちは良いがきめ細かくないことからボディ用か、
髪の乾燥が気になる時のシャンプー用にしてます。

香りも泡立ちも洗いあがりも、なかなかに良い石けんだっただけに、
土台の色がクリーム色なのがちょっともったいない。
白ベースでピンクマーブルなら、見た目も可愛い石けんになったかも。
春を意識しただけに、この時期には使い心地の良い石けんです。


オイルによって泡立ちや溶け崩れにくさを組み立てることができるソフトを
uki☆uki☆せっけんライフさんからお借りしています。
手作り石けん以外にも勉強になることが盛りだくさんのサイトです。

鈍感肌、かつ使い心地重視の私の主観ですが、
何本か作ってみて、泡立ちは7前後、崩れにくさは6.5ほどあると
市販の石けんに負けない使いやすさが出るように感じました。
潤い感はさっぱりなオイルで構成しても、スーパーファットやオプションである程度調節できるので、
あまり拘らずに作っています。

手作り石けんに完全にハマってしまい、苛性ソーダがなくなったので、二個目を買いに行きました。
ドライハーブもたくさん注文して、まだしばらくは作るつもり。

モールドがないため、牛乳パックを2本使って型を作っていますが、
うちではちょうど1週間に2本牛乳を飲むので、石けん作りもそのペースです。
楽しいのは良いけど、石けんを置くところがなくなってきたのが、困りもんです。。


関連記事
別窓 | 使用感 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<クエン酸リンス グリセリンvsトレハ | シンプルにいこう。 | 布引ハーブ園>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| シンプルにいこう。 |