富良野旅行記~初日~
書こう書こうと思いながら、早や一ヶ月。

先月、出産前最後の旅行をしてきました。
この時で妊娠7ヶ月の後半。
もっと早く行きたかったのですが、
夫の仕事が忙しく、安定期ぎりぎりの旅行となってしまいました。

今回の旅行はとりあえず「のんびり~」がテーマだったので、
軽井沢などの高原も候補に挙がったのですが、
標高が高い場所はあまり良くないとも聞いたので
飛行機でビューンと飛んで、いざ北の国へ!
ずっと行ってみたかった北海道・富良野です。


出発日は全国的に低気圧のせいでお天気が悪く、
飛行機が揺れる揺れる。

・・・私、飛行機が大の苦手なんです。
墜落の心配をしてる訳ではなく、
絶叫マシンと同じようなお腹の感覚がとにかく嫌で嫌で。
なのに、なぜか私が乗る飛行機に限って高確率でものすごく揺れます(涙)

夕方からの出発なので飛行機はガラガラなのをいいことに、
夫の手にしがみついてました。

そうそう、飛行機といえば、
手荷物を預けるときに妊婦であることに気づいてもらえて
人生初の優先搭乗をさせてもらいました。

この日はあまりにもガラガラだったので
優先搭乗のメリットは全然なかったのですが、
CAさんもいろいろ気遣ってくださってなんだか嬉しかったです。



そんなこんなで旭川に着いても不安定なお天気で、
着陸のやり直し等もあり、30分ほど遅れての到着。

空港からはバスでホテルに向かおうと思ってたのに
ほんの僅かなところで逃してしまい、次のバスはなんと2時間待ち!
この時点で日が暮れかけていたので、
仕方なく最寄の駅までタクシーを飛ばし、
JR富良野線で行くことになりました。

空港で案内された最寄り駅は無人駅。
diary-1159.jpg

周囲は真っ暗で踏み切りもない駅でした。
diary-1160.jpg

せっかく電車に乗るなら、
車窓のひとつも楽しみたいところですが、
真っ暗でなんにも見えず。

地元の方に混じって静かな電車に揺られ、
ホテルに着いた頃には8時を過ぎていました。



お世話になったのは、
富良野で唯一温泉のあるホテル。
さらに、突き出たお腹を人目に晒すのはなんとなく憚られれたので
贅沢にも客室露天のお部屋を予約しました。
(客室露天は温泉ではありませんが)
diary-1162.jpg
写真は明るくなってから撮影~


旅館ではないので部屋食はないのですが
妊娠中の私たちに気遣っていただき、
個室に案内されフルコースを堪能。
(胃もたれで食事量が減ってきていたのに、初日はほぼ完食!)
diary-1161.jpg
さすがは北海道、お刺身が美味♪
この日は食事の後、客室露天に入って就寝。

長くなってきたので、二日目以降はまた今度。
(って、去年の韓国旅行記も完結させていない私にできるのか?)


にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ

関連記事
別窓 | 旅行記 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<富良野旅行記~二日目~ファーム富田編 | シンプルにいこう。 | #140 珈琲と重曹のキッチンソープ>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| シンプルにいこう。 |