妊娠線予防を兼ねた、バオバブボディミルク
8ヶ月になりました。
楽しかった安定期も終わり、いよいよ妊娠後期。

時々出産や育児のことを考えては
猛烈な不安に駆られつつ
ほぼ何も準備せずに今に至ります。


週末のみですが、
ウォーキングも始めました。

近所の大きな公園を夫と一緒に歩いてます。
自分的には頑張って大股で早く歩いてるつもりなのですが、
夫には「こんなペースで歩いて意味あるん?」と言われてます^^;
チビで短足なんだからしょーがないやん。

平日も歩いたらいいんですが、
バイトとはいえ、仕事が終わると結構疲れてしまうので、ついつい直帰。
最近日が暮れるのも早いし。



妊娠線の予防には、手作りの
馬油とミツロウのやわらか妊娠線予防クリーム」を愛用中。
保湿力はもちろんのこと、伸びも良いので使いやすい♪
一日二回、せっせとぬっています。

ミツロウ入りクリーム故、肌に浸透するのに少し時間がかかります。
朝など慌しいときは、完全に浸透する前に着替えてしまうので
下着や腹巻が油っぽくなるのが気になってました。
石けん洗濯の日はスキっと取れるのでいいのですが、
我が家ではアルカリ洗濯の日の方が多いので
洗濯後も微妙に油臭い時が…^^;

そんな訳で、朝用に妊娠線予防を兼ねた
ボディミルクをこしらえてみました。




【妊娠線予防ミルク】 出来上がり量:約80g
A
精製バオバブオイル 23g
ビタミンEオイル 1g
乳化ワックス 4g

B

水 42g

C
カレンデュラチンキ 4g
オウゴン&ユキノシタBGチンキ 4g
大根の根発酵液(天然防腐剤) 1.6g
油溶性ビタミンC誘導体(VC-IP) 1g
ネロリ精油 10滴
ローズウッド精油 5滴



妊娠線予防のキャリアオイルといえば、
スイートアーモンドやアボカド、ホホバオイルあたりが
メジャーどころだと思いますが、
今回は贅沢にバオバブオイルを投入!


というのも、先日原材料を整理していたところ、
だいぶ前に買ったバオバブオイルがなぜか2本も出てきたのです。
どうやら素晴らしい謳い文句に惹かれて買ったものの、
鈍感肌の私には宝の持ち腐れだった模様。
(なぜ2本も買ったんだ・・・)

酸化臭もしてないようだし、
石けんに使うのはあまりにももったいないので、
ここらでボディミルクになっていただくことにしました。

真っ白な乳液にならなかったのは
いつもの如くチンキ投入のせいです(←懲りない)。
diary-1154.jpg
容器は無印のものを再利用~


今回も電動クリーマーなどは使わず、
よち。さんに伝授いただいたフリフリ方式で作りました。
(フリフリ方式の乳液作成についてはコチラ

Aのオイル類とワックスを紙コップに入れてレンジで溶かし、
Bの熱めのお湯とともに容器に流し込みます。
時々フリフリして、冷めたらCの材料を加えて出来上がり♪


あくまで目的は妊娠線の予防なので、
乳液にしてはコッテリの油分30%。
なんで顔につけるにはちょっと重過ぎかな。
乾燥肌の夫になら、顔用乳液としても使ってもらえるかも。

テクスチャは乳液とクリームの中間くらい。
もう少しサラッとしてる方が使いやすいので、要改善。

とはいえ、さすがにそこは水分主体の乳液。
ミツロウクリームより早く馴染んでくれます。
うんうん、狙い通り♪
これで、すぐに衣類に油臭さが残りにくくなりました。

持続力はやはりミツロウクリームの方が上なので、
朝は軽めのこのミルクで素早く潤いを、
夜はミツロウクリームでたっぷりの油分を補給、
という感じで使い分けしています。

まださすがに妊娠線はありませんが、
臨月に急激にできると聞くのでドキドキ。


にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ  にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ

関連記事
別窓 | クリーム・乳液 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<アカチャンホンポのマタニティ・スクールに参加 | シンプルにいこう。 | 【13階段】 高野和明>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| シンプルにいこう。 |