【どんどん橋、落ちた】  綾辻行人

こゆりす


“ミステリ作家・綾辻行人に持ち込まれる一筋縄では解けない難事件の数々。崩落した“どんどん橋”の向こう側で、殺しはいかにして行われたのか?表題作「どんどん橋、落ちた」や、明るく平和なはずのあの一家に不幸が訪れ、悲劇的な結末に言葉を失う「伊園家の崩壊」など、五つの超難問“犯人当て”作品集。

【目次】
どんどん橋、落ちた/ぼうぼう森、燃えた/フェラーリは見ていた/伊園家の崩壊/意外な犯人(「BOOK」データベースより)




以前から気になっていたこちらの連作短編集。

問題編の最後には『読者への挑戦状』が挟まれており、
ミステリーのクイズ本のような構成になっています。

冒頭からまさかの綾辻さん本人の一人称で始まり、
脱力系(でもフェアな)真相に戸惑いましたが、
推理はしようと思わず、流れに身を任せて読みました。

ストーリー自体が楽しめたのは、「伊園家の崩壊」かな。
”あの一家”に不幸が訪れ…とありますが
ニブい私は最初どの一家なのかわからず、
きっと伊園さんが出てくる有名な小説でもあるのね~と納得してましたが、
まさかあの一家だったとは!!

やっと中盤に名前のもじりに気づいて、
そこから先はブラックな展開を楽しみました。
(↑楽しみ方間違ってる?)
ブラック過ぎて後味も悪い話ですが、
これが一番正統派なミステリだった気も。

なるほど!と思わされる真相の数々ですが、
綾辻さんがお好きな方や
クイズ本が好きな方以外には薦めにくい本です^^;


ただいま一人綾辻フェア開催中~^^
  
現在進行形の「暗黒館の殺人」と、
新刊の「Another エピソードS」を積んでます♪

★★★☆☆


ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
Posted byこゆりす

Comments 4

There are no comments yet.
Miyu  

綾辻さんの作品は読んだ事がないけれど、
この短編集、すごく気になります。
「あの一家」って、綾辻さんの作品を読んだ事がなくても分かるのでしょうか?
なかなか犯人が分からないストーリーが好きなので(笑)、読んでみようかな♪

2013/08/25 (Sun) 08:48 | EDIT | REPLY |   
こゆりす  

>Miyuさん
こんにちは!
犯人当てだけに特化した本なので、
初めての綾辻作品としてはお勧めしにくいのですが、
推理クイズ本とかお好きだったら楽しめるかもしれません^^
個人的には「十角館の殺人」から始まる館シリーズがオススメなんですが、
割とコテコテの本格物なので、これはこれで好き嫌いが分かれるかも^^;

「あの一家」、絶対分かります分かります。
綾辻さんは全く関係ないので大丈夫です(笑)

2013/08/25 (Sun) 12:09 | EDIT | REPLY |   
igaiga  
そうそう(笑)

なつかしー。
わたし・・・かなり昔に読みましたね。
あの一家・・・いいのか?という(笑)
血まみれの惨劇になってましたよね。
それまでは普通の館シリーズしか読んでなかったのでこの内容は結構衝撃でした(笑)

2013/08/26 (Mon) 14:14 | EDIT | REPLY |   
こゆりす  

>igaigaさん
あの一家・・・^^;
あんなパロディってありなんですね(汗)
結構楽しく読みましたけど^^
綾辻さん、書いてて楽しかっただろうな~

2013/08/27 (Tue) 19:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply