【すべてがわかる妊娠と出産の本】  ハイディ マーコフ

“妊娠期間中に起こりうるできごとを月ごとに完全網羅!女性の視点に立って、人に聞けない不安・疑問にも対応!最新の医学情報で母子の健康を強力サポート!米国で1200万人のお母さんたちに愛されてきたベストセラー。

【目次】
第1部 妊娠したと思ったら(妊娠したのかしら?/妊娠してからの不安 ほか)/第2部 妊娠期間ー受精から出産まで(妊娠1~2ヵ月/妊娠3ヵ月 ほか)/第3部 もう一つの大事な時期ー産後(産後1週間/産後6週間 ほか)/第4部 健康上の問題が起こったら(病気になったら/慢性疾患への対処 ほか)/第5部 次の赤ちゃんのために(次の妊娠へ向けて)(「BOOK」データベースより)



出産にあたり、広告だらけの浮かれた雑誌ではなく、
きちんと説明された本も読みたいなぁと思って購入。

今お腹の中で何が起こってるのか、
妊娠中にどんなトラブルがあるのかが丁寧に解説されています。

「こうでなければいけない」といった記述が少なく、
いろんな立場の妊婦さんに配慮されているのが嬉しいところ。

全て読んだ訳ではありませんが、
日本人の先生が監修されているので
日本には合わない記述も今のところ見当たりません。

ちなみに監修の竹内正人先生は
お友達に教えてもらってとっている
そのママというマタニティのメルマガを発信している方でもあります。

まさしくはじめての妊娠なら
持っておいて損はない本ではないでしょうか。


はじめての妊娠・出産安心マタニティブック

ちなみにこちらの本↑と迷った結果、
最終的には表紙のかわいさで決めました。


にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠中期へ

関連記事
別窓 | 映画・小説レビュー | コメント:0 | ∧top | under∨
<<【13階段】 高野和明 | シンプルにいこう。 | スマホデビュー>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| シンプルにいこう。 |