【螢】  麻耶雄嵩

オカルトスポット探険サークルの学生六人は京都山間部の黒いレンガ屋敷ファイアフライ館に肝試しに来た。ここは十年前、作曲家の加賀螢司が演奏家六人を殺した場所だ。そして半年前、一人の女子メンバーが未逮捕の殺人鬼ジョージに惨殺されている。そんな中での四日間の合宿。ふざけ合う仲間たち。嵐の山荘での第一の殺人は、すぐに起こった。(「BOOK」データベースより)



読書メーターで絶賛されている方がいらしたので
図書館で予約して借りてきました。
恥ずかしながら、それまでお名前も存知あげなかった作家さんです。


これ、大好物です。

大雨で閉じ込められた、典型的なクローズド・サークルの館もの。
殺人事件の舞台に学生サークルが面白半分で行くあたり、
綾辻さんの「十角館の殺人」を彷彿とさせます。
この世界にもし中村青司がいたら、
加賀螢司と相性良かったんじゃないかな~とか妄想してしまいました。

館のネーミングは、カタカナより
素直に「蛍の館」ぐらいの方が好きかな。
完全に個人の好みの世界ですけど。

しかし、殺人以前にみんなそんな場所でよく寝泊りできるなぁ。
まして事件が起きた後なんて。
大して怯えもせず、全員普通に自室で過ごしてることにビックリです。

いやあ~まんまとひっかりました。
2つとも、ちょっと変だなぁとは思ったんですが、
私の推理能力ではそれまででした(苦笑)
島原くんの推理能力、ハンパないです。

これは被害者に同情の余地は微塵もないですね。
というより、被害者がしたことを考えたら
死に様は全然甘っちょろいんじゃないかと思ったくらいで。


しかし、そんなこんなも、エピローグで見事にひっくり返してくれました。
ひっくり返すというか、風呂敷を畳んでしまったというか。
正直、後味の良いもんじゃないですが、
感想を読み歩いてると
麻耶さんはこういう作風みたいですね。

好感の持てるキャラがいたので、軽くショックを受けました^^;
とかいって嫌いじゃないですけどね、こういうの。むしろ好みかも。

かなり面白かったので、麻耶さんの別の作品も読んでみようと思います。


★★★★☆

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
別窓 | 映画・小説レビュー | コメント:2 | ∧top | under∨
<<レンジde石けんの鹸化促進!? | シンプルにいこう。 | ローズマリー、開花>>
この記事のコメント
ごめん。正直、記事は半ばほどから読んでないけど、
こゆりすさんがこんなに薦めるなら、読みたい!って思ったの。
だから記事読んだらネタばれしちゃうな~って
読まないでコメント^_^;ヘヘっ

この方、名前は知ってたけど読み方は分からんかった。

字面から勝手に、女の人?って思ってたけど
ちゃうじゃ~~~ん。
ふふっ次の本の注文に登録しとこう!
2013-07-27 Sat 19:18 | URL | ミュシャ #- [内容変更]
>ミュシャさん
これ、面白かったですよ~^^
クローズドサークルとか館モノがお好きならオススメ♪
お初の作家さんだけど、文章も読みやすいしサクサク読めるんじゃないかと。

ネタバレはほとんどしてないつもりですけど、
ミュシャさんは勘もいいし読まなくて正解かも。
まっさらな気持ちで読んでみてください^^
で、また感想聞かせてくださいね!
2013-07-27 Sat 22:59 | URL | こゆりす #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| シンプルにいこう。 |