フラーレンの欲張り乳液
前作のUV対策を兼ねたフェルラ酸のフリフリ乳液がきれた後、
オイル直付けでスキンケアしてきましたが、
暑くなりオイルが馴染みにくくなってきました。
乳化剤がどうこうといわれてても、
なんだかんだ乳液は使用感が良いので。

室内のUVAもずっと気になってたので、
柚子のシンプル化粧水を作ったついでに
またフェルラ酸入りのフリフリ乳液を作ってみました。


化粧水をシンプルにした(当社比)反動か、
買ったまま冷蔵庫で眠っていた
アンチエイジング系材料てんこもりの
欲張り乳液になってしまいました。



【フラーレンの欲張りフェルラ酸乳液】 出来上がり量:約50g
水 22g
水溶性フラーレン★ 8g
アルガンオイル 5g
ビタミンEオイル 5滴
BG 5g
フェルラ酸 2g
甘草&カレンデュラ&桃の葉チンキ 4g
紫根BGチンキ 1g
乳化ワックス 1.5g
VC-IP 1g
ヘキサンジオール 1g
大根の根発酵液 1g
シンエイク★ 0.1g
精油
 ローズウッド 3滴
 ネロリ 2滴

diary-1128.jpg


作り方は前回と同じくフリフリ方式。

フラーレンはピーチピッグさんのキットでお安く手に入れましたが、
普段なら間違ってもこんなに大量投入はできません(苦笑)

★のアンチエイジング的有効成分を入れる直前に
夫用容器に3割ほど小分けし、その後有効成分を投入して完成。
(夫にアンチエイジング成分は不要らしい 笑)
シンエイクは残ってたので、なんとなく投入。

しかし、その後有効成分が分離。
使う前に軽く振って使用すれば問題ないのですが、
夫用の方は分離なしなので★の有効成分が分離させているみたいです。
成分同士の相性の問題なのか、
入れるタイミングが遅かったせいなのかは不明。


前回との相違点は有効成分以外に
・乳液をさらっとさせるべく、乳化ワックスの量を減らす。
・気温が高くなってきたので、防腐剤はかなりしっかりめに。 の2点

オイルはつい前と同じ量にしたのだけど、
有効成分を増やした分、減らしても良かったかな。

にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

関連記事
別窓 | クリーム・乳液 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<【パーフェクト・ブルー】  宮部みゆき | シンプルにいこう。 | おめでたいような、ちょっと残念なような。>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| シンプルにいこう。 |