泡盛化粧水とアロエローション
泡盛馬油石けんを作ったときにちょうど化粧水がなくなったので
ついでに泡盛で化粧水を作成しました。



【泡盛化粧水】
泡盛(軽くアルコールを煮飛ばしたもの) 25g
柚子芳香蒸留水 10g
温泉濃縮水 5g
月桃チンキ 2.5g
オウゴン&ユキノシタBGチンキ 2.5g
トレハロース 1g
グルコサミン 2g
ビタミンB3 1g
MSM 1g
シンエイク 0.1g
アスタキサンチン 1滴
新型ヒアルロン酸 適当



diary-869.jpg

泡盛といえば、日本酒と同じお米からできたお酒なだけあって、
香りは日本酒と似ているように感じます。
人によってはお酒臭く感じるかもしれませんが、
わたしは弱いくせに日本酒好きなので、むしろいい香り♪

お酒の分類上は「焼酎乙類」で
黒麹菌を使うのが特徴なのだそうです。
お肌につけるとメラニンの生成を抑えてくれるのだとか。

25度の泡盛にトレハロースを入れて、
軽くアルコールを煮飛ばしたものを使いました。
あくまで軽くなので、アルコールはまだ結構残ってると思われますが、
わたしはアルコールを肌につけても平気な方なので。


しばらく粉物系を化粧水に入れてなかったんですが(…億劫で)、
最近とみに吹き出物が酷くなってきたので
久々にグルコサミン&ビタミンB3パウダーの吹き出物対策コンビを復活させました。
なんとか改善してくれることを願って。

アルコールを残してあったからか、
保湿剤が足りないからか、体調のせいなのか、
これだけだと右頬がカサついてきたので、
後から適当に新型ヒアルロン酸を足しました。
化粧水作りもかなりいい加減になったもんです。




ついでに夫用の化粧水も。
彼は同じ量作っても使い切るのに1.5倍から2倍かかるので、
少ない量で作成していましたが、
暖かくなってきたのと、面倒くさくなってきたのとで(え)、
最近は最初から防腐剤が入ってる市販化粧水を基材に使っています。
暖かい季節でも少量ずつ作らなくても安心。


【アロエローション(手抜きver)】(夫用)
アロヴィヴィ アロエ化粧水 42g
オウゴン&ユキノシタBGチンキ 2.5g
大豆パウダー&ヒオウギチンキ 2.5g
PCAソーダ 2.5g


今回使った市販のアロエ化粧水

全成分:水、アルコール、BG、キダチアロエエキス-1、フェノキシエタノール、ソウハクヒエキス、グリチルリチン酸2K、クエン酸Na

アルコールが入ってるので使う人を選ぶだろうけど、
アロヴィヴィは成分がとってもシンプルで防腐剤も最小限。
リメイクコスメの基材向き。
アロヴィヴィのどくだみとろとろローションも気になる。


にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

関連記事
別窓 | 化粧水 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<【折れた竜骨】  米澤穂信 | シンプルにいこう。 | 【心霊探偵八雲 赤い瞳は知っている】  神永学>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| シンプルにいこう。 |