【リプレイ改版】  ケン・グリムウッド

ニューヨークの小さなラジオ局で、ニュース・ディレクターをしているジェフは、43歳の秋に死亡した。気がつくと学生寮にいて、どうやら18歳に逆戻りしたらしい。記憶と知識は元のまま、身体は25年前のもの。株も競馬も思いのまま、彼は大金持に。が、再び同日同時刻に死亡。気がつくと、またー。人生をもう一度やり直せたら、という窮極の夢を実現した男の、意外な、意外な人生。(「BOOK」データベースより)



「STEINS;GATE」でタイムリープものの面白さを知り、
七回死んだ男」「リピート」などタイムリープものの小説をいくつか読んだところで
ここらでタイムリープものの本家を読んでおこうかと。

ここでいうタイムリープとは物理的タイムトラベルではなく、
意識(記憶)だけが過去に飛ぶもの。
その多くが一方通行で、一度過去に戻ると
途中を飛ばすことができなくなるようです。

本作も43歳のある日死んでしまった主人公が
気づくと25年前に戻り、人生をやり直し始めるですが
嫌な時期を飛ばすことは基本的にできない訳です。
そして、43歳になると再び死んでしまい、18歳に戻り続ける・・・。

十代に辛い思い出の多いわたしとしては
ハッキリ言ってしょっぱなから全然羨ましくありませんでした^^;
ポイントポイントだけ修正できるならともかく、
まるまるやり直すなんてゾッとします・・・。

この主人公も、ギャンブルや投資で大儲けしたり、
幸せな家族を持ったりするのですが、
どんなに築き上げても43歳になると全部ご破産。
想像するだけで欝になりそうな体験ですね。


久々の海外ものだったせいか、少々読みづらさを感じてしまいました。
時々直訳っぽくなる翻訳も気になって仕方がなかった。
60年代~80年代のアメリカの事情がちんぷんかんぷんだったので、
その辺割と流し読みしてしまったのですが、
そこがわかればもっと面白く読めたんだろうなぁ。
いや、それにしても、もうちょっと短くても良かったような^^;

あの人が登場してから面白くなり、
どうやってループを終えるのか、オチが気になって読み進めましたが、
予想外のラストで読後感もなかなか良かったです^^

★★★☆☆


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
関連記事
別窓 | 映画・小説レビュー | コメント:0 | ∧top | under∨
<<#132 梅椿 | シンプルにいこう。 | 【GOSICK Ⅱ ―ゴシック・その罪は名もなき―】  桜庭一樹 >>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| シンプルにいこう。 |