【キケン】 有川浩

こゆりす


成南電気工科大学機械制御研究部略称「機研」。彼らの巻き起こす、およそ人間の所行とは思えない数々の事件から、周りからは畏怖と慄きをもって、キケン=危険、と呼び恐れられていた。これは、その伝説的黄金時代を描いた物語である。(「BOOK」データベースより)



こちら、図書館の借り本。

なんで漫画っぽい表紙なんやろう~と思いつつ借りたのですが、
いやはや、このイラストがなかなか効いています。

途中の頁にもお話毎に1ページの漫画がついてるのですが、
これも男子のテンションに合っててナイス。
表紙の元山くんのツッコミ通り、そういう話ではないのですが、
テンション的には割とそういう話です・笑

不覚にも最後のイラストには泣きそうになりました。
あれは反則だーー。


もうね、お馬鹿なことに全力で取り組む男子たちの眩しいこと眩しいこと。

男子って、なんて楽しそうなの!!

・・・と女子なら羨ましくなること間違いなし!!
でもって、かつての男子は懐かしく読めるんじゃないでしょうか。
現役の学生さんにはピンとこないかもしれないな。

女人禁制の部室を覗かせてもらった気分になりました。
女子は結構冷めてるからねぇ…
それに女は群れたがるから、部の中でもグループ化してしまって
あそこまでの一体感も生まれないだろうしね。

んでも、あの時のただそこにいるだけでキラキラしてる感じは分かる。
その時間がどれだけ貴重だったかは
それを手放してみないとわかんないですよね。
わたしも当時大人たちに言われたけれど、
その時は全然ピンとこなかった記憶があります。
で、自分の居場所じゃなくなってからやっと気づくんですよねぇ。
彼らと同世代なので、なんだかひどく懐かしいような
切ないような気分になりました。


しかし、「お店の子」こと元山くんがすご過ぎ!
実家が喫茶店(街の主婦が溜まり場)じゃ、あの激務はこなせないかと。
純粋に元山くんが相当デキル子なのだと思われます。

あと、大魔神こと大神さん。
彼は怒らせたら怖いだけで、
言ってる事は至極まともで常識人だし、
大魔神の大魔神たる由来がよくわかりませんでした。
彼だけ恋愛パートがあったせいか、わたしの中では普通に好青年でした。
一番好きなキャラなので、恋愛以外の話も読みたかったなー。

その大神恋愛パートも楽しめましたが、
せっかくの男子の花園?なので、全編男臭い話を読みたかった気もします。

結局、れっきとしたキケン人物は上野だけだったような(汗)


こちらは有川さんのお話にしてはかなり甘さ控えめなので、
恋愛モノが苦手な方も楽しめるんじゃないでしょうか^^


★★★★☆


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

関連記事
Posted byこゆりす

Comments 2

There are no comments yet.
igaiga  

他の方のレビューかなにかで
「懐かしい。大学時代を思い出す」
というのを読んで
「これって実話の類なの??」
と驚いた思い出があります(笑)
最後のイラストは泣けますよね。
というか、泣きましたわたし(^^;)

私は高卒なので大学っていいものだな~とうっとりしました。

2013/03/09 (Sat) 07:50 | EDIT | REPLY |   
こゆりす  

>igaigaさん
おお、こちらももう読まれたのですね!
読了後はいつもigaigaさんのブログにお邪魔するのですが、
今回は見逃してたみたいです。
早速探しに行こう~♪

わたしも大学は行ってないんで、いちいち羨ましく思いながら読みました^^
あのイラストは泣けますよね~。ほとんど反則です。

2013/03/09 (Sat) 15:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply