【さよならドビュッシー】 中山七里

ピアニストからも絶賛!ドビュッシーの調べにのせて贈る、音楽ミステリー。ピアニストを目指す遙、16歳。祖父と従姉妹とともに火事に遭い、ひとりだけ生き残ったものの、全身大火傷の大怪我を負う。それでもピアニストになることを固く誓い、コンクール優勝を目指して猛レッスンに励む。ところが周囲で不吉な出来事が次々と起こり、やがて殺人事件まで発生するー。第8回『このミス』大賞受賞作品。 (「BOOK」データベースより)



今年は未読の作家さんの本を10人以上読むと
勝手に心に決めているのですが、中山七里さんはその3人目。
着々と計画は進行中。


音楽ミステリー・・・
ミステリーもいろんなジャンルがあるもんですね。
個人的には、ミステリーというよりは音楽小説かな、と感じました。

この作品がデビュー作とは思えないくらい、
ピアノの描写が凄まじいのです。
ピアノにもクラシックにも全く縁のないわたしでさえ、
演奏の優美さ、迫力が伝わってくるようでした。


ただ、これは完全にわたしの問題ですが、
音楽に造詣がないせいか事件から離れて
延々と続くピアノの猛特訓の描写や
薀蓄がちょっと退屈に感じてしまったりして^^;
火事真っ最中と、大やけどを負った後の描写も
想像力逞しく読んでしまい、結構キツかったです。

それより事件は?事件はどうなったの??と大いに焦らされ、
すごいタイミングでいきなり真相が提示されのでびっくり。
amazonのレビューではミステリー慣れしてたらすぐ気づくという声も多いようですが、
全くのノーマークの人物だったので、素直に驚きました。

ピアノを習ったことがあったり、
クラシックがお好きな方はハマるのではないでしょうか。


それにしても岬さん・・・
ピアノの天才で教え方も上手く、
柔和な物腰ながら洞察力にも優れ、その上イケメン好青年。
あまりの人間離れした完璧属性っぷりに
どこか欠点がないと愛着が持てないと思ってしまった
わたしはやっぱりひねくれてるのでしょうか^^;


主人公がコンクールで弾いたドビュッシー2曲。
すごくきれいな曲で気に入りました。




★★★☆☆


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

関連記事
別窓 | 映画・小説レビュー | コメント:0 | ∧top | under∨
<<【キケン】 有川浩 | シンプルにいこう。 | UV対策を兼ねたフェルラ酸のフリフリ乳液>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| シンプルにいこう。 |