緑茶マルセイユ解禁~
今まで作った中で出来が一番不安な石けんが解禁になりました。→緑茶マルセイユの作成模様

激早トレースで気泡だらけ。
せっかくの緑茶インフューズドオイルも結局最後は茶色くなり??
どうせ茶色になるなら、チンキじゃなくて緑茶水分置き換えの方が良かったかも。


・・・とまぁ見た目も製作状況もサイアクだったのですが、こわごわ使ってみればなんのその!

これ、めっちゃ良いではないですかa

マルセイユということで、泡立ちには全く期待していなかったのですが、
(実際、石けん計算ソフトの計算上の"気泡力"は今まで作った9個の中で最低)
弾力のある泡がモコモコa
生クリームとまではいかないけど、洗顔にも満足できる弾力のある泡がたっぷり立ってくれました。
苦戦させられたミリスチン酸の力かしら??
それとも緑茶に何かそういう働きがあるんでしょうか。
緑茶以外にオプションは何も入れてないので、これは嬉しい想定外♪


シャンプーにも使ってみました。
これもなかなかに良く、一度洗いで十分な泡立ち。
洗い流すとキシみはあるものの、ドライヤーで乾かした後は、まとまり良し◎
オイルをつけなくてもしっとり、ツヤツヤ?
同じオリーブオイルから出来ているアレッポと似た仕上がりなので、
これはオリーブオイル特有の洗髪感のようで。
連用すると重くなるのもアレッポとそっくりだったので、
サッパリ系のラベンダー&ローズマリーのシャンプーバー と交互で使うとなかなかいい感じ。


計算ソフトによれば、"気泡力"に反比例して非常に高かった"肌適性"の数値。
この肌適性、保湿力の度合いとか刺激の少なさのことだと理解しているのですが、
私では鈍感過ぎて参考にならないので夫に尋ねると、しっとりするよ~と。
(夫も乾燥しやすいだけで敏感肌ではありません。夫婦揃ってアテにならん。。。)
確かにお風呂上がりにボディクリーム塗らなくても乾燥しなかったけどね。

けん化率をもっと下げれば確実に保湿力が上げられるのはわかっているのですが、
これから気温が高くなり、酸化や溶け崩れが怖いので、今のところはこれで十分かなと。


ちなみに肝心の緑茶の香りはいたしません。
直でかぐと生イチゴの香りがしていたのに、お風呂では少しだけ甘い、よくわからない匂いがしました。
香りを強く出すには、やっぱりウルトラ抽出しかないのかなぁ・・・
緑茶チンキ使った時にボテボテトレースでエライ目に遭ったし、
家にミルサーもないしでウル抽は億劫・・・


作った時はガッカリ石けんだったのに、思いの外優等生だった緑茶マルセイユ。
昔からずっと作られているマルセイユのレシピが秀逸なんだろうなぁ。
次はいらんこと(チンキなど入れずに…)はしないで、見た目も美しくリベンジしようと思います!


関連記事
別窓 | 使用感 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<アクリルモールド買っちった。 | シンプルにいこう。 | 弱点発見!>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| シンプルにいこう。 |