【リピート】 乾くるみ

もし、現在の記憶を持ったまま十ヵ月前の自分に戻れるとしたら?この夢のような「リピート」に誘われ、疑いつつも人生のやり直しに臨んだ十人の男女。ところが彼らは一人、また一人と不審な死を遂げて…。あの『イニシエーション・ラブ』の鬼才が、『リプレイ』+『そして誰もいなくなった』に挑んだ仰天の傑作。(「BOOK」データベースより)


面白かったー!

設定だけで惹かれて手に取った本書。
意識だけが過去に戻るという、いわゆるタイムリープもの。
(本書ではリピートと呼んでいる)

以前はあまり興味のなかったSFですが、STEINS;GATEで面白さを知ってしまいました。
背表紙のあらすじさえ見ずに読み始めたので、
恋愛小説か人間ドラマくらいだと思っていたら
蓋を開けてみれば人は死ぬわ、主人公にまさかの展開が起きるわ・・・
好物同士の組み合わせで大好物にならない訳がありません。
タイムリープ×ミステリといえば、
七回死んだ男」を思い浮かべますが、あれも異常に面白かったんだよなぁ。

はじめは割と好青年だと思っていたのに、
リピート後、リピーターの優越感に浸り、保身に走る毛利。
主人公、ヒロイン含め決して好感は持てないリピーター達ですが、
まあリピートしたらこうなるだろうなとも。
人間くさくて嫌いじゃありません。
何気に天童は好きかも。


こういうお話を読むと、
自分が戻れたら何をしようか考えずにはいられません。

10ヶ月という時間は人生をやり直すにはあまりにも短く、
お金を稼ぐことくらいしか思いつかず・・・
今の仕事を始めて10ヶ月経ってないので
改めて面接を受けるかは考えるかもしれませんが^^;
オットにも聞いてみたらロト6だというあたり、
やっぱりわたし達夫婦は揃って小市民なのでした。

といって、もし10年とか20年戻れるといわれても
辛いことを全部避けられる訳じゃないので
やっぱりこの安定した10ヶ月戻してくれる方がいいかな~
・・・なーんてつい夢想してしまうのでした。


この作品がオマージュした「リプレイ」も読まなくちゃ。



若干ネタバレありますので、反転しておきます。

感想サイトを読み歩いてると、
R11=R0・・・つまり、また風間たちが偶然黒いオーロラに入り、
無限ループになるという解釈を見かけました。
なるほど、それは怖いけど面白い考察。ぞぞっ。

乾くるみさんが男性だった事実もかなり衝撃でした。



R0、R1・・・というのはあくまでパラレルワールドになるのか、
そうでないとしたら、意識が過去に戻った10月31日以降はどうなるのか
そこが気になるわたしです。

★★★★☆

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

関連記事
別窓 | 映画・小説レビュー | コメント:0 | ∧top | under∨
<<#126 ハーブワイン石けん | シンプルにいこう。 | #125 月桃と炭の消臭シャンプーバー>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| シンプルにいこう。 |