【夜のピクニック】 恩田陸

高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて歩行祭にのぞんだ。三年間、誰にも言えなかった秘密を清算するためにー。学校生活の思い出や卒業後の夢などを語らいつつ、親友たちと歩きながらも、貴子だけは、小さな賭けに胸を焦がしていた。本屋大賞を受賞した永遠の青春小説。(「BOOK」データベースより)



小説では初めましての作家さんですが、
この方の連載エッセイは一年ほど読んでいました。
恩田さんもずっと男性だと思い込んでた^^;
何年か前に映画化されて気になっていた作品です。


普通の高校生が20キロのマラソンを走る(「二人の距離の概算」より)のもたいがいだけど、
一日中歩き通しで80キロて!
物語上の行事かと思っていたら、
実際にこの手の行事してる高校もちょいちょいあるみたいでびっくり。
体力に自信ないから、これは辛いな・・・


想定内とはいえ、特にこれといったことが起こる訳ではないので
10ページ読んでは寝てしまい…を繰り返し、
すっごく時間がかかってしまいました。
ラスト三分の一でようやっとスピードアップ。

いやあ、青春だねぇ。
過酷な行事だけどちょっとだけ羨ましくなりました。
いや、実際参加したら早々に根を上げそうですが^^;


主要な登場人物が全員美男美女でモテモテ。
周りを慮ることができ、さらに進学校で賢い子ばかりときてる。
出来すぎな高校生ばかりで、ちょっと私のツボには合いませんでした。
きれいすぎるというか、あんまり共感できないというか・・・
もっと普通の子たちのお話じゃダメだったのかな?
評判高い本が合わないのって悲しい~。

貴子の生い立ちもそれほど可哀想だとは思えなかったし、
みわりんの悩みも贅沢すぎるやろー。
あ、でも忍くんは好きです。
内堀亮子が一番普通にいそうな子で、
嫌な女でありながらもなぜか好感持てました。


恩田さんはSFやミステリーがお得意らしいので、
今度はそちらを読んでみたいです。

★★★☆☆


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

関連記事
別窓 | 映画・小説レビュー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<あわあわモコモコ♪無印の泡立てネット | シンプルにいこう。 | 【麦酒の家の冒険】 西澤保彦>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| シンプルにいこう。 |