【密室殺人ゲーム2.0】 歌野晶午

こゆりす


あの殺人ゲームが帰ってきた。ネット上で繰り広げられる奇妙な推理合戦。その凝りに凝った殺人トリックは全て、五人のゲーマーによって実際に行われたものだった。トリック重視の殺人、被害者なんて誰でもいい。名探偵でありながら殺人鬼でもある五人を襲う、驚愕の結末とは。第10回(2010年)本格ミステリ大賞受賞作、2010本格ミステリ★ベストテン第1位。(「BOOK」データベースより)


最近通っている仕事の帰り道途上の図書館で
続編を見つけました。

家でコレを読んでたら
夫に「最近物騒な本ばっか読んでるけど大丈夫か?」と心配されました。
・・・うん、まあそうだよね。
私も逆の立場ならいろいろ心配になるかも^^;

私が読んだのは今年出た文庫版↑ではなく、
新書版↓の方だったので、今回も電車で読むのが恥ずかしかったな~

文庫みたいな表紙ならまだ良かったんだけど^^;


前作であんなラストを迎えたのに、
何事もなかったようにしれっと推理ゲームを始める登場人物たち。
時系列が違うのか?とやや混乱気味に読んでいたのですが、
そんな疑問は中盤には種明かしされます。

長編ひとつ書けそうなトリックのお話もあったのに、
一作目のインパクトが強かったからか、驚きは少なかったかな。
ラストの事件もわからないなりにも
作品の序盤で考えたことだったので
「そうだったんだ~」くらいの印象で終わってしまいました。
どっちかっていうと、中盤の種明かしが一番の盛り上がりだったような。


なんでも3部作だそうですが、
今度はどうやって続けるんでしょう。

あの方はこの中に混ざっているのか?も気になるので、
なんだかんだ言いつつ、図書館で見つけたらたぶんまた借りるだろうな。

★★★☆☆

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

関連記事
Posted byこゆりす

Comments 2

There are no comments yet.
あちこ  

こんばんは~

わたしも表紙やタイトルが猟奇的だと
まわりの視線が気になります・・・
そういうときは紙でブックカバーを作ってます
もともと書店スタッフだったので
作り方はお手物なんです!
文庫サイズも新書サイズも文芸サイズも
紙だったら分厚さだって調節できるのでいいですよ~
よかったらブログでも書いたことがあるので
参考にしてみてください
http://ichiren58.blog84.fc2.com/blog-entry-1366.html

2012/11/14 (Wed) 21:36 | EDIT | REPLY |   
こゆりす  

>あちこさん
なんでこんな表紙にしちゃったんだろって本、ありますよねぇ^^;
図書館の本なので自前のブックカバーをつけるのもな…と思ってたんですが、紙ならいいですね!
私も実は古本屋でバイトしてたことがあるんですが、
古本屋故にブックカバーをかけることが無かったので、
折り方の解説、わかりやすかったです♪
ありがとうございます^^

2012/11/15 (Thu) 10:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply