【オーデュボンの祈り】 伊坂 幸太郎

コンビニ強盗に失敗し逃走していた伊藤は、気付くと見知らぬ島にいた。江戸以来外界から遮断されている“荻島”には、妙な人間ばかりが住んでいた。嘘しか言わない画家、「島の法律として」殺人を許された男、人語を操り「未来が見える」カカシ。次の日カカシが殺される。無残にもバラバラにされ、頭を持ち去られて。未来を見通せるはずのカカシは、なぜ自分の死を阻止出来なかったのか?卓越したイメージ喚起力、洒脱な会話、気の利いた警句、抑えようのない才気がほとばしる!第五回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞した伝説のデビュー作、待望の文庫化。 (「BOOK」データベースより)



うーんうーんうーん。

「鴨とアヒル~」に続く伊坂作品2作目です。
これ、伊坂作品の中でもかなり人気高いみたいですよね。
なので大きな声で言ったら怒られそうだけれど・・・
私には合わなかったみたいです^^;
ファンの方はお読みにならないことをお勧めします。

変わり者ばかり出てくること自体は全然いいです。
が、私は登場人物が好きになれるかが本の好みの大きなウエイトを占めているので、
あれだけキャラがいて誰も好きになれないのは厳しい…。
日比野がああなった事情もわからなくはないのですが、
それでも愛すべきヤツだとは受け止められなかったし、
コンビニ強盗しでかした伊藤の心境も全く理解できないものでした。

それでも「カカシは自分の死をなぜ阻止出来なかったか」という
謎に対しての関心だけで読み進めたのですが、
え?それだけ?という解答に脱力。
島に欠けているものの答えも同じく。
どこを見ても評価が高いので、何か欠けているのはむしろ私の方なのかも。。

合わなくて残念(´ノω;`)

これは、きっとミステリ部分はちょっとしたスパイスというかおまけ程度で、
個性豊かなキャラクターと不思議な島を巡るおとぎ話を愉しむお話なんでしょう。


「鴨とアヒル~」でも同じような変わり者がいたけれど、
好きなキャラがいたし、謎にも驚かされたしで結構愉しめたのですが。
伊坂作品が合わないとは思いたくないなぁ。
オーデュボンを先に読まなくて良かったとつくづく思います。

★★☆☆☆ 2.5


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

関連記事
別窓 | 映画・小説レビュー | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<#119 金木犀2012 | シンプルにいこう。 | パプリカのインフューズドオイルと、オウゴンチンキ>>
この記事のコメント
伊坂さんのはゴールデンスランバーだけ、読みました。
ゴールデンは凄く良かったよ^^
他見た事ないけど、レヴューで彼の集大成と書かれてた。
その後、オーデュボンも読もうと、友達に言ったら
友達がこゆりすさんとまるっきり同じようなことを言ってたので
買わなかったんだよね~。
ふんふん、買わなくってよかった?(笑

ゴールデンはお勧めよん。
・・・って言って、こゆりすさんに会わなかったら
遠慮なく~
2012-11-07 Wed 20:47 | URL | ミュシャ #- [内容変更]
>ミュシャさん
おお、「ゴールデンスランバー」良かったんだ!
図書館で探してみますね~^^
あと、よく知ってる場所が映画で使われてるんで
「死神の精度」は懲りずに読んでみようと思ってるとこです。

ミュシャさんのお友達もいまいちだったんだ~
なんかちょっと安心したかも^^
どこ読んでもあまりにも評価が高いので、私だけかと思って^^;
ミュシャさんもまあそう言わずに読んでみてください。
これが一番好きって人も多いみたいなので。
ミュシャさんがどう感じたか気になるな~
2012-11-08 Thu 08:43 | URL | こゆりす #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| シンプルにいこう。 |