【扉は閉ざされたまま】 石持浅海

久しぶりに開かれる大学の同窓会。成城の高級ペンションに七人の旧友が集まった。(あそこなら完璧な密室をつくることができるー)当日、伏見亮輔は客室で事故を装って後輩の新山を殺害、外部からは入室できないよう現場を閉ざした。何かの事故か?部屋の外で安否を気遣う友人たち。自殺説さえ浮上し、犯行は計画通り成功したかにみえた。しかし、参加者のひとり碓氷優佳だけは疑問を抱く。緻密な偽装工作の齟齬をひとつひとつ解いていく優佳。開かない扉を前に、ふたりの息詰まる頭脳戦が始まった…。(「BOOK」データベースより)




初読みの作家さん。

コロンボとか古畑と同じく、読者にとっては犯人が明らかであり
犯行の様子が最初に描写される倒叙形式のミステリです。

密室が密室であらねばならない理由はお見事だと思いました。
(無駄に完璧な密室にしちゃうのって、金○一あたりでありましたよね^^;)
そして、何か異変があれば(小説では)たいてい扉をぶち破ってしまうのに、
壊して突入できない状況設定も上手い。

散々引っ張った動機は、えええ~!そんなことで殺しちゃう?ってなトンデモ動機でしたが^^;
私はあまり動機に拘るタイプではないので、そこはあまり気にしません。
伏線もあるので、途中「まさか、ね?」とは一度考えたし。
もっと他にも解決法があっただろうに
被害者があまりにも気の毒ですが、
こんな理由で殺人を犯してしまう人もいるかもな~とは思いました。


そんなことよりずっと気になったのがトリックの回収方法。
頭の良い伏見があれだけ自信たっぷりなもんだから
どんな華麗な回収方法かと思いきや、
絶対痕跡残りそうなお粗末な方法で、そっちの方に唖然としました^^;
優佳が指摘したアレコレよりよっぽどヤバイよ、これ。


で、その探偵役の優佳・・・苦手だ^^;
人の言葉尻捕まえてあれこれ詮索しそうで、絶対お友達にはなりたくないタイプ。
終盤のアリバイの確認だって、何もみんなのいる前で言わなくてもいいことだし。
結末は好きなので、倫理観がどうのとかは言うつもりはありませんが、
表情までコントロールできる女って怖すぎる。

お話は結構面白いのに、探偵に魅力がないのが残念。
彼女を好きになれないあまりに、特に魅力的でもない犯人を応援するはめになりました。
しかし、この優佳が探偵役の作品は3部作だそうなので、
怖いもの見たさでちょっと読んでみたい気がします。

★★★☆☆ 3.5


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
関連記事
別窓 | 映画・小説レビュー | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<【失敗作】ストロベリーピンクの口紅 | シンプルにいこう。 | #116 紫根と乳清の石けん>>
この記事のコメント
この本がわたしの「初・石持さん」だったのですが、
結果としてその後進まず(^^;)
トータルで6冊です(出している本の量の割には少ないかな?)

ラストが妙に爽やかな感じなのですよね(^^;)

こゆりすさんが言われてる通り「動機」ですよね~。
わたし今までいろいろな殺人が書かれている本を読みましたが
こういう動機で人を殺したのは初めてだったのでびっくりしました。
2012-10-12 Fri 09:48 | URL | igaiga #- [内容変更]
>igaigaさん
石持さんだけで6冊も読まれてるなんて十分凄いですよ!
(石持さんがどれくらい書かれてるのかは知らないけれど^^;)
わたしは読むのがノロいので、月25冊ペースはほんと尊敬です^^

思ってたのと違う方向にいったけど、このラストは結構好きでした^^
動機は…かなり斬新でしたよね・汗
読書家のigaigaさんでも初めてだとは。
私の場合、優佳の性格があまりにアレなんで、動機の衝撃が薄れたみたいです…^^;
2012-10-13 Sat 00:20 | URL | こゆりす #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| シンプルにいこう。 |