【アヒルと鴨のコインロッカー】 伊坂幸太郎

引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年。初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。彼の標的はーたった一冊の広辞苑!?そんなおかしな話に乗る気などなかったのに、なぜか僕は決行の夜、モデルガンを手に書店の裏口に立ってしまったのだ!注目の気鋭が放つ清冽な傑作。第25回吉川英治文学新人賞受賞作。(「BOOK」データベースより)



とっても有名なのに初めましての作家さん。
ってこんなんばっかりですね、私^^;
米澤⇔西澤ループも落ち着いてきたので、
これからは読んだことない作家さんも挑戦しようと思っている次第。

私の中で純文学っぽいイメージがある作家さんだったので
なんとなく敬遠してたのですが、思いの外読みやすくてびっくり。

この本の内容についても誤解をしていて、
背表紙のあらすじからてっきり日常系…いや、書店強盗は日常とはいわないか。
とにかく、人の死なないミステリだと思っていました。
序盤の展開にもちょっと退屈しかかってたりもしたので、
まさかこんな不穏なことになるなんて。


中盤あたりで展開が読めてしまったのは残念だけれど、
メイントリック(?)には驚かされました。
何度この手のトリックに騙されてきたんだろう。。

琴美はこの物語においては数少ない常識人で
基本的には共感できるキャラなんですが、
警察にも周りにも全然相談しようとしないので
イライラしてしまいました^^;
あそこでソレ消してしまうとか、ありえない。。


読んでてちょっと嬉しかったこと。
核心部分や物語の展開とは全く関係ないけれど、
これからまっさらな気分で読みたい!って方もいらっしゃると思うので
一応反転しておきます↓

中盤まで気づかなかったのだけど、
2年前と現在の章の冒頭とラスト、毎章韻を踏んでるのですね!
さりげないけど凄いなぁ。
こういうの、大好きです。



ブータンは、いま死ぬまでに一番行きたい国。
書かれていることはほんの一部にすぎないとは思いますが
ブータンに関する記述がとっても興味深かった。
ブータン人のドルジがまたいいキャラなんだよなぁ。


そういえば、この作品も映画化されているそうで。
あれをどうやって映像化したのかも気になりますが、
結構評判が良いみたいですね。
原作から入ると大抵なんかイメージが違う~!なんてことになりがちだけど、
濱田岳に関してはかなりぴったりだと思いました。
今度DVD借りてこよう。

★★★☆☆ 3.5

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
関連記事
別窓 | 映画・小説レビュー | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<即効性あり!高濃度プラセンタエキス | シンプルにいこう。 | #114 黒米石けん>>
この記事のコメント
こんにちは。
今、わたしも伊坂さん再読ブームで伊坂さんの本は新しい本以外は一通り読んでます。
初期のころの本が好きですね~。
スピード感が違います(^^)
普通に殺し屋、泥棒、強盗が登場したり、案外残酷ですが変に明るいというか軽いんですよね(^^)
いろいろオススメです(^^)
2012-09-18 Tue 09:26 | URL | igaiga #- [内容変更]
>igaigaさん
ふふ、いつもブログ読ませていただいてるので
伊坂さん再読ブーム存じてます^^
ふむふむ、初期の頃の本がおすすめなんですね!
今日、図書館でたまたま見かけた「オーデュボンの祈り」を借りてきました。
楽しみ~~♪
2012-09-19 Wed 20:58 | URL | #- [内容変更]
>igaigaさん
わわっ、上の名無し↑は私です(汗)
ブラウザ変えたらブランクになってました^^;
2012-09-19 Wed 21:12 | URL | こゆりす #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| シンプルにいこう。 |