【追想五断章】 米澤穂信
米澤⇔西澤ループ継続中。



大学を休学し、伯父の古書店に居候する菅生芳光は、ある女性から、死んだ父親が書いた五つの「結末のない物語」を探して欲しい、という依頼を受ける。調査を進めるうちに、故人が20年以上前の未解決事件「アントワープの銃声」の容疑者だったことがわかりー。五つの物語に秘められた真実とは?青春去りし後の人間の光と陰を描き出す、米澤穂信の新境地。精緻きわまる大人の本格ミステリ。(「BOOK」データベースより)



非常に米澤さんぽいお話だなと思いました。
誰にも救いがないところとかね。

誰かに言ってまわりたい気持ちはわからんでもないけど、
やっぱりそれは墓の中まで持っていくべきだったね、お父さん。

芳光はどうしてわざわざ謎を解き明かしちゃったんだろう、と最初は思ったけど、
少し経つと、可南子も真実を知って
これはこれで満足してるのかもしれないなと思い直しました。

本編よりも作中作のリドルストーリーの方を面白く読みました。
お父さん、小説家でもいけるんじゃないかと思った。
というか米澤さんが凄いんですが。

高校生の頃、地元の古本屋でバイトをしていたことがあります。
ブッ○オフなんかのチェーン店ではなく、地元密着の、今は無きちっちゃなお店。
菅生書店みたいに専門書が並んでいた訳ではないけれど、
独特のまったりした雰囲気が好きでした。
普通の本屋さんももちろん好きだけど、古本屋はそれとはちょっと違った意味でいい。
古書店が舞台というだけで、惹かれた本なのです。


これ読んでて、今の時代って便利すぎて、つくづくつまんないなーと。
芳光が現代の大学生だったら、一日で解決してるお話かも^^;

同人の小説を探すのに、ひと昔前なら足と頭を使って苦労して探し出したものが、
今はPCやスマホを使えば1秒もかからずヒットするんだもの。
電話一本かけるのにも、下宿先の電話代や相手の都合を慮ることもない。
そこにはロマンも物語も何にもないなぁと。
技術が進んで便利な世の中になった分、
小説家や読者にとっては、悩ましい時代なのかもしれません。

すごく面白かったという感じではないけれど、
これが書ける米澤さんってとんでもないかも、と読み終わってゾクっとしました。
何度も書いてる気がするけど、本への愛と読書量をひしひし感じます。
若いのに、すごい作家さんだ。

もったいないなと思ったのが、久瀬笙子の扱い。
キーマンなのかと思っていたらあっさりフェイドアウトしてしまって、
もっと彼女の出番があっても良かったのになと思いました。

★★★☆☆ 3.5

これで買っていた文庫本を全て消化してしまいました。
暗黒館の殺人はずっと積んでるんだけど、いかんせん長いんよね・・・。
まだ楽しみにとっておきたいという気持ちもあり、珍しくハードカバーに手を出してみたり。
石けん熱より、読書熱の方が上がっている今日この頃です。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
関連記事
別窓 | 映画・小説レビュー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<エスケー 洗濯用粉せっけん | シンプルにいこう。 | 【解体諸因】 西澤保彦>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| シンプルにいこう。 |