【解体諸因】 西澤保彦
米澤穂信⇔西澤保彦の読書ループのうちの一冊です。


六つの箱に分けられた男。七つの首が順繰りにすげ替えられた連続殺人。エレベーターで16秒間に解体されたOL。34個に切り刻まれた主婦。トリックのかぎりを尽くした九つのバラバラ殺人事件にニューヒーロー・匠千暁が挑む傑作短編集。新本格推理に大きな衝撃を与えた西沢ミステリー、待望の文庫化第一弾。(「BOOK」データベースより)


バラバラ殺人ばかりを扱った短編集。
人に薦めたらいろいろ心配されそうな気もしますが、これがまた面白かった!

殺人の動機や、誰がどのように行ったかより、
なぜバラバラにしたか?という謎に重点が置かれた本です。

そのため、そんなことで人を殺しちゃったの?っていう
トンデモ動機で殺人が起きたりもしますが、
Whyに関してはなるほど~と思わせる説明がつくので、
他の細かいことは割とどうでも良くなります。

バラバラ殺人といっても、ほとんどが安楽椅子探偵で
グロテスクな描写は最小限に抑えられているので、生々しさはほとんどありません。
ほとんどが第三者の想像で推理されるため、
その推理が真実かどうかは二の次なのも、グロさを感じさせない要因かもしれません。

これは続編が出たら、絶対読みます!
って無理かな、やっぱり^^;


【第1因・解体迅速】
犯人の見当はついたが、おかしな格好のままバラバラにされた動機には納得。

【第2因・解体信条】
この本の中でも、解体された動機が一番理解できる。
双子のキャラが割と好き。

【第3因・解体昇降】
エレベーターが下りるたった16秒の間にバラバラにされた女性。
謎のインパクトが強烈で、一番興味をそそられた作品。
動機は完全にギャグです。

【第4因・解体譲渡】
卑猥な雑誌を大量購入した年配の女性の謎と、
付近で起きたバラバラ殺人がリンクが素晴らしい。

【第5因・解体守護】
これは殺人事件ではなく、クマのぬいぐるみのバラバラ事件。
バラバラ殺人だらけの毒を抜くために書かれたお話かもしれませんが、
この中では一番ピンとこなかった作品。
そんな理由でクマの手をもいだりするかねぇ…?
あの人が犯人だからこそありえない気がするのだけど。

【第6因・解体出途】
これも解体の理由がお見事。
千暁の叔母さんのキャラが凄まじいです^^;
これは真相を明かして欲しくなかったような・・・
犯人に同情(-∧-)

【第7因・解体肖像】
これも殺人事件ではなく、ポスターのモデルの顔が切り取られた事件。
「解体守護」とは違って、後味悪いお話です。

【第8因・解体照応】
連続殺人事件で、直前に殺された人の首がスライドするという
文字にするととんどもなくおぞましい事件ですが、
舞台の脚本仕立てで、終始コメディ仕立て。
同じことが7回繰り返されるので、くどくて正直途中で飽きてしまいました。
トリックや動機もわかってしまった作品。

【最終因・解体順路】
全て短編かと思っていたら、あれもこれも繋がってくる最終話。
こういうの好き!
・・・ですが、それまでに出てきた登場人物が出てきて、
人間関係がやたら複雑なのでちょっと混乱しました。
ここまでの事件の推理をあっさりひっくり返したり~なんてこともありますが、
真実より推理の方が面白かったなぁと思ったりも^^;
順番通りに読むことを強くオススメします。



ちなみに、これが私がまだ手を出していない
タックシリーズの序章(時系列では新しい方ですが)になるんですね。
この時はシリーズ化が決まってなかったのか、
探偵のキャラがあまり立ってない気がしましたが、
このシリーズも読んでみたくなりました。

★★★★☆

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
関連記事
別窓 | 映画・小説レビュー | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<【追想五断章】 米澤穂信 | シンプルにいこう。 | 韓国旅行~二日目【京東市場】~>>
この記事のコメント
こんにちは~

とてもおもしろそうな本ですね!
図書館で探してみようと思います~

わたしも石けん熱と読書熱が
交互にきている感じで…
どちらも同時とはいかないものですね
2012-08-31 Fri 09:54 | URL | あちこ #- [内容変更]
>あちこさん
こんばんは♪
西澤さん、今年ダダハマり中なんです^^
今のところ、私的にはハズレなしなんですが、
あちこさんのお好みに合うと良いのですが・・・
また感想聞かせてくださいね!

私もひとつのことしか出来ない性分なので、本を読み出すとそればっかり…^^;
あちこさんの読書メーターにもこっそりお邪魔してます^^
また本のお話もしましょうね♪
2012-08-31 Fri 20:43 | URL | こゆりす #- [内容変更]
「ぬいぐるみ警部の帰還」も傑作の予感
まぁ、思いっきりはまったので、個人的にそう思ってるだけなんですけどね・・・(笑)
西澤さんは確かに面白くて、大体の作品でハズレなしですね~。

いろんなサイトで感想とか読んでいると、次は何を読むか悩みますが、
http://www.birthday-energy.co.jp/
ってサイトで、作者の西澤さんを評価する記事を見つけました。
これからがますます楽しみらしいです。
相当変わり者らしいですが。
2013-07-11 Thu 06:45 | URL | たまよん #DvI991tw [内容変更]
>たまよんさん
コメントありがとうございます。
「ぬいぐるみ警部の帰還」は気になってました。
そうですね、西澤作品でハズレはないと思います。
こんなに面白いのに、世間ではあまり知られてないのが不思議なくらいです。
2013-07-11 Thu 12:15 | URL | こゆりす #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| シンプルにいこう。 |