【儚い羊たちの祝宴】 米澤穂信

夢想家のお嬢様たちが集う読書サークル「バベルの会」。夏合宿の二日前、会員の丹山吹子の屋敷で惨劇が起こる。翌年も翌々年も同日に吹子の近親者が殺害され、四年目にはさらに凄惨な事件が。優雅な「バベルの会」をめぐる邪悪な五つの事件。甘美なまでの語り口が、ともすれば暗い微笑を誘い、最後に明かされる残酷なまでの真実が、脳髄を冷たく痺れさせる。米澤流暗黒ミステリの真骨頂。(「BOOK」データベースより)



・・・く、黒い。


購入本です。
作者買いで、どういう雰囲気の物語なのか全然知らずに読み始めてしまったため、
一話目から黒さに戸惑ってしまいました。

後味は全く良くないのだけど、このブラックさ、不思議と嫌いじゃありません。
むしろ結構好きかも。
暗黒ミステリ、妙に癖になりそうです。

想像もつかないような上流階級の名家のお嬢様達や
その使用人たちの周りで起こる不穏な事件の短編集です。
上流階級の暮らしというのも、庶民が考えるより大変なものかもしれないと。

ここに出てくるお嬢様や使用人たちは
それはもう、凛々しいくらいに歪んだ人たちばっかりなのですが、
それなのに美しさも感じる文体で、若いのに骨太な作家さんだなぁと。
物知りだし、読書量も凄いお方だなぁと感じました。


個別に感想を。(ネタバレ箇所は反転しておきます)


『身内に不幸がありまして』
普通ならありえないような殺人の動機なのですが、
この世界観においては納得。

『北の館の罪人』
家族愛に泣いた!・・・のにそうくるか・・・。
不思議な買い物の謎といい、
映像的な美しさといい、これが一番好きな作品です。

『山荘秘聞』
何気に一番怖い登場人物が出てきたのがこれでした。
うーん、でも私だったらやっぱり許せなくて、
下山したら黙っていられないかも^^;

『玉野五十鈴の誉れ』
日本でよく知られた唄というか言い伝えが怖くなる作品。
私はグリム童話を連想しました。
読解力不足のせいか、私はこれが一番よくわかららなかった。
(反転→)五十鈴は助けるつもりだったのか?
もしそうなら、それは友情から?言いつけを守っただけ?
見ようによっては、純香お嬢様を守るというよりも、
自身の不遇な境遇に復讐したようにも見えなくもないのですが、どうなんでしょう?


『儚い羊たちの晩餐』
「厨娘」も「アミルスタン羊」も全く知らなかったのですが、
その結末にはやっぱりゾゾゾっとさせられます。
日記を読んでいた女学生は誰だったのだろう。
(反転→)合宿を免れた丹山吹子か小栗純香だったりするのでしょうか。
「厨娘」の食材の使いっぷりに嫌悪感を持ってしまった私は、所詮ド庶民ってことか。。
「メデューズ号の筏」についても調べてみました。
興味を惹くような事件ではあるけれど、パパが言うように確かに生々しすぎて、
とても応接間に飾って眺めるような絵じゃないですね(汗)


「ラスト一行の衝撃」というのは出版社側の誇張だと感じましたが、
どの話も背中をゾワゾワっとさせてくれます。
恥ずかしながら、作中に出てくる古典文学をほとんど知らなかったので、
伏線も拾いきれなかったのですが、
文学に造詣が深いと、より一層楽しめるのではないでしょうか。
夏のホラー作品としてもおすすめです。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

★★★☆☆

それにしても、感想を読み歩いていると
お嬢様と使用人の間に百合を見出してる人が結構いらっしゃるみたいですが、
これって百合なのだろうか・・・^^;

関連記事
別窓 | 映画・小説レビュー | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<#112 Indian Soap | シンプルにいこう。 | 韓国旅行~初日~>>
この記事のコメント
こんにちは~。
私も「北の館の罪人」が好きでした~。

他にも「はじめチョロチョロ中パッパ、赤子泣いても蓋とるな」は怖かったです(TдT)
想像すると「こわ・・・」と思っちゃうんですよね。
学園もののイメージが強かった米澤さんでしたが、これは面白く読みました(^^)v
2012-08-20 Mon 10:15 | URL | igaiga #- [内容変更]
>igaigaさん
ふふ、igaigaさんも「北の館の罪人」がお好きでしたか^^

「玉野五十鈴」、最後の一撃が怖かったですねぇ。
あの言葉に別のイメージがついてしまいそうです^^;
米澤さん、多彩な作品お書きになりますよね。
好き嫌いが分かれそうではありますが、私も楽しく読めました♪
2012-08-21 Tue 20:05 | URL | こゆりす #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| シンプルにいこう。 |