【テロリストのパラソル】 藤原伊織

アル中バーテンダーの島村は、過去を隠し二十年以上もひっそり暮らしてきたが、新宿中央公園の爆弾テロに遭遇してから生活が急転する。ヤクザの浅井、爆発で死んだ昔の恋人の娘・塔子らが次々と店を訪れた。知らぬ間に巻き込まれ犯人を捜すことになった男が見た真実とは…。史上初の第41回江戸川乱歩賞・第114回直木賞受賞作。



有名なのに、またまたはじめましての作家さんです。
図書館で見かけていたのですが、なんとなく読みにくそうなイメージで
何度も手にとっては棚に戻し・・・を繰り返して、やっと借りてきました。

でも、思ったよりずっと読みやすかった。
短めの文が多いので息継ぎも楽だし(←句読点で息継ぎするタイプ)、
なんといってもきれいな文でとても読みやすい。
会話もちょっとキザなんだけど、妙にしゃれていてかっこいい。
この作家さんの文章、好みみたいです。


なんといっても、登場人物が魅力的。
特にやくざの浅井!かっこ良すぎだ。
島村との会話がまたかっこつけてるんだけど、
それがサマになっているからすごくかっこいい。渋い。
いつまでもこの二人の会話を聞いていたい気分。
塔子は・・・なんとなく男性ウケしそうなキャラかな。
私はちょっと苦手かも^^;


学生運動の世代ではなく、近代史にも疎いために
安田講堂とか全共闘とかいわれても全くピンとこず、
私には背景が理解しづらかったかな・・・
完全に個人の問題ではありますが。
学生運動世代の方や見識のある方なら、もっと楽しめるのではと思われます。
あ、ハードボイルドがあまり得意でないせいもあるけれど。

とはいいつつも、
犯人も動機もおおよそ予想できますが、
全体としてはなかなか楽しく読めました。

犯人の気持ちがちょっと理解できるような気がする。
あんな人が近くにいたら、そりゃ嫉妬するよなぁ。
人ってそういうときに絶望するんだな。
うん、わかる気がする。
なんともいえず切なかったです。

ホットドッグが食べたくなる一冊でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
別窓 | 映画・小説レビュー | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<炭酸生活、始める。 | シンプルにいこう。 | ミョウガ初収穫>>
この記事のコメント
「テロパラ」好き~(〃ω〃)
藤原さん大好き~な私は藤原さんの本だというだけで突っ込んだようにコメントしに参ります(笑)
乱歩賞、直木賞ダブル受賞ってことでこの作品が軸になっているのか、他の作品でも島村さんや浅井さんが登場しちゃいます(〃ω〃)
それがまたいいんですよね~。

藤原さんはすでに亡くなっているので新作が読めないのが本当に残念です。
2012-07-19 Thu 08:55 | URL | igaiga #- [内容変更]
>igaigaさん
うふふ、igaigaさんは藤原さんがお好きでしたよね♪
いつも読み終わった後、どんな感想お持ちになったのかなぁと
ブログ覗かせていただいてるんです^^
私も結構好きかもしれません^^
なんとなく食わず嫌いしてて損したなぁ^^;

乱歩賞と直木賞ダブル受賞って凄すぎですよね。
えっ、島村さんと浅井さん、他の作品でも出るんですか!
それはぜひぜひ読まなくては!
「シリウスの道」は浅井さんが出てると小耳に挟んだのですが、
他にもオススメあれば教えてください^^

藤原さん…若死にだったんですよね。
素敵な作家さんがいなくなるのは、本当に残念です。
2012-07-19 Thu 21:51 | URL | こゆりす #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| シンプルにいこう。 |