【黒祠の島】 小野不由美

「そうーここは黒祠なのですよ」近代国家が存在を許さなかった“邪教”が伝わる、夜叉島。式部剛は失踪した作家・葛木志保の姿を追い求め、その地に足を踏み入れた。だが余所者を忌み嫌う住民は口を閉ざし、調査を妨害するのだった。惨事の名残を留める廃屋。神域で磔にされていた女。島は、死の匂いに満ちていた。闇を統べるのは何者なのか?式部が最後に辿り着いた真実とは。(「BOOK」データベースより)



「屍鬼」や「十二国記」(現在進行形)をアニメで見たからか、
もっとたくさん読んでる気がしたのだけど、
意外にもまだ2冊目だった小野不由美さんの作品。

小野さんの本は(語彙の乏しい私にとっては)時々言葉が難解なこともあり、
いつも以上に時間がかかるのですが、
好きな作家さんになりそうな予感がしてます。



島中につけられた無数の風車、風鈴。
島民の間に根付く、黒祠の信仰。
集落の奥には、茶碗が伏せられたまま残され、時間が凍結したかのような廃屋。
閉鎖的で奇妙な因習に満ちた島で嵐の夜に起こる猟奇的殺人。。

小野さんの描き方がお上手だからか、
頭の中で鮮明に映像化され、
式部と一緒に薄気味悪い島を散策することになります。

とにかく、重くておどろおどろしい。
島の人間関係もどろどろ複雑。
ずっしりきます。
ミステリですが、ホラーの雰囲気も感じました。


十二国記のときも
「どうやってこんな壮大で複雑な話を思いつくんだろ」と感心しきりでしたが、
こちらは黒祠というある意味マニアックな題材なのに、よくもここまで書けたもんだなと。
民俗学や土俗信仰に元々お詳しいのか、
このお話を書くにあたって相当調べられたのか。
いやはや、凄いです。
中国の伝説上の生き物が出てくるのも、十二国記に共通してますね。



以下ネタバレ含むため、反転します。


二転三転するストーリーにしっかりふりまわされ、
(葛木志保犯人説や泰田先生をずっと疑ってたのに、あっさり疑惑が消えたし…)
出てくる人物誰もが怪しさ満点で、
もう誰が犯人でも驚かないぞーと思いながら読んでいたのですが。
いや、びっくりしました。
まさか、人物誤認させられていたとはね。

謎解きの場面では、どちらが(葛木)志保でどちらが麻里なのか、
少々混乱してしまいました^^;


たまたま「告白」を読んだ後だったので、
私刑の恐ろしさをより一層感じさせられました。

杜栄に関しては同情はすれども自業自得というか因果応報というか、
あれだけ残忍なことをしたのだから、決裁されても致し方ないのかもしれない。
だけども、罪人を裁く馬頭さんの罪は誰が裁くのだろうか。
そもそも、馬頭さん基準の罪とは何なのか?
全く罪のない人なんてこの世にいないと思うのだけども、殺人以上?
ならば、殺すことでしか人を裁けない馬頭さんの罪はどうなるのだろう。

守護さんは引退すると宮司になるとありましたが、
浅緋も蔵の外に出してしまうのだろうか?
・・・いや、いくらなんでもそれはヤバいよなぁ。
罪の基準が解豸(かいち)の独断に任せられてしまえば、
自らの殺人願望を満たすべく、些細な罪でも殺すこともできる訳で。
守護さんが本物の解豸(かいち)の場合は、死ぬまで守護さんのままだったりするのかな?
・・・とそこまで考えて、最期には罪を犯した自分を自分で裁くのかも、
なんてふと思ったりしました。
その後の夜叉島の様子が気になります。

解豸の決裁は読んでいてゾクゾクしましたが、
彼女のような、生まれながらの殺人快楽者なんてものは現実に存在するのだろうか?
とかいろいろ想像すればするほど、怖いお話です。

ところで、探偵役は当然主人公なのかと思っていたら、
結局謎解きはほとんど別の方がやってしまいましたね^^;
足で情報を得て読み解くタイプの探偵かと思いきや、
式部はどっちかっていうと助手で、浅緋が安楽椅子探偵でビビりました。
頭良すぎだー。


「罪と罰」のバランスを考えさせられるお話でしたね。
重たいし、後味もあまり良いとはいえないけれど、
これは嫌いではないタイプの後味の悪さです。

あれだけ口を噤んでいた島民の口がいきなり軽くなったとか、
気になることもないでもありませんが、なかなか面白く読めました。

ちなみに、今鑑賞中のとある作品に似てる印象を受けましたが、
お楽しみにしときたいと思います。


【追記】
7月に小野さんの新刊が出るそうです。
残穢」と「鬼談百景」。

ドキュメンタリー・ホラーと怪談百物語本だそうな。
って、ジャンルがいまいちよくわからないのだけど、欲しいな・・・
んでも、ハードカバーって重いんよねぇ。高いし。


新潮文庫からは十二国記の全作品が順次刊行されます。
まずは、「魔性の子」と「月の影 影の海
      
せっかくなので、この機会に十二国記は買おうと思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
別窓 | 映画・小説レビュー | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<#103 緑茶ベビー | シンプルにいこう。 | さっぱりピンキーな美容クリーム>>
この記事のコメント
うあ!
ハードカバーだけど・・・買っちゃいそうだし^_^;
しかも、2冊かっっ

ってか、きたきたきた!!
黒祠の島 ヾ(*ΦωΦ)ノ ふふふっ
十二国記もゴーストハントも好きなのだけど
単発のこ奴には、別な思い入れもあるのよ。

上記2シリーズはどっちかって言ったら
立ち位置がラノベ系?少女小説枠っていうか
そんな感じで、読むのも買うのもいい年してって感じだったのよね~(まあ、買うけど)
もちろん読めば、そんな楽に読める本じゃないし、感動するしいい本なのよ。
にしても、友達に薦めるにしても、薦め辛くって(笑)
だけど、これはいいって素直に薦められたよ^^
が、面白かったが、あまりに重くってグロいし、後味悪いって言われたよ。

ネタばれ満載コメントになるので、詳しくは書かないけど、
守護さんの引退の話は私も考えたよ。
出しちゃいかんよな~。
まあ、本来は守護さんそういう人だったけど、そうじゃない人の場合かわいそうだから
出してやるって感じなのかな?
だから、本当の守護さんだと死ぬまでなのかも・・・と。
ああああ、長くなりすぎ(>_<)
スイマセン。
十二国、イラストも新しいのね~。
みんな持ってるけど、ボロボロなんでこれもほすぃ。
2012-06-21 Thu 22:11 | URL | ミュシャ #- [内容変更]
>ミュシャさん
こんばんは^^
聞くところによると小野さんは遅筆だそうなので、
二冊一気ってびっくりですよね~
ふふ、ミュシャさんきっと買われますよね?(*´∇`*)
もし読まれたら面白かったかどうか、こっそり教えてくださいね♪
(怪談百物語本の方が特に謎なので。)

そして。むふふ。「黒祠の島」読みましたよー!
確かに結構グロかったかも。
私、グロいのもホラーも苦手だとずっと思ってたけど、
割とイケルのかな?あんまり気になりませんでした。
(物語の内容に軽く触れるので、これからお読みなる方はご注意↓)
守護さんはやっぱし一生幽閉なのかな~
アレしか楽しみがないのだとしたら、
ちょっぴり気の毒な存在でもありますよね。
ドロドロ系のお話って実はちょっと苦手なんですが、
これはうん、素直に面白かったですよ♪

そうそう、十二国記装丁も変わるそうですね^^
しかも表紙だけじゃなくって、並べると背拍子に絵柄が出揃うタイプだそうな。
長年のファンの方も買い揃えたくなるんじゃないかしら( ´艸`)
んでもって、今出てるのが全部出版し終わったら、
続編も出るそうだし、今年は楽しみが続きそうですね♪

ゴーストハントも今かなり読みたい本なのですっ!
確かにどちらもラノベっぽい雰囲気ですもんねぇ^^;
人に薦めにくいのはわかるなぁ。
2012-06-24 Sun 01:51 | URL | こゆりす #- [内容変更]
初めまして(*´∀`*)
石けんWEBからお邪魔しました~
小野不由美さんのレビューがあったので、思わずコメントしちゃいました。
私も十二国記大好きなので…!!
読んでらっしゃる作家さんが結構被っていたので、新規開拓の参考にさせて頂きます♪
2012-06-27 Wed 12:51 | URL | FUJIOKA #jhHw6g8s [内容変更]
>FUJIOKAさん
はじめまして!
コメントありがとうございます♪

FUJIOKAさんも十二国記のファンでいらっしゃるんですね^^
ますます読むのが楽しみになってきました!
本のお話ができる方がいらしてくださって、
とっても嬉しいです^^*
読むのが遅くて読書量も少ないので、
FUJIOKAさんのオススメがあれば、ぜひぜひ教えてくださいね♪

石けんWEBからお越しいただいたということは、
ソーパーさんでいらっしゃるんですね^^
またよろしければ、遊びにいらしてくださいね。
2012-06-27 Wed 19:35 | URL | こゆりす #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| シンプルにいこう。 |