舞台 【シレンとラギ】
PC不調といいつつ、家族のサブPCを借りて更新ちう。


先週末、舞台「シレンとラギ」を観に行ってきました。
お芝居を観るのは一年ぶり、二度目。

藤原くんの舞台だけはできるだけ観に行こうと決心した去年。
(といいながら、いきなり「下谷万年町物語」が東京公演のみだったので観に行けず…涙
 蜷川幸雄×藤原竜也の舞台が観れないなんて悲しい~)


イメージポスターかっこいい。
sr_161x243.jpg
<キャスト>
藤原竜也/永作博美
高橋克実
三宅弘城/北村有起哉/石橋杏奈
橋本じゅん/高田聖子/粟根まこと
古田新太 他



お芝居に疎いので恥ずかしながら知らなかったのですが、
この劇団☆新感線は人気のある劇団だそうです。

しょっぱなから人がいっぱい出てきて、区別がつくか不安を感じる私。
考えてみれば、劇団の舞台なのだから当たり前なんですが。
登場人物は多くても、キャラクターが強いのですぐに覚えられました。

diary-963.jpg

お芝居(芸能人)には疎い私ですが、
私でも知ってる有名な俳優さんもたくさん出演されています。

舞台装置もこれくらいが普通なのでしょうか?
くるくる回る豪華な舞台にびっくり。
光の演出もかっこよかったなぁ。


「アイはコロシアイ」をキャッチフレーズに
南北朝時代を背景にした愛憎劇。
シリアス一辺倒かと思いきや、コメディシーンも意外とたくさん。
2幕に入ると人が次々と死んでいき、最後は悲恋の切ないお話でした。


この舞台で何が一番感動したって、初めて生で見た殺陣。
めちゃくちゃ格好良い!!
特にキョウゴク(古田新太)とラギ(藤原竜也)が
闘うところなんて、鳥肌立ちっぱなし。
これが生で見れただけでも観にいった価値ありでした!


sr_486x60.jpg
※公式サイトにてバナー利用可とのことですので、使わせていただきました。


それにしても、永作さん41歳ってマジですか。
きれいし可愛いし、
歳のずいぶん離れた(という設定の)ラギ(藤原くん)が
シレン(永作さん)を愛してしまうという流れも非常に説得力がありました。

そしてそして、藤原くん。
素敵でした。それしか言うことはありません。

彼はこういう時代劇(とはちょっと違うけど)が一番合うと思っていたので、
そんな舞台を見られて幸せでした。
カーテンコールでは笑顔も見せてくれて、
「アイドルじゃないんだから愛想を振りまく必要なんてない」と思ってる私ですが、
やっぱり素直に嬉しくなったのでした。


私が観にいったのは公開4日目。
これからどんどん成長するであろうお芝居を見続けたいものですが、
資金力がないので致し方ない^^;

1F席の真ん中よりやや後ろだったので、
肉眼で表情が見えなくかったのが少々残念でしたが、
生のお芝居はやはり迫力いっぱい。
楽しい時間を過ごすことができました。
藤原くん以外の舞台もいろいろ観にいきたいものです。
(ああ、資金力さえあれば…)


パンフレットだけはきっちりゲットしてきました。
diary-964.jpg diary-965.jpg
diary-967.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
別窓 | 映画・小説レビュー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<【クドリャフカの順番】 米澤穂信 | シンプルにいこう。 | PC絶不調>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| シンプルにいこう。 |