【ジーン・ワルツ】 海堂尊
ジーン・ワルツ読了。
著名な方なのに、またまたはじめましての作家さん。
ミステリっぽくない作品って久しぶりかも。

今回はちょこちょこ軽いネタバレ含みますので、
未読の方はお読みにならないでくださいね。
また、不満が多い感想になってしまいましたので、
ファンの方は不愉快になるかもしれません。ご注意を。




帝華大学医学部の曾根崎理恵助教は、顕微鏡下体外受精のエキスパート。彼女の上司である清川吾郎准教授もその才を認めていた。理恵は、大学での研究のほか、閉院間近のマリアクリニックで五人の妊婦を診ている。年齢も境遇も異なる女たちは、それぞれに深刻な事情を抱えていたー。生命の意味と尊厳、そして代理母出産という人類最大の難問に挑む、新世紀の医学エンターテインメント。(「BOOK」データベースより)


ごめんなさい。
私にはちょっと合わなかった。

理恵がとにかく不快で不快で、
何度も読むのをやめて放置してしまいました。
なんて傲慢で自己中心的な主人公なんだろう。

勉強になる部分はあったし、
後半に入ってからははそれなりに面白く読めました。
特にお産のシーンはドラマティックでもあったし。
でも、そんなのを吹っ飛ばすくらい、嫌悪感をめいっぱい残して読了。

苦しみつつ不妊治療を長年してる友人がいるので、
不妊治療の大変さはある程度知っているつもりだし、
私だってそれはまったくの他人事でもない訳で、
読んでて少々苦しくなる部分もありました。

大学批判をして、官僚批判をして(数頁おきの役人叩きがとにかくしつこい)、
「私たち医療現場はこんなにがんばってるのに○○のせいで…」
という主張がやたら目に付きました。
確かにそういう面があるのは事実だろうし、
問題提起してみせたのは意味があることだと思う。

理恵の境遇は確かに気の毒だとは思うけど、
それを考慮しても、彼女のしたことは到底許されることではないでしょう。
せめて悪役なら悪役らしくいてくれたら、
ここまで嫌悪感を感じることもなかったろうに。
自分が絶対的に正しくて、産科の革命児にでもなったかような
正義感ぶりがどうにもこうにも受け付けなかった。
利用され、コテンパンに叩きのめされた清川先生が気の毒でなりません。

ううん、清川先生より何より、5年以上辛い不妊治療を続けて、
ラストチャンスである荒木さんに対してあまりにも酷い行為じゃないか(怒)
自分もフェアだったとか言い訳してたけど、一体どこがどうフェアなんだ。

どうも”悪い役人達と、滅私奉公する医者”という、
ある意味(マスコミっぽい)わかりやすい構図を終始見せられてるようで、
なんだか気持ち悪かったです。


メインテーマである代理母問題については賛否両論ありますが、
理恵が放つ「代理母を禁止する産科学会や役人は非人道的」という台詞は
著者のお考えでもあるのでしょうか。
”技術的にできることとやっていいことは別物”と考える私は
個人的には神をも恐れぬ越権行為じゃないかとも思うのですが。

「代理出産で産まれてきたこどもに罪はない」のは確かにそうだけども、
だからって、ルールを無視したもん勝ちみたいなのもなんか違うような。


海堂さんの作品は初めてなのだけど、
主役がもしこんなタイプばかりだったら厳しいかも^^;

青井ユミはヤンチャだけど、根は素直でイイ子だったな。
彼女の登場シーンだけ少し癒されながら、頑張って読みました。

ブログランキング・にほんブログ村へ


ふー、やっと本が読めた。
しばらく石けんに夢中になったり、
私用でバタバタそわそわしてたりで久しぶりの本読みでした。
図書館で借りた本が溜まってます。


関連記事
別窓 | 映画・小説レビュー | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<#101 mints | シンプルにいこう。 | 初体験!EGFとその化粧水>>
この記事のコメント
No title
ありゃ。変な本紹介しちゃった?
ごめ~~ん^_^;

でも、理恵の傲慢さが鼻に付く感じは分かる。
荒木さんに対する仕打ちも、どうよ?ってな嫌悪感は確かに。

昨日まで海堂さんの違う本3冊
読んでたんだけど・・・この人って
現場に不満があって、それを小説でぶつけてんのかしら?
(本人、お医者様なんで)と思うほどの、
大学・官僚批判するのよね。

ジーンワルツがダメなら、他も読まない方がいいかも~(笑

私は最近・米澤さんが気になってしょうがない。
アナザーは買ったけど、もったいなくて(笑)まだ見てない(爆
2012-04-28 Sat 06:31 | URL | ミュシャ #- [内容変更]
No title
>ミュシャさん
せっかく紹介してもらったのに、
不満の多い感想文でごめんなさいm(_ _;)m
んでも、理恵がどうしても好きになれなかっただけで、
お話自体は面白く読めましたよ^^

海堂さん、お医者様らしいですね~
やっぱり他の作品も大学・官僚批判が多いのか^^;
よっぽど嫌な思い出があるのかしら。。

これ以外に海堂さんの本3冊とは、ミュシャさんもかなり読まれてますね!
読書メーターとかブクログあたりにでも登録してくださったら、
どんな本読まれてるのかわかって楽しいのに~^^
感想なしでも大丈夫なので。
って、お忙しいから大変ですよね。汗

米澤さん、私は文章とか笑いのセンスとかが結構好きなんですが、
軽いので好みは分かれるかも。
ラノベじゃないけど、一見ラノベっぽいのもあったりで。
私もまだそれほど読めてないんですが、
かなり後味悪いのとかも書かれてるみたいなので、
そういうのも読んでみたいなぁ。
(で、また不満いっぱいの感想記事書いてたりして。汗)
2012-04-28 Sat 20:15 | URL | こゆりす #- [内容変更]
No title
ユミのあの切り替えの速さには驚きましたね~。
彼女が救いだったような気がします。
しかし・・・理恵は怖かったですよね~。
姉妹編 マドンナ・ヴェルテ(みどり目線の本)にも理恵登場します
ってまぁ娘ですからね(^^;)
ユミも登場してましたよ~
2012-05-01 Tue 11:27 | URL | igaiga #- [内容変更]
No title
>igaigaさん
確かに切り替え早かったですよね。
母になるとあんな変化が訪れるのかな。不思議です。

「マドンナ・ヴェルテ」もまた怖そうな話ですよね^^;
理恵がああいうヤツだと覚悟ができた(?)から
今度はもっと落ち着いて読めるかな?汗
いつかトライしたいと思います~
2012-05-02 Wed 12:11 | URL | こゆりす #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| シンプルにいこう。 |