【クリムゾンの迷宮】 貴志祐介
ずっと気になっていた貴志祐介さんの「クリムゾンの迷宮
やっと読めました!
はじめましての作家さんです。


藤木はこの世のものとは思えない異様な光景のなかで目覚めた。視界一面を覆う、深紅色の奇岩の連なり。ここはどこだ? 傍ら携帯用ゲーム機が、メッセージを映し出す。「火星の迷宮へようこそ。ゲームは開始された」(「BOOK」データベースより)


本作は前置きも何もなく、
いきなり火星の舞台に主人公が放りこまれ、
息をつく間もなくデスゲームに巻き込まれます。
私はある程度大きな動きが起こるまで
なかなか作品にのめり込めないタイプなのですが、
これはすぐ物語の世界に入ってしまいました。

オチはなんとなく読めたので
エピローグも予想の範囲内でしたが、
サバイバルの過程がとにかく面白くて、頁を繰る手が止まりませんでした。
RPGのような感覚でエンタメ作品としてはかなり面白く読ませてくれます。

もっとバトロワっぽいお話なのかなと思っていましたが、
バトロワほどバタバタ人が死ぬ訳でもなく、
グロさもさほどでもなく。
この手のお話としては読みやすい方ではないでしょうか。
ジャンルとしてはホラーになるのかな?
怖がりな方ですが、人の悪意は恐ろしいけれど、
ホラー的な怖さはあまりなかったです。

食屍鬼に襲われるのはもちろん怖いだろうけれど、
自分が食屍鬼に堕ちてしまうのはもっと恐ろしい気がする。
仮に生き残れたとしても、食糧が全て尽きた後はもう生き地獄でしかない。
何気に彼らが一番哀れに感じました。


私は(フィクション限定で)この手の話にワクワクしてしまう不謹慎な人間ですが、
本物の死体なんて何があっても絶対見たくない。
でも、そういうのを見たい(楽しめる)人も中にはいるのよね。

インシテミルやカイジの黒幕もそうだったけど、
とんでもないお金持ちというのは
私たちがおよそ考え得るような道楽はきっとやり尽くしてしまって、
倫理観のタガが外れてしまえば、
こういったことしか楽しめなくなるものかも、とかふと思ったり。


ホラーということならもうちびっとだけ怖くても良かったかも、とか
ラストもう一ひねりあれば尚良かったかも、とか
ちょっぴり惜しい感じも受けましたが、
知人に面白い本は?と訊かれたら、
薦めたい本の一つにはなりそうです。

なんだかすっきりしない感じのラストですが、嫌いじゃありません。
一から十まで答えを用意されててもつまんないので^^
余韻にひたりながら、描かれてない世界を想像するのもまた楽し。


新世界より」はいずれ読むつもりでいてるのですが、
貴志さんの作品は評判の良いものが多いので、
他にオススメあればどなたか教えてくださいませ♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
別窓 | 映画・小説レビュー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<アスパラ発芽と野菜たち(2012.5月) | シンプルにいこう。 | 無印の棚に精油とフレグランスオイルを収納してみる。>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| シンプルにいこう。 |