【氷菓】 米澤穂信

いつのまにか密室になった教室。毎週必ず借り出される本。あるはずの文集をないと言い張る少年。そして『氷菓』という題名の文集に秘められた三十三年前の真実ー。何事にも積極的には関わろうとしない“省エネ”少年・折木奉太郎は、なりゆきで入部した古典部の仲間に依頼され、日常に潜む不思議な謎を次々と解き明かしていくことに。さわやかで、ちょっぴりほろ苦い青春ミステリ登場!第五回角川学園小説大賞奨励賞受賞。(「BOOK」データベースより)


映像化するので、その前に読んでおこうと思った本作ですが、

げげ、表紙がアニメ絵になってる~!

これじゃ知らない人はさぞ手に取りにくいんじゃ…^^;
私が読んだのは旧版(?)の方でした。



なんというか、米澤さんのお話の主人公らしい主人公です。
「インシテミル」の結城しかり、
「小市民シリーズ」の小鳩くんしかり、
本作に始まる「古典部シリーズ」の奉太郎しかり。
それぞれ推理力はあるのに、
それを隠してのらりくらりしていたり、
やる気のない人たちばかり(笑)


小市民シリーズと同じく、高校生が日常の謎を解くお話。
キャラクター的にもかなり似たものを感じます。

でもでも。
小市民シリーズのが好き。
なんでだろうな。

おそらく、謎が私の好みにいまひとつ合わなかったということに尽きるのでしょう。
メインである文集「氷菓」にまつわる謎より、前半の短編の方が愉しかった。
ボケとツッコミの掛け合いも面白かったし。
「氷菓」の謎は驚きもなく、討論の過程もなぜか退屈に感じてしまった。
合わないというのはそこらへんだろうと思います。


テイストは小市民シリーズとほとんど変わらないし、
キャラクターは個性的で、それぞれ好感が持てる。
(奉太郎は小鳩くんほど隠れ嫌なヤツじゃないし。)

小市民シリーズに通じる最後の苦さもいい。
若くしてこれだけのものが書ける米澤さんの才能を
羨ましいとも思いました。


小市民シリーズも2作目の方が面白かったので、
謎が変われば面白くなるのではないかと期待。
めげずに続編「愚者のエンドロール」も読んでみようと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
別窓 | 映画・小説レビュー | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ミョウガ発芽(2年目)と種まき3種 | シンプルにいこう。 | 【七日間の身代金】 岡嶋二人>>
この記事のコメント
No title
こんにちは~(・∀・)
古典部シリーズは読むほどに面白くなっていったので
最初が「?」でも続けて読んでもらえると嬉しいです(^^)

しかし・・・わたしも表紙を見て驚きました。
この女の子・・・える?(。・ω・。)ゞ
2012-04-07 Sat 09:14 | URL | igaiga #- [内容変更]
No title
>igaigaさん
はじめまして!
いつもこっそりブログ拝見してました^^

古典部、やっぱり後の方が面白くなるんですね!
昨日ちょうど「愚者~」と「クドリャフカ~」借りてきたので、楽しみです♪

そうそう、この女の子えるらしいです~
家族がアニメオタファンなもんで
キャラデザインも「氷菓」を読む前から知ってたんですが、
原作読者の方から見るとこの絵は合ってるのでしょうか?^^;
2012-04-08 Sun 15:30 | URL | こゆりす #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| シンプルにいこう。 |