【夏期限定トロピカルパフェ事件】 米澤穂信

小市民たるもの、日々を平穏に過ごす生活態度を獲得せんと希求し、それを妨げる事々に対しては断固として回避の立場を取るべし。賢しらに名探偵を気取るなどもってのほか。諦念と儀礼的無関心を心の中で育んで、そしていつか掴むんだ、あの小市民の星を!そんな高校二年生・小鳩君の、この夏の運命を左右するのは“小佐内スイーツセレクション・夏”!?待望のシリーズ第二弾。(「BOOK」データベースより)


小市民シリーズ2弾、夏期限定トロピカルパフェ事件
前作の いちごタルト事件 に続きこちらも連作短編集ですが、
こちらの夏期限定はより一体感があり、楽しく読めました。

「シャルロットだけはぼくのもの」が春夏通じて一番好き。
シャルロットの美味しさに感動した小鳩くんが
小佐内さんの分も横取りしようと画策する倒叙モノ。
要はスイーツをひとつ余分に食べるだけなのに、完全犯罪を目論む様子が微笑ましい。

シャルロットはたぶん食べたことないと思うのですが、
あまりに美味しそうな描写に真剣にお腹が空いて困りました。
<小佐内スイーツセレクション・夏>のスイーツの数々もたまらん~。
美味しいものがたくさんある街に住めて、ちょっと羨ましい。

こんなまさに日常の謎から始まるほのぼのしたお話と思いきや、
結末のダークさときたらもう!

小佐内さん・・・恐ろしい子!

タイトルや装丁のかわいらしさ、物語前半の甘い要素と、
結末に向けてのビターな展開のバランスがなんとも素敵です。

怖ろしくてお友達にはなれそうにもないけど、
<狐>な小鳩くんより、<狼>な小佐内さんのが好き。
でも、やっぱりなんといっても健吾が真っ直ぐでいい。
・・・とりあえず小佐内さん、健吾にはちゃんとお礼を言っておこうね(汗)

二人のこれからが気になるな~。
ってことで早速秋期限定(図書館)予約しました!

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
別窓 | 映画・小説レビュー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ベランダ栽培始動~アスパラ植え付け | シンプルにいこう。 | 【殺意の集う夜】 西澤保彦>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| シンプルにいこう。 |