【七回死んだ男】 西澤保彦
七回死んだ男 読了しました。
初めましての西澤保彦さんの作品です。



どうしても殺人が防げない!?不思議な時間の「反復落し穴」で、甦る度に、また殺されてしまう。渕上零治郎老人ー。「落し穴」を唯一人認識できる孫の久太郎少年は、祖父を救うためにあらゆる手を尽くす。孤軍奮闘の末、少年探偵が思いついた解決策とは。(「BOOK」データベースより)


タイトルは何回も聞いたことがあったのですが、
恥ずかしながら作者のお名前は全く知りませんでした。

とある一日を9回繰り返してしまう特異な体質を持った主人公、キュータロー。
最初の周がオリジナルで、以降キュータローが違う行動をとらない限りは同じ日程を繰り返す。
9回目の最終周が決定版となり、他の人にとっては唯一の事実となる。
祖父が殺された日がたまたまそんな「反復落し穴」の日だった。
途中で祖父救出を投げそうになりつつも、
殺人を防ぐためにあの手この手と試行錯誤する。
いわゆるループものの物語。


私、元々SFはあまり得意でない、というか興味がなかったのですが、
(ほとんど読んだことがないので単なる食わず嫌いです)
去年観た「STEINS;GATE」がすごく面白かったので(アニメネタでごめんなさい。原作はゲーム)
”SF的設定×ミステリ”に、大いに興味を惹かれました。

この作品の主人公も「STEINS;GATE」同様、過去へタイムリープする。
物理的タイムトラベルではなく、意識だけが過去に戻るというもの。
と、設定だけはSFめいていますが、中身はしっかりしたミステリです。

「反復落し穴」が能力ではなくて、あくまで体質だというのが上手い。
好きなときにタイムリープできるのでは、主人公が万能すぎて面白くないもの。
本人にしたら悩ましい体質なんですがね^^;


これが楽しくない訳がない。
いやあ、面白かった!
こういうの、すごく好きです。
4日間で読んでしまいました。
(致命的に読むのが私にしては驚異的に早い!)
章題の付け方もナイス。

キュータローは(私の中で)久々に好感が持てる主人公でした。
ジジくさくて、生真面目で誠実。
そのため周りの個性的な人々に振り回されるが、
達観していて冷めた目で物事を捉えている。
しっかりしてるように見えて、相当なおっちょこちょいでもある。
なんて愛すべきキャラなんだ。
友理さんがちょっと羨ましいぞ。や、彼女もかわいらしい人だけど。
お調子者の世史夫兄さんも、これまた憎めない人でした。


全編にわたってコメディを見てるようで、
シリアスな場面でも登場人物全員
カラフルなトレーナーにちゃんちゃんこという装いだったり、
謎解きの場面で、珍妙(!)なポーズをとってしまったり、
何度もぷぷっと笑ってしまいました。
オダくんのパンツ交換のくだりも可笑しかった。

個人的には、遺産争いだの不倫だの隠し子だのといった
ドロドロとしたお話は苦手なのだけど、
まるで漫画のようなキャラ化された登場人物達のおかげで
この作品ではそれほど気になりませんでした。


ただ、読んでて一つだけどうしても気になったのが、読点(、)が異様に少ないこと。
ほとんどの文章が読点を挟まず一気に書かれていて、
台詞でも、本来読点を使うようなところに句点(。)が使われていたり。

西澤さんの文章の特徴なのでしょうか。
(後書きでは普通に読点が使われていましたが)
普段、無意識に読点で息継ぎをしてる私には息が詰まる感じがしてしまいました。
文章そのものは軽快で、非常に読みやすかったです。


ラストに判明する真相にはびっくり。
不穏なことばかり考えていたので、まさかそういう方向からくるとは。
設定の中で無理がなく、しっかり伏線も提示されていたのに全然思いつかなかった。
後味もいいので、非常に気持ちよく騙されました。

西澤さんはこういうSFミステリをお得意とするようなので、
他の作品もぜひ読んでみたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ


・・・それにしてもGoogle先生の賢すぎる予測変換には参りました。
本書タイトルの後にある登場人物の名前が出てくるもんで
その人物に必要以上に目をつけて読むハメに。
皆さまも予測変換には十分お気をつけください。
関連記事
別窓 | 映画・小説レビュー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<緑の石けんいろいろ その2 | シンプルにいこう。 | 最後の収穫>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| シンプルにいこう。 |