【黒猫館の殺人】 綾辻 行人
館シリーズ6作目、黒猫館の殺人 読了。
薄い本なのに、1ヶ月以上かかってしまいました。
あ、読みにくいという意味ではありません。
今まで通りさくさく読める作品ですが、
体調が思わしくないのか、どうも最近長時間の読書がキツくて。


6つめの「館」への御招待ー自分が何者なのか調べてほしい。推理作家鹿谷門実に会いたいと手紙を送ってきた老人はそう訴えた。手がかりとして渡された「手記」には彼が遭遇した奇怪な殺人事件が綴られていた。しかも事件が起きたその屋敷とはあの建築家中村青司の手になるものだった。惨劇に潜む真相は。 (「BOOK」データベースより)


綾辻さんご自身も変化球だとおっしゃっていますが、
人形館同様、異色作といわれる黒猫館。
こちらも好みが分かれそうな作品です。
正直、人形館は「うーん…」という部分もありましたが、
この黒猫館は結構好きです。
普通におしゃれな別荘ぽいので、
個人的に今までの6作で一番住んでみたい館でもあります。


手記を展開しながら過去の事件を探るというスタイルも良いし、
綾辻さんに見事にヤラれた感もあって爽快。
「これ、もしかしてめちゃくちゃ簡単?」と思わせておいて
メイントリックが全く見えてなかった。
やっぱり推理小説は気持ちよく騙されたいので。
張り巡らせられた伏線もあっぱれです。


あ、館シリーズは順番に読んだ方がいいとよく言われますが、
本当にその通りでした。
この黒猫館にも前作の時計館のネタバレが結構あるので、要注意です。

という訳で、いつも通りネタバレ感想を。
(時計館のネタバレも含みます。)
館シリーズ恒例の鹿谷さんへの愚痴もありますので、
鹿谷さんファンの方はご注意を。
反転します↓↓


迷路館のときは鹿谷の正体がさっぱりだった鈍い私ですが、
本作は開始五分の一あたりで鮎田冬馬=天羽辰也は気づけました。
名前の響きからアナグラムであることはすぐわかるし、
歳も同じくらいで、しかも片方は生死不明。
鮎田も内臓逆位症であることも、胸に左手を当てる描写が
ちょいちょいあったので、割とわかりやすかったように思いました。
こんな簡単でいいのかな、と思ってしまったほど^^;

アリスを覚えてない(読んでないのかも?)私には
「どじすん」の意味はサッパリでしたが、
なんとなく父と養女という関係からロリコン趣味だったのは薄々想像。
どこかの方言なのかな、程度に思っていました。
去年見たある作品でもアリスをモチーフにしていたので、
ちょっとアリスを読んでみたくなりました。


で、ここからがその後の私の間違った推理(妄想)。
最後の密室も氷を使ったことまではわかったのですが、
犯人が冷蔵庫を壊して、氷を持ち去ったのを鮎田に気づかれないようにしたのかと。
こんなことをしそうなのは、知的で「理性が神」だという氷川。
崇めていた理性を無理やり飲まされたドラッグで奪われ、
我に返った後、怒りと屈辱から殺意をもってレナの首を絞めた。
その罪を麻生に着せて殺したのかと考えていました。

ついでにいうと、風間裕己一家は事故ではなく
口封じで氷川に殺され、留学先で行方をくらませた。
鮎田にこっそり東京へ呼び出され、手記の存在を知った氷川が
またまた口封じでホテルに放火…などという疑いすら抱いてました^^;
交通事故もホテルの火事も、全くの偶然だったんですね~
氷川がそこまで凶悪犯じゃなくて良かった。


いやあ、まさか黒猫館が真冬のタスマニアにあるとは思わなんだ!
内側から施錠させたのも何か絡んでくるとは思ったけれど、
まさかそうくるとはねぇ。

黒猫館はタスマニアにあるという台詞を読んだ時、
驚いたと同時に、あまりにとんでもない場所にちょっと笑ってしまいました。
だって、オーストラリア(本土)とかニュージーランドとかじゃなくて、
あのタスマニアですよ!?タスマニア。
確かに伏線はあったけれど、これは気づけないわー。
いや、でもこういうの好きです!

晩御飯にラムだとか、身分証明に身長が書いてあるとか、
ちょこちょこ違和感は感じてたのに、スルーしてしまいました。
ついに中村青司の館も地球規模ときたかぁ。


江南くんと同じく、私も物理的なトリックってあまり好きじゃないんですよね。
種明かしされた後も特段感動がないというか。
だから、最後の密室トリックも正直ちょっとなぁ…と思っていたのです。
鮎田の正体が簡単すぎるとか、密室トリックが好きな種類じゃないとか
いろいろ思いながら読んでいましたが、それらは前座だったとは!
館のあまりにどでかいトリックに全部もってかれました。
ありえないとは思いつつ、これは楽しかった!


私をいつもイラつかせてくれる鹿谷の態度も
今回は幾分かマシでした。
相変わらず犯人放置でしたが。
個人的に犯罪者はやはり裁かれるべきだと思うけれど、
黒猫館では関係者しか殺されていないし、
記憶を取り戻した鮎田も哀れで
十分罰は受けたような気もするので、
まだ物語としては許容できる範囲かなと。

それより、時計館の真犯人は明るみになってなかったことに唖然。
スケープゴートも真犯人も亡くなったとはいえ、
世間に9人もの人間を殺した犯人だと思われたままでは
由季弥があまりにも気の毒だとは思わないのだろうか、鹿谷さん。
遺族たちも真実を知らないままなんだよねぇ…。

警察にもえらくご立腹だったけど、
どこの馬の骨だかわからないヤツが警察に電話して
事件の内容を簡単に教えてくれるような警察官だったら
余計アカンでしょ、とまた心の中で毒づいてしまいました。
ま、個人情報とかうるさくなかった時代なんだろうけども。


そして、今回も巻き込まれた感漂う江南くん。
元々は彼に持ち込まれた相談とはいえ、
鹿谷に「鈍いねえ」と呆れられるだけだったし
何も北海道にまで付いていかなくても良かったような。
完全に出来の悪い助手役に回ってしまいましたね^^;


続きの 暗黒館 も買いましたが、あまりにも長いので
ちょっと別の本に浮気します~。

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
別窓 | 映画・小説レビュー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ふたつのショウガ科 | シンプルにいこう。 | #88 酒粕紫根>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| シンプルにいこう。 |