【水車館の殺人】 綾辻 行人
綾辻さんの館シリーズ、2作目 水車館の殺人 を読了しました。



古城を思わせる異形の建物「水車館」の主人は、過去の事故で顔面を傷つけ、常に仮面をかぶる。そして妻は幽閉同然の美少女。ここにうさんくさい客たちが集まった時点から、惨劇の幕が開く。密室から男が消失したことと、1年前の奇怪な殺人とは、どう関連するか?驚異の仕掛けをひそませた野心作。「BOOK」データベースより


いや~十角館に続き、こちらもコテコテの本格ミステリでした。
お城のような洋館に住む仮面の男、幽閉された美少女、うさんくさい客・・・
今の日本では絶対なさそうなシチュエーションですが、
こういう雰囲気が大好きなのです。

十角館が一発勝負的なネタだったのに対し、
こちらはミステリ的要素が盛りだくさん。
密室空間にダイイングメッセージ、探偵による謎解きシーンと、
ミステリのフルコース的な作品でした。

その分、トリック難易度は低い方かもしれません。
考えながら読んでも、いつも大抵騙されるのですが、
そんな私でも、これは9割方わかってしまいました。
メイントリックは初めの段階で気づいてしまったし、
消失トリックと犯人も、中盤には解けてしまいました。
ゆっくり咀嚼するように読んだので、
伏線の見逃しも少なかったように思います。

騙される快感が味わえなかったのは少々残念ですが、
洋館の雰囲気にゾクゾクしながら、物語として楽しむことができました。
やっぱり、綾辻さんの文章好きだなぁ。
現在と1年前の同じ時間を交互に行き来しながら、
真実に迫っていく描写も上手い。
十角館も良かったですが、こちらのラストも好きです。


では、以下ネタバレありなので、反転します↓

上で「難易度が低い」と書いてみたけれど、
作者が意図的にそうしてるのではないかと思ったりも。
仮面を被った登場人物とか、身元不明の死体とか、
ちょっとミステリを読んだことがある人なら、
ピンとくる題材ですもんね。
奇抜な難易度の高いトリックで読者を驚かせることより、
本格ミステリを真面目に書くことを重視されたんではないかなぁと
個人的には思います。

何の罪もない人を何人も殺した極悪非道の犯人ではあるものの、
最後、大事な人の心まで見失ってしまう犯人に、妙に切なくなりました。


最後までどうしてもわからなかったのは、
脅迫者の正体と、色覚異常のくだり。
色覚異常なんて伏線なかったよね?と読み返してみたら、
何箇所もありました!
かなりハッキリ書かれてるところも。
これがわかったら完破だったのに~(ってそりゃ無理か。)
この作家さんは伏線の回収し損ないもないし、
つくづくフェアだなぁと思います。

でも、あえてふたつツッコませてください・・・。
あんな凄惨な殺人事件が起きたというのに、
全部屋、警察の鑑識が入らないものなのでしょうか?

それに、いくら仕草や声を似せたからといって、
10年も仕えた住み込みの執事が、入れ替わりに全く気づかないなんて、
主人に興味が無いにも程がある^^;;


「迷路館」「人形館」「時計館」も既にゲットしてるので、
しばらくは館シリーズに没頭予定

にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ  にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ

水車館のひとつ前に「秘密」(東野圭吾)を読んだのですが、
なんとも表現できない、不思議な読後感のする本でした。
感想が言葉に出せるようになったら、レビューするかも、です。


関連記事
別窓 | 映画・小説レビュー | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<弱りゆく植物たち、その後 | シンプルにいこう。 | #70 ぬか丸>>
この記事のコメント
NoTitle
そうそう、水車館は「全問正解してやる!」っていう楽しみがありますよね~♪
非日常すぎる設定も、物語ならでは、綾辻さんならでは、で、いいですよね。
これからのレポも楽しみです~!

東野さん、「容疑者X~」しか読んだことないです。
不思議な読後感・・・どんななんだろ?
単純に「おもしろかった」とか、言えない感じなのかな。
2011-08-15 Mon 22:07 | URL | みかん #AsQ122z2 [内容変更]
みかんさん
やっぱり難易度低めでしたか♪
みかんさんはどれくらい正解されたんだろ^^
そうそう、絶対ありえない状況なのに、違和感なく世界に入らせてくれるのは、
やっぱり綾辻さんの腕なんでしょうね^^

私も東野さんの作品はまだ3つ位しか読んでないんですが^^;
「秘密」、決してつまらない訳ではなく、どちらかというとすいすい読み進められた方なんですが、
読後、なんともいえないモヤモヤしたものが残って・・・。
けど、それは駄作でも、不愉快という感じでもなく、
自分でもこのモヤモヤ感が説明がつかないんです^^;
感覚を掴めたらいいんだけどなぁ。
2011-08-16 Tue 22:29 | URL | こゆりす #- [内容変更]
こんばんは!

とうとう読んだよ~~。
水車館。
凄く好き^^

難易度低いってのが良くわかった。
まま、作者の意図も感じられてってのも分かるので
一概に低いとは言えないのかな?

でも、からくりは確かに早めにそれかなって感じたんで
ちょっとね~。
あの方が共犯だとは思いもしなかったけど
考えてみれば、共犯じゃないと
私の仮説は成り立たない^_^;

ああ~次が読みた~~い!!
2011-10-25 Tue 21:16 | URL | ミュシャ #- [内容変更]
>ミュシャさん
おお~!水車館読まれたんですね♪
ってことは十角館も読まれたのかな?
これでミュシャさんとも館シリーズのお話ができる~♪
なんかすごく嬉しいです^^*

私も時計館までで、トータルで好きなのは十角館だけど、
雰囲気は水車館が一番かなぁ。
確かに難易度が低いというよりも、本格の雰囲気を楽しむ作品って感じしますもんね^^
最後のシーンがなんともいえず幻想的で、好きだなぁ。
私もあの方のことは全然気づかなかったです^^;
ね、ね、次が気になって仕方ないですよね♪
私も今日、黒猫館と暗黒館を買ったとこです~^^

今、ミュシャさんお勧めの「魔性の子」を読んでるんです。
まだ30ページほどだから、怖いところまでは全然いってないのだけど、ドキドキ・・・
お互いの本を交換したみたいで、なんか楽しいですね、こういうの♪
(ちなみに屍鬼のアニメも見てます…原作とは結構違うようだけど。)
2011-10-25 Tue 21:30 | URL | こゆりす #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| シンプルにいこう。 |