遺恨あり 明治十三年 最後の仇討
ここ2~3年ほど、藤原竜也に夢中な私。
普段は時代劇どころか、ドラマ自体滅多に見ないのですが、
藤原くんが主演ということで、今年の3月放送だった
「遺恨あり 明治十三年 最後の仇討」を見たのです。
藤原くんも期待を裏切らぬ素晴らしい演技だったけれど、
何よりドラマの完成度にいたく感銘。

ふふふ~
DVDを買ってしまいました♪

diary-593.jpg

明治13年に実際に起きた事件を元に描いた吉村昭の原作を、藤原竜也主演でTVドラマ化した時代劇。幼い頃に両親を殺された旧秋月藩士・臼井六郎が、“仇討禁止令”を発布される中、引き起こした“最後の仇討”を通じて、人間の誇りと愛を描く。その刃は、“武士の美徳"か“殺人"か



六郎がまげを落とすシーンがかっこ良すぎる
・・・などという個人的感想はとりあえずおいといて。

実話を元にした仇討ちの話だそうで、
私は歴史に疎いのですが、
どうやらかなり史実に忠実に作られているようです。

藤原竜也の演技は「舞台的」だとか、
「同じような演技しかできない」という声を時々聞くけれど、
そんな方にこそ、ぜひ見てほしい作品。
台詞も少なめで、怒りをぶちまけるようなシーンはほとんど無いにも関わらず、
胸に秘めた熱い感情を、これほど表現できる若手俳優がどれほどいるだろうと思う。
北大路欣也、小澤征悦など、周りを固める役者さんも素晴らしいの一言です。

美しい映像にしっかりした脚本、それに見合う実力のある俳優陣。
本気になれば、こんなすごいドラマが作れるんだなぁ。
第37回放送文化基金賞で、
テレビドラマ番組部門の本賞と演技賞の2部門を受賞した、骨太のドラマです。



「遺恨あり 公式サイト」 ★

にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ  にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ


遺恨ありのような良作の仕事は滅多にないのか、
先週のブルータスの心臓は残念だった・・・。
  

関連記事
別窓 | 映画・小説レビュー | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<芳香蒸留水の化粧水(ペパーミント編) | シンプルにいこう。 | ひえひえミョウバンスプレー>>
この記事のコメント
(*^-^*)
何気に私も竜也君好きですー!
ファンとは言えないほどですがテレビの出演はほとんど見ます(* ̄m ̄)ププッ
あぁ挨拶が後になってしまいました…^^;
先日はありがとうございました!
今日、封を開けました。柿渋くんです。お風呂が楽しみです(人´∀`).☆.。.:*
今、ブログのコメント欄を閉じていて…ゴメンナサイね。それに、上手に紹介できなくてごめんなさいね。m(u_u)m
少し先に第1個目を作っただけで、知識・研究・個数など
もうはるかかなたとかけ離れてしまってますよ☆
本当にすごいです。
頂いたせっけんさん。大切に使わせて頂きますね。本当にありがとうさんです。(*^-^*)
2011-07-05 Tue 15:57 | URL | *kako #- [内容変更]
*kakoさん
おおお~!なんと、*kakoさんも藤原くん好きでしたか!!
私も*kakoさんと同じで、まだファンとは名乗れないけど、いいですよね♪
彼の外見ももちろん大好きだけど、
ただ見てくれのいいだけの芸能人には全く興味なくて。
あの演技力やオーラ、仕事に対する姿勢、
格好つけてないのに自然体な可愛さがたまらんのですよ~。
今年、舞台デビューしたので、これからは舞台作品も見て行きたいなと思ってます。
・・・って、私も熱く語りすぎた^^;;

石けん、すっごく素敵に紹介してくさってありがとうございます♪
いやいや、数の割に自分の石けんに全然自信ないんです~^^;
なんせ、夫婦とも肌が頑丈なもんで。。。汗
お肌に合わなかったら、遠慮なく洗濯などに回してくださいませm(_ _)m
これからも仲良くしてくださいね!
*kakoさんのハンドメイド作品、今後も楽しみにしてます☆
2011-07-05 Tue 21:16 | URL | こゆりす #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| シンプルにいこう。 |