#60 柿渋クール
soap60.jpg
#60 柿渋クール
 オイル:オリーブEXV、パーム核、牛脂(自家精製)、米油、ひまし、菜種
 OP:無臭柿渋(水分一部置換え)、メントールクリスタル、グリーンティFO、ひば油、
    はっか油、パチュリEO、コンフェ石けん(#9)、
 ディスカウント 8%   水分 32%
 480gバッチ
 トレースまでの時間:45分
 解禁日:6月15日



今年初のメントールクリスタル入り石けん。
無臭柿渋を入れてみました。
特に加齢臭が気になる人はいないのですが、
これから夏がくるし、汗臭さが和らげばいいなと。

久しぶりにたくさん作りました。
soap60_2.jpg

去年、メンクリ率を1.2%、2.2%、3.6%と順番に作って、
真夏は3.6%の石けんでも物足りず、
正直まだ上げても大丈夫だなと思っていたのですが、
今回は大人しめに3.1%からスタートです。
というのも、今年はチープローズさんで購入したところ、
去年買った他店のものより粒子が細かく、
これなら生地に直入れできそうだと思ったから。

ちなみに、去年はお湯で溶かして、後入れしました。
おそらく、オイルを湯煎する段階でメンクリを入れるのが一般的だと思うのですが、
そこから苛性ソーダを溶かして、最低20分は攪拌するので、
その間の揮発がどうにも気になって。
揮発時間を少なくするために、お湯後入れ方式をとっていたのですが、
それでも目がシーハーしたので、かなり揮発していたと思われます。

チープローズさんによると、メントールクリスタル(L-メントール)は、
水、油、アルコールに溶けるとのことだったので、
融点さえクリアすれば、生地直入れでも溶けてくれるはず。
35分攪拌して、緩いトレースがでかかったところで、
メントールの融点(42℃)位まで湯煎でタネを温め、直入れしました。

そこから5分ほど攪拌し、白生地を取り残し、
無臭柿渋を投入。オイル全量の約7%。
diary-528.jpg
噂には聞いていたものの、一瞬真っ黒になって、
混ぜていくうちに紺色に変化。
これが保温後、茶色になるなんて!石けんは面白い~。

36時間後、保温箱を開ける。
ここんとこ朝晩肌寒いこともあり、
前作はソーダ灰にやられたので、
今回は夜から半日、しっかりめに加温しました。

それに加え、柿渋の特性なのかもしれないけれど、
diary-529.jpg
かつて見たことないほどのツユだくっぷり!

しっかり加温した時や、オプションなんかによって、
型を逆さにするだけで型出しできるくらいの汗だく自体は
それほど珍しいことではないのですが、今回はレベルが違う!
何かのタレみたい。

うちの石けん部屋(…と私が勝手に呼んでるだけですが)は和室なのですが、
嫌な予感がしたので、畳の上では作業せず。
モールドをリビングにそーっと持ってきて、
読み終わったカタログの上で汗を拭き取りました。
上から、横から、下から・・・至るところから柿渋色の汗がだくだく
diary-530.jpg
ティッシュではいくら拭いても全く追いつかず、
最後にはキッチンペーパーでせっせと吸い取りましたが、
このまま乾燥棚に移動すると、あちこち汚れそうなので、
柿渋まみれのカタログの上に一日ほど放置して、
周りを乾燥させました。

オイルの7%程度の柿渋でこんなことになるなら、
10%以上入れてる方はもっと大変なことになってるのでしょうか。
それとも加温しすぎたせい?!
そのおかげで、灰もなく、質感は悪くないんですが。

こんな調子で散々水分を出し切ったせいで、
石けんの色は思ったよりも薄いです。
正直、もっと濃茶色になると思ったのになぁ。
流れ出た柿渋がちょっともったいないな、とも思ってしまった^^;
いや、きっと柿渋以外のものも出てるとは思うんですが。

soap60_3.jpg
カット直後だけ見られる、輪っかが好き。
soap60_4.jpg

カットした時、コンフェの硬さで引きずり跡がつくのはわかってたんですが、
こんな中途半端なら、いらんかったなぁ・・・
soap60_6.jpg

整列。
soap60_5.jpg



ちなみに、無臭柿渋は名前の通り、
直接嗅いでもほとんど匂いはありませんでした。
500mlはちょいと多いですが、
DIYとかできる人なら、これでいい感じに塗装できて、
石けんだけでなく、使い勝手もありそうです。
今、簡単な本棚が欲しいのですが、
そういうのをちょちょいと作れる人が、うちにはいないのです…。
東急ハンズで売られてた、量が控えめな柿渋と迷ったのですが、
これは商品説明にも「手作り石けんに」とあったので、安心できるコチラを購入。




にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ 

関連記事
別窓 | 作ったせっけん | コメント:7 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<アボカドククイの乳液 | シンプルにいこう。 | アロマのヘアウォーター6>>
この記事のコメント
NoTitle
柿渋…なったなった~、つゆだくに~~~!
後にも先にも、去年1回しか作ってないんだけど、
確かシリコンモールドで作ったんかな~
型だし前、下から見上げたら明らかに汁だくだくでしたわ…^^;
何なら、浮いてた?みたいな…。
でも、不思議だよね、塗料なんて肌に思いっきり悪そうなイメージなのに、
手づくり石けんに入れられるなんてね~

わたし、最初の頃はメンクリ、オイルに溶かして入れてたんだけど、
後入れの方がスースー感が残るって聞いてから、
ずっと後入れにしてるよ~
お湯とかで溶かずに、そのままザラザラ入れてるけど、
いつも溶けきってるみたいだから、大丈夫なんじゃないかな~とは思うんだけど…。
2011-05-25 Wed 12:57 | URL | みやび♪ #- [内容変更]
NoTitle
柿渋~きれいで、なんかおいしそうです^^
このコンフェの入り方も、私は好きだけどなぁ。
つゆだく、やっかいでしたねー
今私もノート見返したんですが、「紙がはがしにくい」と
書いてあって、(それしか書いてなかった。汗)
汗をかきやすいのかなぁ?

それにしても、こゆりすさんの記事はいっつもほんと丁寧で、
読み応えあるし、勉強になりますー。
あとね、読んでると、ブログのネタが思いつくの。
すごいありがたいです。笑
2011-05-25 Wed 13:02 | URL | みかん #AsQ122z2 [内容変更]
NoTitle
「石けんにどうぞ」って書いてあると安心しますね。
でもほんと、塗料なのに石けんにも大丈夫、ってなんか不思議。
柿渋石けんはまだ作ったことがないのですが、いつも気になってるオプションです。
旦那用に、と思っても、旦那は固形石けんを使ってくれないので(泣)
2011-05-25 Wed 13:25 | URL | あまのはづき #- [内容変更]
NoTitle
あ、読み返してみたら、メンクリは直入れしたんですね~
ごめんなさい(;´▽`A``
2011-05-25 Wed 20:33 | URL | みやび♪ #- [内容変更]
みやび♪さん
やっぱつゆだく、なりました??
そう…糖分や塩なんて比にならないほど、だくだくでした。汗
柿渋の何かが水分を出させているのかしら。。
紫根や藍もそうだけど、塗料なのに肌に効能があるって不思議ですよね~。

おお!みやびさんもメンクリ後入れされてるんですね!
ちゃんと溶けてるんだ♪あぁ、良かった~^^
実は、これの解禁を待たずに、同じ手法で今日メンクリ石けん第二弾を仕込んじゃって。
万一溶けてなかったら、激サム石けんを二つも産み出すところだった~^^;
後入れの方がいるとわかって、安心しました♪
2011-05-26 Thu 22:37 | URL | こゆりす #- [内容変更]
みかんさん
わ、美味しそう?
みかんさんに褒めてもらて、すごい嬉しいです~^^*

>「紙がはがしにくい」と書いてあって
みかんさんは、木のモールドを使われてるんですか?
それなら保温具合も良さそうだし、つゆだくってことはないのかもしれないですね~

あは^^;丁寧というか、コメントもそうなんですけど、
文章力ないくせに、必要以上に長ったらしくなっちゃうんですよ。。
自分で読み返しても、長すぎて訳わからんかったり^^;
んで、内容は大してないかも。
初めての経験だったりすると、覚え書きに!と思いながら書くから余計・・・。
でも、こんなんでも、みかんさんにネタが何か提供できたなら、良かったです♪
2011-05-26 Thu 22:49 | URL | こゆりす #- [内容変更]
あまのはづきさん
天然のものといっても、やっぱり塗料だから、
明記してくれてないと、石けんに入れるのは不安ですよね^^;

ダンナ様、はづきさんの石けん使ってくれないんですね。。。
あんなに上手に作られてるのに、もったいない~。
特に柿渋は、汗臭さが取れてるかなんて、自分じゃよくわからないから、男性の実験台も必要だし(^ー^)
2011-05-26 Thu 22:57 | URL | こゆりす #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| シンプルにいこう。 |