映画 【八日目の蝉】
ゴールデンウイークに、映画「八日目の蝉」を見てきました。
原作は未読です。

不倫相手の子どもの誘拐から逮捕されるまでの4年間と、
誘拐された子どもが大学生になった今とを、交互に行き来します。
なぜ、他の誰でもなく、自分だけがこんな運命を負わなければいけないのか。
-地上で七日しか生きれない蝉の中、一匹だけ八日目を見たとしたら-

一部ネタバレを含みますので、ご注意ください。


原作も評判は高いようですが、
この話は、男性と女性、子どもがいる人といない人。
育った環境等によって、誰に感情移入するか
かなり違うのではないでしょうか。
主人公を思わず応援した人、嫌悪感を感じる人、理解できない人…。
そういう私は希和子に同情し、うまく逃げきれたらいいのに、と思いながらも
他人の子をあそこまで愛せるものなのか、
その点は正直わからないでいます。

どんな理由があっても誘拐は犯罪だし、
決して正当化できるものではない。
しかし、希和子の深い母性には、心を打たれたし、
血の繋がりとはどういうことだろうと、考えさせられる。

薫にせがまれて、希和子がお星さまのうたを歌うシーンに
涙が止まりませんでした。
終始、淡々とした話の中、ラストの2分割された演出が凄く良い。
希和子がどれほどの愛情を薫に注ぎ続けたのか、
永作博美の演技も、演出も素晴らしかった!
このまま逃げられるはずなんかないのに、
少しでも長く、一緒にいさせてほしいと願わずにはいられませんでした。

先日も書きましたが、私は祖母に4歳まで育ててもらったので、
薫(恵理菜)の過去を語る台詞が、時々痛いほど心にくる。
薫にどっぷり感情移入してしまいました。
かつて母と祖母の間に確執があったのも、
映画のように奪われた訳ではないにしても、
もしかすると、一番可愛い(決して可愛い子どもではなかったけど)時期を
育てられなかった母の複雑な思いがあったからなのかもしれない…と
この歳にして、二人の気持ちがほんの少しわかったような思いがした。


女優陣の演技がとにかく良かった!
誘拐犯として逃亡し、怯えながらも、
薫と名付けた不倫相手の子どもに母性に目覚める希和子(永作博美)。
誘拐され、4歳で実の親元に返されるも、家族とうまくいかず、
希和子への気持ちも整理できないまま
すれた大人になってしまった恵理菜=薫(井上真央)。
今までにない役柄で、新境地を見れること間違いなし。
フリーライター役の千草(小池栄子)だけは正直どうかなぁと思ったけど、
トラウマを抱えた役を思いのほか上手に演じていて、びっくり。
実の母親(森口瑤子)やエンジェルさん等、
女優さん達の熱演がすばらしかった。

一番驚いたのが、帰宅後知った、永作博美が40歳だという事実。
正直、自分とそんなに変わらないと思っていたのに、若い!
今まで特別好きでも嫌いでもなかったけど、
ただきれいなだけでなく、オーラが凄かった。




原作も読もうと思う。


にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
関連記事
別窓 | 映画・小説レビュー | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<野菜増殖中 | シンプルにいこう。 | #58 ホルスタイン>>
この記事のコメント
ブログ村から来ました。

ミュシャといいます。
突然スイマセン。

八日目の蝉。大好きな本で
実は今まで見た中ではトップ5に入るぐらいいい!って思ってたものが映画化。

見たい見たいと思いつつ、まだ見れてませんが
こゆりすさんの文章をみて
やっぱり見に行きたいな~と
改めて思いました^^

原作もゼヒゼヒ読んでみてください。
会社の昼休み、号泣しそうで
大変でした(笑

また寄らせて頂きます。
2011-05-10 Tue 23:00 | URL | ミュシャ #- [内容変更]
ミュシャさん
初めまして!
ミュシャさん、存じております^^
読み逃げしておりました(足跡残ってるかもです…)。

おお!ミュシャさんの中でも5本指に入るくらい良作だったんですね^^
原作の長さから考えても、映画はたぶんだいぶはしょられてそうなので、
物足りない部分もあると思いますが、映画の評判も上々のようなので、
ぜひ観に行かれてください^^
あ、薫の不倫相手だけはミスキャストかも…。
私も原作読んでみます^^*

ミュシャさんのところも遊びに行かせていただきますね。
2011-05-11 Wed 00:49 | URL | こゆりす #- [内容変更]
こゆりすさんのこの記事読んで、
やっぱり私も観に行きたい~って思いました。
そうだね、どの人に感情移入するかは
その人それぞれの立場によって違うでしょうね~
私は、希和子は人の道を外れた行動をとっていると心の中で非難しつつも、
その(実の母親以上かもしれない)深い母性に
応援せずにはいられない自分もいました。

NHK版の八日目の蝉は観たんだけど、
キャストは、薫が北野きいちゃん、希和子が壇れいさんだったので、
どう違うかを観るのも楽しみ~^^
2011-05-11 Wed 09:31 | URL | みやび♪ #- [内容変更]
おはようございます
八日蝉。観に行かれたんですね~。
私予告で号泣してますから・・・チケッ購入時に号泣。原作を読もうにも、感情移入しすぎて、希和子になってしまいます。
(アバターの時は崖から跳べると思いこみ、足をくじいてしまいました)
映画になった時点で、角田光代さんのものではなくなり、原作とは別の作品に変わってしまいますから、どちらも別の視点から感じれるので、どっちもよかったです。
ロケ地、小豆島には私の近親者(ひいじいさん)の足跡をたどりに、子どもと行く予定にしています。
こゆりすさんも祖父母さんに会いに行かれたと。遠方でなかなかお会いできないと思いますが、お写真の裏に一言添えて送って差し上げてください。
毎日、刺激のない同じ日々の中で、お孫さんからのお手紙、楽しみにされると思います。文字が読みにくかったりしても、お写真なら伝わると思います。待ちわびて、届き、満たされたお気持ちになると思います。ホームの部屋内でしたら、職員に申し込めば、石けんも持ち込みができます。(ただ、誤って口にする可能性のあるときはご注意ください)
いいタイミングで祖父母さんにお会いしているのでこのタイミングを、最大限に・・・
(生意気なコメで失礼しました)
2011-05-11 Wed 09:49 | URL | tsubaki* #- [内容変更]
みやび♪さん
おお~みやびさんも希和子派ですか^^
お子さんがいる方は、実の母親に感情移入する人が多いのかな、と思ったりもしたのですが、
希和子は法を犯しながらも、深い母性と愛情に惹きつけられて、
思わず応援したくなる主人公でしたよね。

NHKドラマの方も好評らしいので、見たかった~。
北野きい&壇れいコンビでも、違和感ないです^^
最近、BSで再放送されたらしいんですが、
うちBS見れないから、地上派で再放送してくれないかなぁ。
2011-05-12 Thu 11:21 | URL | こゆりす #- [内容変更]
tsubakiさん
tsubakiさんは原作と映画、両方楽しまれたのですね^^
私も原作、読もうと思います。
小豆島は良いところなので、楽しみですね♪

祖母とはこないだ写真を撮ったので、
ぜひ写真と手紙、送ろうと思います。
果物のジュースもNGだったので、石けんはちょっと厳しいかもしれませんが^^;
祖母をもっと大事にしたいと思います^^
生意気なんてとんでもないです!
コメント、ありがとうございました。
2011-05-12 Thu 11:28 | URL | こゆりす #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| シンプルにいこう。 |