#55 ふのりククイのシャンプーバー
soap55.jpg
#55 ふのりククイのシャンプーバー
 オイル:ココナッツ、ひまわり、ククイナッツ、ひまし、ココアバター、ミリスチン酸
 OP:ふのり、EM発酵液(水分の一部置換え)、トレハロース、ひましSF、
    ケルプパウダー、ガスール、クローバーリーフFO、海FO、ジュニパーブリーズFO
 ディスカウント 3%   水分 35%
 250gバッチ
 トレースまでの時間:35分
 解禁日:4月29日


次はたまごのシャンプーバーを作ろう~とか言いながら、
ふのりのシャンプーバーを仕込みました。
結構前にふのりを買ってたので、
シャンプーバーに使ってみたかったのです。
シャンプーバーお馴染みになりつつあるEM発酵液に
ふのりとトレハロースを入れて煮溶かし、攪拌30分後に投入。

これ以上鹸化率下げて、ココアバターを組み合わせると、
私の頭の場合、ちょっと重くなるので、
SF込みの実質鹸化率は95%ほどです。


キャン姫さんのところで共同購入させていただいた
テクスチャーシートを初めて使ってみました。
diary-458.jpg
ご覧のように玉砕です。。
粉物はどうやら模様が出にくいそうで、
ガスールにケルプパウダーと思いっきり粉物側にシートを使ってしまいました
あぁ・・・反対側にしとけば良かった
半日ずつズラしてシートをめくっていったので、
右にいくにしたがって、シートの模様が少しくっきり。

もうひとつ、後から気づいたのですが・・・
私が作るシャンプーバーにテクスチャーシートは向いてない気がします。
「ココナッツオイル40%&鹸化率高」という極端な作り方をしているので、
シャンプーバーに限っては、型だししてすぐカットしないと
ワイヤーが一発でダメになるくらい、硬いんです。
普通の石けんなら、焦らずのんびり待てば、
もう少しキレイに剥がせそうですが、
これはちょっと急がないといけない。。

ブクブク泡にしたくてひまし油をSFしてみたのですが、
これやるとちょっとやわくなるらしく(型出し容易なソフトプラモールドにも貼りついたことあり)
このSFも型離れの悪さに加担してしまったような

soap55_2.jpg
完全自家消費の石けんなので、加工せずこのまま使います。


***

最近、ちょっぴり悲しかったこと。
1ヶ月ほど前、近所の業務用スーパーで
太白ごま油1600gが1300円ほどで売られてるのを発見。
他のスーパーの小瓶と比べても、圧倒的に安い!
さっぱりした石けんが欲しくなる季節を待っていたのと、
なんせ1600gなので、荷物の少ない日に買おうと心に決め、
行くたびにオイルをじっと眺めていました。
選挙の帰り、さぁ今日は買おうとスーパーに行くと、な、無い
このスーパーは置き場所が頻繁に変わるので、
置いてそうな場所を5往復ほど徘徊するも、見つからない。。
店員さんに尋ねると「もう置いてないんです」と
再入荷の予定もないそう。
あぁ、ついぞ先週まであったのに・・・

地震のこともあって、石けんなどのために大ボトルを買ってもいいのか
少し躊躇していたのですが、油が不足してる様子はなかったのだし、
早く決断すれば良かった。
売れないと、すぐ撤去されるのが業務スーパーなのでした。
太白ごま油は食用としてはあまりメジャーじゃないもんね・・・。
ま、安価な米油でもさっぱり石けんはできるし、
ちょっと使ってみたかっただけだから、この件はきっぱり忘れよ


にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
関連記事
別窓 | 作ったせっけん | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<アロマ香水3 | シンプルにいこう。 | お花見日和>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| シンプルにいこう。 |