馬油とエミュオイル
お風呂上がりの保湿に使っていた馬油がなくなったので、
選べるキャリアオイルトライアルセット で選んだ エミュオイル を開けました。

我が家はリビングはとても暖かくて快適なのですが、
北側の部屋やお風呂の脱衣所は寒いのです。
とても濡れたままでは上がれないので、洗い場で体の水分を拭って、
浴室から出たら真っ先にボディの保湿をして、服を着ます。
さすがの私も、その間顔を放置すればカピカピになってしまうので、
市販コスメを使っていた頃は、ブースト効果のある保湿美容液を愛用していました。


馬油 は人間の皮脂に近い性質があり、
天然のブースター(導入化粧品)の役割があるといわれています。
体を拭いた後、顔を軽く濡らし、水分が残した状態で
馬油を顔と首に塗布。
体を保湿して、服を着たり、滴ってきた髪の水分を拭った後、
化粧水→オイルとスキンケア。
洗面所で洗顔したときは馬油なしでスキンケアしますが、
馬油のあるのとないのでは、化粧水の浸透が全然違う。
肌の調子が悪くなければ、後のスキンケアを飛ばせるくらい
これだけでモチモチになります。
顔だけでなく、濡れた髪に少量つけても良かった。
馬油は合う・合わないがはっきり分かれるオイルですが、
合う方にはとても良いオイルだと思います。


エミュオイル はダチョウに似た大型の鳥から取れるオイル。
オイルですが浸透力が高く、馬油と似ているといわれるだけあって、
私には違いが感じられないほど、肌なじみも浸透力が抜群。
メーカーによって違うのかもしれませんが、
私には特に動物性らしい匂いも全くないので、
気持ちよく使うことができました。
他のキャリアオイルと同じく、最後の蓋として使うのも良いですが、
馬油と同じく化粧水のブースターとしても優秀。
MMUと相性がよく、保湿と肌の沈静と治癒効果があり、
アトピーや肌荒れに効果的といわれてるので、
敏感肌の方には馬油よりエミュの方が向いているかもしれません。

関連記事
別窓 | コスメ・ヘルス商品レポ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<初舞台!「ろくでなし啄木」 | シンプルにいこう。 | 鼻炎レーザー術後経過~その2>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| シンプルにいこう。 |