アボカド乳液
エマルシファイングワックスが未開封・未消化のまま
オレンジフラワーさんで新規取扱いになった ヒマワリ乳化ワックス を購入。
新しい材料を買ってもすぐに使うことはあまりないのだけど、
タイミング良く夫用の市販乳液がなくなったので
早速乳液を作ってみました。


【アボカド乳液】  出来上がり:約40g
水 33g
アボカドオイル 4g
ヒマワリ乳化ワックス 2g
トレハロース 小さじ1/2(1g)
(ヒアルロン酸液 20~40滴)
ビタミンE 10滴
ローズマリーエキス 1滴
ラバンジングロッソ精油 3滴
月桃精油 2滴


オレンジフラワーさんによると、
ヒマワリ乳化ワックスは10%のオイルを乳化させる
サラッとした乳化剤とのこと。
熱を加えずに乳化できるのが特徴です。

この時期、乾燥肌の夫にあまりにもさっぱりした乳液もどうかと思ったので
手持ちのオイルで一番重そうなアボカドオイルで作ることにしました。

ワックスというのでフレーク状だと思い込んでたら、パウダー状でした。
diary-305.jpg

トレハを溶かしこんだ水と乳化剤を合わせたところ。
diary-306.jpg
えらいダマダマですが、数分かき混ぜるとモッタリしてきます。
この時点で多少のダマダマは残っても良いとのこと。

その後オイルを投入して、今度はダマがなくなるまで混ぜます。
diary-307.jpg
最後に精油を入れて完成!
未精製のアボカドオイルを使ったので
薄グリーンの乳液になりました。
diary-308.jpg
(またまた再利用容器…^^;) 

実のところ、一応乳液状になったものの、微妙~に分離してる気もしてます。
分離といっても2層になったりはしないのですが、
見た目はホエイと似てて、粘度は市販のものより若干緩め。
乳化というよりは水の中にオイルが分散してるような気も・・・。
乳液を手作りするのは初めてなので、
元々こういうものなのか、レシピがまずいのか、
混ぜ方が甘かったのかは不明。
1g単位の秤だから、計量が正確じゃなかったセンもあるな・・・。
とろみはあるから使いにくくはないし、
顔に乗せちゃえばどうせ同じだから、まぁいいけど。(O型)


そんでもって使用感ですが、
アボカドオイルを顔に直塗りしたことはないけど、
重いオイルといわれてる割にはやっぱり軽めのような気がします。
私には今の時期でも十分ですが、夏でも使えるかも。
ヒアルロン酸とか他の保湿剤を入れたらもっと保湿力は出せそうだけど、
新しい乳化剤なので相性が確認されてない素材が多いため、今回はトレハのみで。
(ちなみにトレハがヒマワリ乳化ワックスと相性が良いかはわかりません…分離気味だし。)
精油を入れましたが、未精製アボカドの草っぽい香りが結構主張してます。

乾燥肌気味の夫の保湿力の判断基準は、つけた直後よりも、
空調で乾燥したオフィスで耐えられるかどうかがポイントらしいので、
また後で聞いてみよう~。
匂いは意外にも好みだったようで、つけてるときは好感触でした。

乳液を使ったのって2年ぶりくらいですが、使用感の良さにちょっと感動
オイルはゆっくり浸透して肌の水分と乳化。
しばらく経つとサラッとしますが、
最初から乳化されてる乳液はそれが瞬時にできるので
つけた直後のペッタリやテカテカ感がなくて良い♪
シンプルケアは良いのですが、
寝る直前にオイルやクリームでスキンケアすると
顔に埃とかくっつけそうな感じがちょっと嫌だったので、
新鮮さを感じたのでした

基本、モノグサ人間の私。
化粧品をその都度冷蔵庫から取り出して使うほどのマメさは全くないので
夏場はやはりオイルになると思いますが、
今の季節は乳液も悪くないなと感じました。

ヒマワリ乳化ワックスは非加熱で乳化できるので、
酸化しやすいオイルに向いてそうです。
そろそろ開封して、一気に使おうと思案中のククイナッツオイル、
一部は乳液にしてみるかな?
関連記事
別窓 | クリーム・乳液 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<#43 レモンのキッチンソープ | シンプルにいこう。 | 月桃精油>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| シンプルにいこう。 |