#42 兎~2011
soap42.jpg
#42 兎~2011
 オイル:ひまわり、米ぬか、パーム核、パーム、シアバター、ひまし
 OP:日本酒(生姜inf)水分の一部置換え、酒かす、シラスバルーン、竹炭パウダー、
    フレンチピンククレイ、青森ひば油
 ディスカウント 10%  水分 36%
 250gバッチ
 トレースまでの時間:25分
 解禁日:2011年1月1日


ギリギリ間に合わせた季節石けん、その2。
前作の X'mas石けん のデザインに気を良くした私。
色違いで作ってみました。
干支のうさぎ→(私の中で)ピンク、正月→習字→墨(炭)という発想で
このような色になっております。。

正月といえば甘酒でしょう。
・・・と思いながら、うちでは誰も甘酒を飲まないので、日本酒と酒かすで代替。

粕汁とか日本酒とか、あの香りがとにかく好き。
今思えば無謀だけど、 4バッチ目 で日本酒と酒かすの石けんに
挑んでしまった過去もあり・・・
自分だけで使うなら無香でも良いくらいですが、
身内が使うことを考慮してヒバの香りにしてみました。
ヒバは老若男女問わず好まれる香りのようです。
日本人には落ち着く香りなんだろうなぁ。

しかし。
前回より張り切って多く酒かすを入れたせいか、
型出し時は酒かすの匂いがプンプンと
ヒバと混ざってお世辞にも良い香りとは言いがたい・・・。
半月たって落ち着いてはきましたが、まだ結構主張しとります。
これは使う人を選ぶ匂いになっちゃったなぁ。。
前のが全く気にならなかったのは、
サクラのFOが酒かすのマスキングにかなり合っていたようです。

そしてこれ、シラスバルーンのリベンジ石けんでもあります。
トマトシラス石けん が過去最大級の超!!サッパリ石けんで
夏以外は使い物にならなかったので、
シラスバルーンのせいなのか、レシピやオプションのせいなのか
単に肌に合わなかったのか、これでハッキリするといいのですが

soap42_4.jpg

さも、それなりに出来たかのように写真を撮りましたが、実は・・・
日本酒か酒かすのどちらかが
蜂蜜のように型出ししやすくする力があるのでしょうか?
保温箱からそっと取り出したのに、
底を外した瞬間にすってんころりん~

(これだけ蛍光灯の下で撮ったから色が全然違う…) 
soap42_2.jpg

・・・・デジャヴではございません。
前も同じことやらかしてます。 (コレ→
どうしてこうもどんくさいのか・・・

仕方ないので、一番酷い部分を取り除いて (真っ先に使おう…)
いつもと違う形にカットしてみました。
これはこれでなかなかいいかもしんない。(ヤケクソ)

soap42_3.jpg
関連記事
別窓 | 作ったせっけん | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ムルムルバター | シンプルにいこう。 | ふのリンス>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| シンプルにいこう。 |