フローリング用ワックス
私はかなりのおっちょこちょいなので、
家のフローリングにはコーティングをかけています。
耐水・耐油・耐薬品なので、汚れても濡れ雑巾でちゃちゃっと拭くだけでありがたい

唯一コーティングされてないのが寝室。
飲食禁止にしてはいますが、どうしても掃除機だけでは吸い取れない汚れが付きます。
ここを濡れ雑巾で拭いてしまうと、木の性質上、
フローリングが歪んでしまうため、必要になるのがワックス。

大人だけなので普通のワックスでも良いのですが、
椅子が苦手で、地べたに座る生活を送っていることもあって、
ミツロウとカゼインが主成分のナチュラルなワックスを使ってます。


ESHA ナチュラルワックス

よくあるワックスと違ってナチュラルがゆえに、ワックス効果は長持ちしません。
月に1~2度のワックスがけを推奨してるようです。
(・・・私、最近かけたのいつだ?
また、テカテカツヤツヤの床にもなりません。
うちは北側の寝室だけなので暗くて目立たないし、
テカテカなのもあまり好きではないのでちょうど良いんですが、
ワックスかけた~という気にならないのもデメリットといえばそうかも。

この原液を30倍に薄めで床を拭き取るのですが、
ズボラな私は先に雑巾を水だけで濡らして、
その雑巾にピュピュッと適当にふりかけて、ワイパーに取り付けて拭いてます。
ラベンダーの香りが漂い、ワックスがけと同時に汚れも取れるので
これが実に気持ちいい
子どもやペットがいる家には良いワックスだと思います。
(…ただ、安全な成分といえミツロウが入っています。
 ハイハイ等で口に入る可能性が否定できないため
 1歳未満の赤ちゃんがいる家にはお勧めはできません。)

成分は「天然蜜ロウ、ミルクカゼイン、ラベンダーオイル、水、キャンデリラワックス、
亜麻仁油スタンド油、ホウ砂、牛脂石鹸、珪藻土、珪酸、メチルセルロース、柑橘油」
とのこと。

牛脂石けんは乳化剤として入ってるのかな。
ミツロウにキャデリラワックス・・・
亜麻仁油はフラックスシードオイルのことよね。
いつもの癖で、これってもしや作れるんじゃ??…と思って調べてみたら、
最低限ミツロウと亜麻仁油があれば手作りできるようです。
当分なくなる気配はないけど、気が向いたら作ってみよう~。


メジャーな AURO と迷いましたが、
量が少ない分、一部屋しか需要がないうちには ESHA の方が合ってるかな?
成分は大体同じようです。


関連記事
別窓 | 掃除 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<アルコールスプレー | シンプルにいこう。 | 夏から冬へ>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| シンプルにいこう。 |