アルコールスプレー
調理台や冷蔵庫などのキッチン周りの掃除にはもちろん、
トイレ掃除など至るところで活躍するので欠かせないキッチン用除菌スプレー。
成分は大体エタノール+α。
↓以前はこういうの使かってました。


去年、お弁当など食品にも使えるというパストリーゼを見つけ、
いきなり5Lをどどんと購入。

アルコール度数が高いだけではなく、緑茶カテキンが配合されたことで
他社のアルコール製品よりも長期間の抗菌力が持続できるそう。
製菓店でも使われてるそうで、食べ物に直接噴射OK。
私は高温非対応の食洗機に入れられない食器や
おにぎりを握るときに手を消毒するのにも使っています。

パストリーゼはアルコール度数77%。
薬局で売られてる消毒用エタノールとほぼ同じくらいのアルコール度数です。

ちなみに、一般的なキッチン用アルコールの度数は40~50度くらいだそう。
ってことは、簡易な消毒ならその程度の度数でも
そこそこ効果があるんだろうなと勝手に解釈して、
パストリーゼを薄めて、トイレなどキッチン以外の掃除に使ってます。
5Lのものを1.5倍に薄めれば(これで大体50度くらい)、
コスパもキッチン用と同じくらい。
モノ減らし運動中の身としては、あれこれ買わなくて良いのはありがたい

あと、これは完全に我流の使い方なので
こんなことしていいのかわかりませんが(なので自己責任です)、
消毒用エタノールの代わりに手作りコスメの容器の消毒にも使ってます。
消毒用エタノールって結構高いので・・・

ちなみにアルコール消毒の場合、除菌効率が最も高いのは度数80%のとき。
酒税法の関係上、度数が高いほどお値段も上がるので
消毒のためだけなら無水エタノールを買うのはちょっともったいないところですが
手作り石けんのオイルのウルトラ抽出に使うので今のところ必要なのです。。
(他に無水エタノールは機械の掃除にも使えるようです。)
ま、キッチン用と消毒用を買わなくなっただけでもひとつ進歩したかしら。


・・・と、散々除菌除菌と書きましたが、
個人的に最近の過度な除菌ブームには疑問に感じています。
ある程度は菌に接していかないと、免疫力がどんどん落ちていくと思うので・・・
(耐性菌の誕生にも関係してそうですし。)
なので、エアコンも冷蔵庫も除菌機能がついてるものを避けて購入(天邪鬼)。
真夏もお弁当を作ってるので、キッチンでは食中毒にならない程度の除菌を、
手作りコスメは強い防腐剤を入れないので、容器の除菌・消毒は必須。
過度な除菌・殺菌をしない暮らしをしていきたいところです。

***

この記事を書きながらふと思ったのだけど、
石けんを手作りしている家にはあるであろう、オイルに精油、エタノール。
消防面から言うとちょっと注意しないといけないなと感じました。
量でいうと飲食店や酒屋さんなんかの方がずっと多いだろうけど、
必要以上にストックしないよう、心がけよっと。。
関連記事
別窓 | 掃除 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<和洋ハーブのマウスウォッシュ | シンプルにいこう。 | フローリング用ワックス>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| シンプルにいこう。 |