#32 ローズマリーココシャン
soap32_1.jpg

#32 ローズマリーココシャン
 オイル:ココナッツ、オリーブ・菜種(ローズマリーinf)、ひまし、ラード
 OP:ココナッツミルク(水分一部置換え)、ラノリンSF、トレハロース、
    ローズマリーパウダー、ガスール、ケルプパウダー、青森ひば油、サイプレスEO、
    ラベンダーEO、ローズマリーEO、ユーカリEO、マジョラムEO、ティートゥリーEO、
    フェンネルスイートEO、パチュリEO、海FO
 ディスカウント 7%  水分 30%
 360gバッチ(うち一部は#33へ)
 トレースまでの時間:17分
 解禁日:9月29日


白髪が目立ち始めた夫のために作ったシャンプーバー。
ローズマリーは育毛、抜け毛防止以外に白髪にもいいらしいというのを聞きつけ、
ローズマリーのinfオイルにローズマリーパウダー、ローズマリーの精油と
ローズマリーづくしにしてみました。
ここ半年ほど、液体石けんシャンプーで洗ってくれてた夫に
今度は固形石けんデビューを、と企んで作った石けんです。

infオイルの時点ではキレイなグリーンだったのに、
苛性ソーダ水と合わせるとなぜか赤くなり、
型入れ時にはケチャップみたいな不気味な色になってしまいました
ボテボテだったので、フォークでいじってトップをごまかしてみる。。
soap32_2.jpg
あーあ、不気味石けん誕生か…とがっくりしていたら、
保温後、奇跡的にケチャップがキレイなグリーンに変化
元々緑は好きな色でしたが、ドストライクのグリーンに胸キュン
soap32_4.jpg
非常にわかりづらいけど、一応3層にしようとしたつもり
黒っぽい茶色の層がガスールとケルプ、黄味を帯びた茶緑の層がローズマリーパウダー、
グリーンの層がパウダーなしのローズマリーオイル本来の色です。
soap32_3.jpg


石けんのカットのタイミングは個人差が大きいと思うのですが、
私の場合、本に書いてある保温終了してすぐではうまく型から出ないし、
急いでカットしても断面が汚くなるので、
夏場は保温終了から1~2日後に型出し。
型出しから4日程あけてカットしてました。

・・・が、ココフランジュバニ の時もそうだったんですが、
ココ高配合にすると、溶け崩れやすい割に、石けんはそのものは固い。
その記憶があったので、保温箱から出した翌日に型出し、
型出しの二日後にカット、といつもより早めにコトを進めたつもりだったのですが、
すでにワイヤーが少し緩むくらいの固さでした。
ココ高配合の石けんは、型出しの翌日にはカットするくらいの勢いがいることを学習。。


顔と体はあまり違いを感じ取れないので、基本何で洗っても大丈夫なのですが
シャンプーだけは良い石けんを使いたくて、オプション満載。

香りを気に入ってもらえないと使ってくれないかもしれないので、
髪に良い精油と夫が好きな精油をチョイス。
ケルプの海草臭さをごまかすのに海FOが相性抜群だと前回学習したので、
ケルプの層(?)の種だけFO入りです。
でも、ちょっとごまかしたりなかったのか、まだ海草のかほりも混じってます。
前回も解禁までには大丈夫になったので、今回もなじんでくれることを期待。
今回もシャンプー石けんということで、強めに香り付けしたつもりが
思いの外控えめで残念でした。
洗顔用ならこれくらいでちょうど良いんだけど、
私より輪をかけて鼻が鈍い夫には、香り付きだということにも気づかれぬ恐れが。。


先日初めて使った ココ高配合の石けん が思いのほかシャンプーに良かったので、
今回はオイルの50%をココナッツオイルに。
軽い泡がモコモコ立つと、固形石けんのシャンプーがぐっとラクになります。

もうひとつ新たな試みとして、溶け崩れ防止のハードオイル(パーム、牛脂、バター等)に
多く含まれるパルミチン酸ステアリン酸はきしみの原因になるので、
シャンプーバーには配合せずに作ってみようと思いました。

ですが、さらさらヘアーに欠かせないひまし油を10%配合すると
数値的にもさすがに溶け崩れが心配だったので、
パームやバターよりパルミチン酸とステアリン酸の割合が少ないラードを
7%だけ入れてみることでどうにか妥協。

オリーブメインの石けんで洗うと、どうも私の髪には重すぎるような感じなので、
軽い使用感でシャンプー向きだと思っている菜種油と
オリーブオイルを半々にしてみました。

白髪防止や石けんシャンプーのきしみ軽減効果はいかに!?
地味~に楽しみな石けんです
関連記事
別窓 | 作ったせっけん | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<#33 トリコロール | シンプルにいこう。 | 今年の秋刀魚事情>>
この記事のコメント
オプション満載ですねw

>パルミチン酸やステアリン酸はきしみの原因
だったんですね

だんだん気にいった石鹸ばかりに手が出てしまい自分が使わないのは人にあげたりしてます
もらってくれた人はそれが自分に合ってよかったと言ってくれたりします。
あっちを立てれば こっちがたたずと 配合も微妙ですが・・
奥が深いですね~~
2010-09-04 Sat 22:16 | URL | sapone #- [内容変更]
びっくり~!
石けん作りのこと、詳しくなくて、見た目の感想ばかりですが・・・
赤っぽい色が、温めると、緑になるんですね~。
色、こんなに変わっちゃうんだ~。なんか、化学みたいv-237
シックな石けんですね~(^-^*)
2010-09-05 Sun 16:48 | URL | **ayame** #- [内容変更]
私も来年の夏用にココ(orパーム核)100%の石けんを
仕込んでみようかと思ってたとこだったので
早めのカット、ものっそ参考になりました。

私いつもハードオイル50%位でカットしづらい印象はなかったけれど、
やっぱりハードオイルがココだけだと違うんですね~。
100%だと型出しして、すぐでも固そう(^^;)

後、石けんの保温後の色の変化もびっくりです。
色の原因はやっぱりローズマリーですねぇ。
オプション達の相乗効果が気になります~。
2010-09-06 Mon 10:47 | URL | kanoka #- [内容変更]
saponeさん
これだけいろいろ入れたら、使い心地が良くても何が良かったのかわからんやん^^;
…と自分でも思いつつ、理想のシャンプーバーを作りたくてv-357

手作り石けんは市販の石けんと違って入れられるものに限りがあるので
なかなか完璧な石けんってできないですよね。
でも、そこがまた作ってる側にとっては面白いんですよね^^
2010-09-06 Mon 14:23 | URL | こゆりす #- [内容変更]
**ayame**さん
本当に不思議ですよね。。
私もまさかローズマリーがこんなに化けるなんて思わず、感動です☆
そうそう、石けんは化学の世界なんです^^
化学に弱いので、いつもおぉ~と驚くんですが、それも楽しいです♪
**ayame**さんはいつも私のヘタな石けんを褒めてくださって嬉しいですe-266
シックだなんて・・・ふふ、嬉しいな^^*
2010-09-06 Mon 14:28 | URL | こゆりす #- [内容変更]
kanoka.さん
ココ100、私もいつか作りたいんです!!
熟成期間を長めにとると、いい石けんになるようですね^^
気になる溶け崩れも半年熟成させたら、他の石けんより少ないくらいでした♪
カットはココ100%も早めが良さそうです。
私も普通のハードオイル50%程度ならよく作るので、
特に固いって印象はないんですけど、ココナッツは特別固まるのが早いような。。
包丁でカットされてるならいつでもいいと思うんですが、
ワイヤーだったらすぐダメになると思います。。

ローズマリーのinfオイルって一度は赤くなるもんなんですね。
全然知らなかったので、ケチャップ状態に軽くショックを受け、
保温後の変化に一人で大喜びしてました^^;
良いシャンプーバーができることを期待してます♪
2010-09-06 Mon 14:38 | URL | こゆりす #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| シンプルにいこう。 |