【失敗作】手作りクレンジングクリーム
1年以上前から作りたかったクレンジングに、やっと手を出しました。

…といいつつ、我が家には以前愛用していて、
買い溜めした市販のクレンジングがまだたくさんあったりします。

手作りを始めた当初、必須だろうと思って買った
エマルシファイイングワックス(植物性乳化ワックス)。
乳液やクリームを作ろうと思っていたのですが、
保湿はオイル単独やバター、みつろう乳化させたクリームを使うので、
結局未使用のまま今に至ります。。
さすがにそろそろ使わないとマズいだろうと、市販のを使い終わるのを待たず、作成。

市販のクレンジングは高温多湿でも傷まないのでお風呂専用にして、
洗面所で使うものを試作してみました。


【クレンジングクリーム】
グレープシードオイル 20g
水 25g
エマルシファイイングワックス(植物性乳化ワックス) 4g
ローズマリーエキス 2滴
ROE 1滴
ラベンダー精油 2滴
ローズウッド精油 2滴
ベルガモットFCF精油 1滴
 +
自作リキッドソープ(4倍希釈) 10g


[作り方]
1.オイル・エマルシファイイングワックスと1を別々の耐熱容器で温める。
2.65~70度になり、ワックスが溶けたら、水と1を混ぜる。
3.冷めてから、ローズマリーエキスと精油を入れる。


横着な私は、オイルも水もレンジで加熱しました。
電動クリーマーも一応持っているのですが、なんとなく面倒で…。
ミニ泡だて器で人肌に冷めるまでかき混ぜ続けました。

diary-498.jpg

乳化ワックスだと、簡単にクリームができるというのに納得~。
市販のクリームのように滑らか。
完全に乳化させた手作りのみつろうクリームと比べても、
歴然とした差を感じます。

今回はクレンジングなのでワックス多めにした分、固めのクリームに。
洗い流さない普通のクリームなら、もっとワックスを減らせば
より市販のクリームに近い、柔らかいクリームができそうです。

diary-499.jpg
(リキッドソープ投入前)

しかしこれ、水で洗い流せるクレンジングクリームとしては、完全な失敗作です
いうなれば、拭き取るタイプのコールドクリーム。
保湿用クリームをコテコテに塗りたくっただけの状態。。
いくらさっぱりオイル代表のグレープシードといえど、ギットギト!
水で落とすことなど到底不可能でした。

ポイントメイクも落ちてるし、その後石けん洗顔をすれば
吹き出物が出ることもないので、メイクは一応落とせてる様子。
水である程度洗い流せるようにと、リキッドソープを足してみました。
少しずつ様子を見ながら足していき、最終的にはゆるっとした柔らかいクリームに。
diary-512.jpg
(使いかけの画像ですいません…) 

すっきりさっぱり
なんとか水で洗い流せるクレンジングになりました。
夕方、洗面所でメイクだけ落として、
スキンケアはお風呂上がりまで放置しても突っ張ることもなく、いい感じ。


…それなら、最初から石けん乳化で良さそうなもんですが、
市販コスメに含まれるシリコンは合成界面活性剤でないと
落ちないものもあるようなので、断念。
手作りのパウダーなら、わざわざ石けん乳化なんてさせなくても
石けん洗顔だけで十分落ちるので、クレンジング不要。
シリコンが入ってるであろう市販コスメも愛用してるので、
エマルシファイイングワックスで乳化させることにしたのですが・・・
乳化ワックスで作るクレンジング、要改良です。

といいながら、最近オレンジフラワーさんでポリソルベート80をポチった私
乳化ワックスで作るクレンジングはまだ諦めてないけど、
これで確実に失敗しないクレンジングが作れるな、と企んでます


エマルシファイイングワックス(乳化ワックス)を使ったクレンジングは
近日、リベンジ予定。




にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
関連記事
別窓 | クリーム・乳液 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ハーブティに挑戦 | シンプルにいこう。 | 野菜増殖中>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| シンプルにいこう。 |