ココフランジュバニ(#9) 使用感
旅行用にと思って仕込んだ ココフランジュバニ
ココナッツオイル高配合の、当初から長期熟成予定で作った石けんです。
気づけば5ヶ月弱熟成させていました。
夫が泊まりの出張に出ることになったので、その前におろしてみることに。

この石けんは熟成期間前から既に固い石けんだったのですが、
(いつものタイミングでカットしたら固くて難儀したくらい
5ヶ月置いた今はもう市販の石鹸並みにカチカチ!
ココナッツ高配合だと溶け崩れやすいといいますが、
熟成期間が長かったのが良かったのか、他の石けんより溶け崩れしません。

そして泡立ち。
さすがココ60%、そりゃもうハンパないです

たまに整髪料を付けた時(基本あまりつけない)や
汗だくになった日はシャンプーバーで二度してたのですが、
ちょっと撫で付けただけで、いつもの二度目以上にモッコモコの泡が立ちます。
ココナッツの性質なのか泡質が軽くて大きく、シャンプーにうってつけの泡。
シャンプーバーとして作ったつもりはなかったけど、
ひまわり油といい、OPのココナッツミルクといい、
知らないうちにシャンプー向けの石けんを作っていたようです。
近々作る予定のシャンプーバーはココ高配合に決定っ

これなら旅行用として硬度が高めの地域でも問題なく使えそう。
長めに熟成させたおかげかOPのココナッツミルクのおかげか、
顔も洗っても、ココ高配合にも関わらずつっぱりなし。
洗顔に関してはきめ細かいクリーミーな泡が好きですが、
旅行で使う分にはちゃんと泡立って乾燥しなければ、必要十分です

なんといっても香りがナイス!
0.5%しかFOを入れてないのに、5ヶ月たった今、シャンプー中もきちんと香る。
強めのFOだったのかな?(2%近く入れても飛んでしまうこともよくあるので。)
プルメリアの中に少しだけ入れたココナッツが効いて、ほんのり甘いフローラル
すっごく好みの匂い~

という訳で、熟成期間を長めにとる前提なら、使用感、香りともに最高
初めて定番にしたいと思った石けんでした。
関連記事
別窓 | 使用感 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<借りぐらしのアリエッティ | シンプルにいこう。 | 苛性ソーダ水のモヤモヤ>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| シンプルにいこう。 |