「お風呂の愉しみ」を読んで
前田京子さんの「お風呂の愉しみ」を読み終えました。



前田京子さんといえば、手作り石けん界のカリスマソーパーさん。
この本は手作り石けんの話以外に、手作りコスメやバスグッズ、
お風呂の時間をいかに愉しむか、ということが語られていて、
私も手作り石けんを機にお風呂が好きになった人間なので、ワクワクしながら読めました。
(最近は蕁麻疹のせいで楽しみ半分、憂鬱半分というところですが。)

しかし、前田さんの別の本でも感じていた疑問点がやはりひっかかり。。

苛性ソーダに水を入れると書いてあること(化学の世界ではNG)、
朝に使うシェービングローションに光毒性のあるレモンを使っているのに注意書きのないこと、
家族が牛脂石けんを使ったときに毛穴の詰まった体験を例にあげ、
化学的根拠が明確にないのに動物性油脂に否定的な見解を示していること、
オリーブオイルが好きなのでしょうが、とにもかくにも良いオイルだと大絶賛していること。
(オリーブオイルが合わないという人も多く存在します。)

これだけ有名な方なのに、思い込みで書いてしまってるなぁと思う箇所があり、
ちょっと素直に頷けない部分もたくさん見受けられたのは残念です。
なんというか・・・王道といえばそうなんだけども、
もっと柔軟性とか遊びゴコロがあっても良いなぁと。

個人的には、手作り石けんや自然のものが環境に優しいと
幾度も書かれていることにも疑問を感じました。
自分も作ってるのに言うのもどうかと思いますが、
手作り石けんが市販の合成品より環境に優しいと言い切れないと思っています。
特にパームのプランテーションのために、
東南アジアの森林が破壊されている一面があることを聞くと、
新品の植物性オイルを使って石けんを作ることが果たして環境に良いことなのか。
毛穴の詰まり云々の真偽についてはわかりませんが、
環境のことを考えれば動物性油脂の方が優しいのではないか、と思います。

ここからは前田さんのことではありませんが、
私は合成洗剤の方が石けんより環境に良い!と思ってる訳でもありません。
専門家ではなく、どちらが環境負荷が大きいかはっきりしていない以上、
自分が石けんを作り、それを使うのは、石けんが好きで楽しいから。
それだけの理由です。

石けん信者などと石けんユーザーが批判されてしまうのも、
合成=悪、石けんを含む天然・自然のもの=正義、
こういう極端な考え方を持った人が一部にいるからかもしれません。
それぞれ自分に何が必要か考えて、製品を選べば良いだけだと思うのです。
石けんに限らず、ホメオパシーやオーガニック、マクロビなど
取り入れていない人の生活を否定してまで強く勧めようとするから、
外野から見れば、宗教じみて見えるのではないかと思うのです。。


話が本から逸れてしまいましたが、
この本が出版されたのは10年以上も前のことで、
石けんを使っている環境がアメリカである、ということが
これらの違和感を感じさせた原因かもしれません。
湯船にお湯をはる季節は、残り湯を洗濯に使うので(これって日本独特の習慣!?)
アーモンドパウダーやココナッツミルク風呂は
それはリッチで幸せな気分になるだろうけど、
食べ物をそのまま排水に流すことになるし、
肌にとっては栄養でも、洗濯する上ではそれらのものはただの汚れでしかなく、
残り湯の再利用もできないな、と貧乏性の私は思ってしまいました。。

結構辛口になってしましたが、それらを踏まえても、歯磨き粉のレシピや
練り香水をみつろうを使わず身近なワセリンで作るアイデアなどには、
なるほど~と思わせることも多々ありました。
湯船に浸かる季節になったら、宝石のようなハーブのバスソルトも作ってみたい。
手作りコスメや石けんをしている人はかなり参考になるのでは、と思いました。
お風呂エッセイとしてはスイスイ読みやすく、
写真もきれいで、客車風の洗面所は本当に素敵
お風呂好きな方はワクワクさせられる本じゃないでしょうか。
関連記事
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<炊飯器deパスタ | シンプルにいこう。 | 「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」>>
この記事のコメント
ふぅむ、石鹸界も奥が深いんだねぇ。。。楽しい、のただ一言ではいかないもんかな。
他人が興味ないものに関しては人を無理やり納得させようとしても不快に感じるだけだし、第一本人の気付きがなければどんだけ批判されても心に入ってこないよね。
かくいう私も、石鹸なんか全く興味なかった一人ですv-238
しかし、しっかり勉強してるね~~さすがこゆりすちゃんi-199

2010-08-17 Tue 18:29 | URL | ちーこ #- [内容変更]
ちーこちゃん
私の感想を書いてみただけなので、
こんなひねくれたヤツもいるなぁってくらいでスルーしてください^^;

石けんはシンプルに「楽しい」から使うのが良いのだと思います^^
「これを実践しないと体に悪い」とか「環境に良くない」などといって布教すると、それは一方的な見地でしか見てないエゴなのかなぁ…と。
(個人的にはホメオパシーやマクロビには懐疑的で、調べるほどカルトっぽく見えるんだけども、程度を守れば良い一面もあるんだろうな、と思う^^)

私も2年前までは市販のボディソープとかシャンプーとか使ってたし、ちーこちゃんと同じだよ。
石けん生活を送ってても、排水溝の漂白剤だけは未だにやめられないし^^;
植物性だとか、合成とかに関わらず、自分が心地よい・使いやすいと思えるものを良いとこ取りすればいいのかぁと思ってます。
2010-08-18 Wed 00:55 | URL | こゆりす #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| シンプルにいこう。 |