fc2ブログ

【小2】将棋にハマり習い事追加。現在の取り組み。

こゆりす

コロナ禍のボードゲーム


コロナ禍の家遊びの一環として、昨年、小1秋に家で将棋を買いました。
ボードゲームの中でも、頭を使う遊び。
ハマってくれたら嬉しいなという、母のよこしまな思いから始めました。

最初は駒の動きが難しいし、子ども時代に少し指していた程度の大して強くもない夫にボコボコにやられ、そこまでハマらず。
それでも、全く同じ時期に始めた超初心者の私にはだんだん勝てるようになり、俄然面白くなった模様。
超初心者の私たちより少し経験がある夫は我が家ではまだ最強の座にいますが、
そうはいっても戦法も守り方も知らない、初心者同然なので教え方もわかりません。

「将棋面白い!もっと強くなりたい!」と言うので、将棋の先生に教わることになりました。
つい半年前まで習い事全拒否だった息子が、自ら「将棋を習いたい」と言い出すとはすごい引力(゚д゚)

当時の記事:
【4歳3ヶ月】習い事に悩む。~共働き、かつ人見知りの幼児はハードルが高い~


photo0000-3404.jpg



将棋のワンデーレッスン


まずは、単発で受けられる将棋教室や将棋教室の体験を見つけたので、3か所受講してみました。

一つ目は、プロ棋士が数人の子相手に指導してくださる単発教室で、
アドバイスしながらうまく手加減してくださって、勝たせてもらえたので上機嫌に。

二つ目は、将棋会館での子ども向け教室。
初心者向けのイベントでしたが、将棋会館主催ということで、一人で指しきれる子が対象。
大盤を使った講義の後、対局では長丁場の上、辛くも勝利。
対戦相手は幼児さんだったのですが、あんな難しいルールを理解してることもすごいし、
何より1時間も椅子にじっと座ってられるなんて、すごい。
負けても泣いたり怒ったりせず、礼儀正しくてただただ感心。
息子がその歳に将棋を始めてたとして…うん、いろいろ絶対無理だな(;^ω^)

三つ目ははカルチャーセンターでの子ども向け将棋教室の体験。
こちらも大盤を使った詰め将棋の講義の後、
この日はトーナメントをするということで、まずは5歳の子と対決。
またも長丁場でなんとか勝利しましたが、
その直後、格上のお兄ちゃんに6枚落ち(大ハンデ戦)でもボコボコにやられました。

集中力がない息子は、対局中に隣の対局が気になって頻繁によそ見したり、
大人向けの椅子が落ち着かずに足をブラブラさせたり、一番落ち着きがなかった…。
こちらでは全員男子だったのに、他の子はちゃんと椅子に座って、黙々と考えててかっこ良かった。
プロにしたいとは微塵も思わないけど、将棋って素敵だなぁと思った瞬間でした。



本入会


そんな訳で、小1の3月から三つ目のカルチャーセンターが月に2回、
時間があれば、将棋会館の単発コースに時々参加という形で、将棋を習い始めました。
初日は18級をつけてもらいました。

目指せ、5級!
そして、まずは打倒パパ。
我が家では最強でも、世間的には全然弱いので、
きっとすぐにハンデなしで破ってくれるでしょう( *´艸`)

私もまだしばらくは息子のライバルでいるべく
…というのは半分口実で、私自身もド下手なりに楽しいので、
将棋の動画を見たり、本を読んだりでのんびり勉強中。
でも息子との差は開くばかりw
あと下手な手を打ったときに、「なんでそこに置いたん?」と夫や息子に真顔で言われると本気で腹立つ昨今。




現在の息子の将棋の取り組み方


【ほぼ毎日】
・アプリ(将棋ウォーズかぴよ将棋)で対戦
・詰め将棋(1手詰めメイン)を解く

【時々】
・将棋教室
・テレビで「NHK杯」や「将棋フォーカス」を見る
・将棋動画を見る
・将棋本を読む
・親子対戦

【現在の棋力】
■将棋教室 18級(20級からスタート)
■ぴよ将棋 12級(15級からスタート)
■将棋ウォーズ 23級(30級からスタート)
■父子対決 2枚落ち(飛車角落ちのハンデ戦)でギリ父に負ける



息子の愛読将棋本



ドラ好きとしてはドラえもん本を推したいところだけど、
正直に言うとこの中で一冊買うなら、一番右の「マンガ版 将棋入門」かな。
たいていの将棋マンガはマンガと解説コーナーの繰り返しの構成なのですが、
息子のように読解力のない子にはその解説コーナーが一人で読めないんです。
この「マンガ版 将棋入門」と、同シリーズの「マンガでおぼえる棒銀戦法」はマンガだけで説明しきっていて、
棋譜が読めなくても理解できる優れた構成。
超初心者でも読みやすくわかりやすい、素晴らしい将棋入門本。

ドラえもんは解説部分が結構踏み込んだ内容なので、ガチの初心者向きではありません。
ただ、マンガ部分はさすがのドラえもん節で大人が読んでも楽しめます。
息子は、ドラえもんの将棋本で玉の囲い方(守りの定跡)を一つマスターしました。

一番左の「1手詰ハンドブック」は子ども向けの本ではありませんが、
ルールさえわかれば子どもでも取り組める詰め将棋の有名作です。
最近は読み聞かせの後、寝る直前に二人で詰め将棋を解かないと寝かせてもらえません。
ただでさえ私の方が将棋が下手なのに、睡魔で余計解くのに時間がかかる…。



習い事は2つ


という訳で、息子の習い事は合気道と将棋の2本立てにになりました。
お金と時間の都合で、我が家では習い事はこれくらいが限界かな。あとは進研ゼミ。
共働きといっても私はパートなのに、習い事慣れしてないせいか、最初はたった週1でも忙しく感じて疲れました。息子じゃなくて私がw
フルタイム共働きでも7種類の習い事をしている友人の子もいるのだけど、どうやったらそんなにできるのか…


どちらもその道を極めてほしいというガチ勢ではありませんが、
楽しみながら礼儀と自信と集中力を身に着けてもらえたら嬉しい限りです。

将棋に関してはゲームから少しでも遠ざけたいという狙いも大きいです。
夫が超ゲーマーかつスマホ依存症なので、息子もそうなる可能性大。
ファミコン等の据え置きゲーム→ゲーセン(メダルゲーム)→スマホゲーム…媒体は変われど、子ども時代から途切れることなくゲームし続ける夫
ゲームって無限に新しいのが出るし、男子は飽きずにやり続けることは夫が体現済みなので、
いつかは辿り着いてしまうだろうけど、少しでも遅らせたい。切実に。




そんなこんなで、毎日1時間以上将棋に取り組んでいる今日この頃。
今の熱を長く保ってくれるといいなぁ。

538F6416-521B-4D60-BAB5-404B12828E5E.jpg
負けてひしゃげてハムスターみたいになる図。


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事
Posted byこゆりす

Comments 2

There are no comments yet.
やきにく  

ハムスターw
めちゃかわいいです、息子君。

読んでて「好きこそものの上手なれ」ということわざが頭に浮かんでいました。
自ら習いたいと言い出すなんて…こゆりすさん、めっちゃうれしかったんじゃないですか?♡
将棋って頭を使うそうだし、最高ですね!
親子でハマるとか素敵すぎる~。

そうそう、ドラえもんの科学ワールドとか学習マンガとか…マンガ部分は食いつきいいんだけど、詳しい解説ページは低学年にはハードル高いですよね。笑

2021/04/22 (Thu) 14:19 | EDIT | REPLY |   
こゆりす  

>やきにくさん
本物の将棋少年のように、将棋に夢中ってほどじゃないんですが、
息子の中でそれなりに好きなものができて良かったです^^
遺伝子的に(夫も義母もかなりのゲーマー)放っておくとゲーマー街道に一直線なので、
とりあえずは将棋ゲームに誘導できたってことで…。
将棋を一局指すのに1時間半とかかかるので、コロナ禍の休日の良い暇つぶしになってます。

ドラえもん学習漫画の解説部分、大人が読んでもすごくタメになるんですが、
たぶんもっと大きい子か低学年だと活字中毒みたいな子しか読まないですよね。

2021/04/23 (Fri) 06:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply