FC2ブログ

6歳1~2ヶ月の成長記録(入学説明会やら謎の腹痛やらコロナ疲れやら)

こゆりす

おさまる気配を見せないコロナ騒動…、ちょっと精神的に疲れてきました。
わが家は今のところ保育園も開けてくれているし、
普段以上に仕事も忙しく、幸運な方だとは思うのですが。

職場まで遠いので、毎日ビクビクしながら電車に乗り、
着いた会社ではこの期に及んでもほぼ全員マスクをしていないことにイライラ。
コロナを気にしていないのかと思いきや、この時期に一日中窓全開だったりで、これまた花粉症の私はイライラ。
仕事はコロナ需要で、ありがたくも普段の数倍忙しく常にお疲れモード。

せっかく週末になってもどこもかしこも閉まっているから、
公園遊びかショッピングモールで外食の二択という、ここ半月。
普段も特に大した休日の過ごし方はしてないのに、できないと思うと息苦しくなるのはなんでだろう。

息子も公園遊びは好きですが、
お友だちを誘えず、行きたいところ(プラネタリウムやレゴランドに行きたいらしい)に行けず、
図書館で読みたい本さえ借りられず、なんだかんだでテレビ三昧。
息子は息子なりにストレスを感じている模様です。

私は自分の時間がないととてもストレスがたまるタイプで、
未だに子どもと長時間遊ぶのが苦手でもあります。(ダメ母なのは自覚してます)
職場にいろいろ不満を抱えていても、仕事自体がある種のリフレッシュになっているようです。


***


さてさて、恒例の成長記録。
息子、6歳3ヶ月になりました。
コロナ騒動で、2か月分ためてしまいました。


体格


身長105.5.cm、体重不明(前月は15.6kg)。
身長SDは-1.8SD、4歳10ヶ月相当の身長。

判定は「(医学的な)低身長の可能性は低い」
最近、また成長痛と思しき痛みを訴えるので期待していたのですが、あまり伸びず。
2学年下の年少さんたちに混ざっても違和感なし^^;

関連記事:
3歳8ヶ月の成長記録~悩みの三つ巴。低身長に悩む。~
4歳7ヶ月の成長記録~続・悩みの三つ巴。低身長・小食・食物アレルギーに悩む~

参考サイト:
低身長チェック|子どもの低身長と成長障害について考える成長相談室
〈参考資料〉 2000年度標準身長・標準偏差表




謎の腹痛に悩まされる


1月の日曜日、昼下がりに突如お腹が痛いと言い出しました。
吐き気もないし、下痢もない。
ただ、ひたすら痛いと言うのです。
なんかこれって、アレルギーの症状にすごく似てる…。

関連記事:
【アレルギー】「卵白」の経口負荷試験に挑戦。わずか0.8gで発症。(6歳0ヶ月)

様子を見ていても一向におさまらず、
我慢できないようなので、タクシーに乗って救急病院を受診。(わが家は車がありません)
病院では38℃まで熱が上がっていたので、「胃腸炎だと思います」と言われ、
一日分の整腸剤をもらい処方されました。
寝る前には熱が下がりましたが、それでも腹痛は改善されず。

ところが翌日の月曜になっても、昼前まで起きてこれないくらいお腹を痛がり続けました。
にも関わらず、吐き気もないし、下痢もない。
前日に下がってからは、体温もずっと平熱。
仕事と保育園を休んで、かかりつけの小児科を受診。
「便秘で痛いのかも」と言われ、またも整腸剤を処方されました。

その後もお通じは普通にあり、波はありながらも痛みは続きました。
週の真ん中は夜ご飯が半分も食べられないほど痛がる様。
金曜日に今度はエコーを備えているという別の小児科に行きましたが、
「大丈夫、大丈夫~」と軽くいなされ、薬も検査もしてもらえず。(しまった、ヤブだったかも)

それから、約2ヶ月。
普段通り生活していますが、今でも時々急に痛がり、起き上がれないほど腹痛に悩まされることが。
便秘でもなければ、胃腸炎でもない。

(小学校進学の)ストレス性の可能性もあるけれど、
命に関わる重いアレルギーを持つ身なので、
本当にアレルギーによる腹痛のときと見分けがつかないのが、すごく、すごく困る!
本人も腹痛のときは園で我慢しているらしく、息子のアレルギーは命に関わる問題なので非常に不安です。



小学校の説明会


今さらですが説明会のことも覚え書き。

長時間の説明会でとても大人しくしていられるタイプじゃない、わが家の息子^^;
当初は保育園に預けようと思っていたのですが、
息子は上記の腹痛の真っ只中だったので、夫に休んで家で見てもらい、一人で参加。
実際に行ってみると、子連れと大人だけ参加の人の割合は半々くらいでした。
幼稚園組は、ほぼ子連れだった模様。

提出書類と必要な物品の多さに眩暈。
保育園は私服だったし、今思えば必要なものが少なかったので。
なんっていうか、書類の締め切り日が見事にバラバラで、
もうちょっと何とかならんかったの?と思ってしまいました^^;
集中して聞いていないといろいろ聞き逃していたと思われるので、
落ち着きが全くない息子は連れてこなくて大正解でした。

あとはPTA。
保育園の役員が本当に本当に!大変だったので、二度とやりたくないというのが本音(汗)
説明を聞いていて、こちらも眩暈がしました。

しかし、何より驚いたのが、説明会中にマナーの悪いママさんグループがいたこと。
子どもの目の前で、大の大人が先生の話を聞かず、説明会の真っ只中に立ち歩くってどうなのよ…?
グループでつるんでいたからこその言動だとは思いますが、彼らと同じクラスになるかも…と思うと、プチ憂うつになりました。




かけっこ大会に出る


自治体の子どもかけっこ大会に出場しました。
というか、させました。

習い事は全拒否、小学校も行きたくない。
「得意なことであっても挑戦したくない。苦手なことはもっとやりたくない」という、幼児にして人生に後ろ向きな息子。
かけっこ大会も「もっと速い子いる!大きい子には負けるもん」という理由で嫌がりましたが、
夫が「頑張ったらガチャガチャさせてあげる」とモノで釣り(←あかんパターンや)、なんとか出場。

diary-1546.jpg

なんだかんだ言っても足は速い方なので、幼児部門で15人中2位。
ガチャガチャ権、2回分を獲得。

幼児にして自己肯定感が低い息子に、少しでも自信を持ってほしくて。
割りと強引に出場させてしまいましたが、
足は速さには素直に自信を持ってくれたらいいな。



チャレンジタッチを開始


早くも勉強嫌いを表明している息子、進研ゼミのタブレット教材「チャレンジタッチ」新1年生の早期申し込み。
「入学準備プログラム」を始めました。

関連記事:
勉強嫌いな年長男児、「チャレンジタッチ」新一年生を申し込み!食いつき抜群だけど、弱点もあり。


早くも年中頃から勉強嫌いを表明していた息子、
最初は毎日やっていましたが、ここのところ毎日は開かなくなりました。
なんていうか…ホント私とは違うタイプの子だわ。
まだ小学生じゃないので、口を出しすぎないように見守りたい…
でも「タブレットやらないの?」ってついつい言ってしまう→「また今度やる!」…早くもあかんパターンの予感。

しかし、字を書きたい時期が重なったおかげもあってか、やっと平仮名が概ね書けるようになりました。
まだたまに鏡文字も書いていますが。
それでも男子ゆえにお手紙には興味がなく、レシートやチラシの文字を書き写して遊んでいます。


そんなこんなで息子の性格上、入学後のお勉強は怪しい雲行きですが、
ベネッセの電子書籍「まなびライブラリー」は大活躍!
この機能を使ってくれてるだけでも、契約してよかったと思うくらい。
1000冊の本・図鑑などの中から読み放題で、入れ替えもしてくれているようなので、
本が好きな子はウハウハだと思います。
私は子ども時代、今よりはるかに本を読む子だったので、
当時こんなのがあったらずっと電子書籍を読み続けていそうなくらい、羨ましい。

息子はまだ一人であまり本が読めないので、
タブレットでもたいてい私が読み聞かせしていますが、
本の幅が広いので、いろんな本に出会えて私自身も楽しく読んでいます。
あの「おしりたんてい」や「かいけつゾロリ」だって読める本に入っているのだから驚き!

タブレット学習の「チャレンジタッチ」でなくても、手持ちのPC・タブレットで読めるので
本好きなお子さんには超おすすめ!(電子書籍に抵抗がなければ…ですが。)
スマホでも一応読めますが、絵本の場合は画面が小さいとかなり厳しいかなと。

進研ゼミ「電子図書館 まなびライブラリー」



初スケート


冬らしい遊びをしたくて、人生初スケートを。
超絶・運動音痴(ガチ中のガチです 笑)の私はたまに行くたびにリセットされ、
手すりから離れられない状態なのですが、
今は小さい子向けにリンク上で使える鉄棒のようなもの(手すりを持ったまま滑れる)があって、
息子に便乗して一緒に鉄棒を持って中央まで行き、歩けるくらいにはなりました。

diary-1548.jpg

鉄棒返却後、息子は夫とずっと手をつないでいたので、
自分から滑る努力はほとんどしていませんでしたが、
帰りたがらなかったので、彼なりに楽しかったようです。



体を上手に拭けるようになる


ここ一年ほど、入浴後に自分で体を拭いていましたが(慢性湿疹持ちのため体はまだ母が洗ってる)
最近、拭き残しがあると気化熱で肌がスースーすることに気付いたらしく、
完璧に一人で拭けるようになりました。
脱衣所で肌の感覚に集中して「あ、ここ濡れてる。あ、ここも」などとブツブツ言いながら拭いてる姿が微笑ましいです。



けん玉と口笛を一応マスター


保育園で初歩の大皿と小皿と中皿ができるようになりました。
といっても、成功率はまだあまり高くはないのですが。
上述の通り、『できないことはやりたくない』思考に苦戦している息子なので、
本当によくやる気にさせてくれたと思います…。(教えてくれた応援の先生には感謝しかない)
「家でも練習する」と言っているので、買ってみたところ、意外にも毎日練習しています。

今は「もしかめ」練習中。
あと、かなりどうでもいいスキルですが、口笛が吹けるようになりました。



腕立て伏せにハマる


マイブームなのかやたら筋肉の話をするようになり、
こちらが勧めていないのに腕立て伏せをするようになりました。
割と口達者なくせに、腕立て伏せのことを「うでたてふし」と言い間違っているのがかわいくて、
訂正せずに私たちも「うでたてふし」と呼んでいます。笑

小食で細っこいので、筋肉はあまりついてなさそうな体型なんですが、
50回連続で腕立て伏せしてぶったまげました。
私も挑戦してみたら、5回しかできなかった…(←10回はいけると思っていた)
二の腕の筋肉を活かして、鉄棒に振り向けてくれたら良いのだけど、
とにかく挑戦しない性格のため、一向に活かされていない筋トレです^^;



空前のダジャレブーム


こちらもここ数ヶ月ブームのダジャレ。
おしりたんていに出てくるパーマネント刑事並みに日々ダジャレを考えており、
私と夫にも「なんかダジャレ知らない?」と新しいダジャレを求めてきます。笑
私はそういうのをあまり知らないのですが、夫はオヤジギャグラーなので、新ネタを提供すると大ウケ。
おじさんのダジャレはサムイのに、幼児のダジャレはかわいい不思議。

息子は、おしゃべりな性格から来ているのか、
しりとりとか反対言葉とかナゾナゾとかの言葉遊びが好きなタイプのようです。


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ

関連記事
Posted byこゆりす

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply