FC2ブログ

6歳0ヶ月の成長記録~ネガティブ個人懇談やらマスクを着けない悩みやら~

こゆりす

息子、6歳1ヶ月になりました。
恒例の成長記録。


diary-1545.jpg


体格


身長105.1.cm、体重15.6kg。
身長SDは-1.8SD、4歳9ヶ月相当の身長。
判定は「(医学的な)低身長の可能性は低い」


ついに同級生からもチビだということが認識されてしまい、
「○○くんのジャンパー、ちっちゃ!」とか(100サイズが着れているので)、
「○○くん、小さいもんなー」とか言われているのを何度か目撃しました。
まあ、事実だからしょうがないけどね。

そういえば同じくチビの私は、小1のときクラスの意地悪女子に1メートル定規と並ばされ、
「○○さん、定規よりちっちゃいんじゃない?」と嘲笑されて悔しい思いをしたことを
30年以上経った今も、しぶとく鮮やかに覚えています。笑
息子もこの先、こういう思いをするんだろうなぁ…。


関連記事:
3歳8ヶ月の成長記録~悩みの三つ巴。低身長に悩む。~
4歳7ヶ月の成長記録~続・悩みの三つ巴。低身長・小食・食物アレルギーに悩む~

参考サイト:
低身長チェック|子どもの低身長と成長障害について考える成長相談室
〈参考資料〉 2000年度標準身長・標準偏差表



急に食欲がアップ


小食エピソードにはことかかない、まれに見る超・小食な息子。
最近、急に食べるようになりました。
先日はお肉屋さんのローストビーフ丼を一人前ペロリと食べて、びっくり!

そうかと思えば、おにぎりを1個しか食べられなかったり、
朝起きてから4時間食べなくても全然平気だったりと、まだまだ健在の小食っぷりを発揮することも。
まだ人並みの食欲に並んだとはいえず、同級生の平均値の8割程度といったところでしょうか。
(夏頃までは平均の半分以下だったと思う。いやマジで。)

私的にはかつてないくらいの食欲に感動してるのですが、
担任の先生曰く、「まだ給食の量は他の子の半分くらいかな。でも食べるスピードはかなりアップしました。」とのこと。
え、みんなどれだけ食べてるの?


▼これまでの小食エピソード
アレルギー対応たこ焼きを作っても4個が限界だったり、
【重度アレルギー】小麦&卵アレっ子、初めてたこ焼きを食べる。(おまけ)つなぎなしのガッテンハンバーグ

とにかく、あまりにも食べない息子に悩み倒したり。もちろんオヤツも食べない。
4歳7ヶ月の成長記録~続・悩みの三つ巴。低身長・小食・食物アレルギーに悩む~



食物アレルギー負荷試験に惨敗


先日書いた通り、超かたゆでの卵白を1グラムも食べないうちから発症してしまい、検査はストップ。
あまりに少量で発症してしまったので、家で慣らす「経口免疫療法」も実施不可。
血液検査の結果から、9割方厳しいだろうとは予想していましたが、
同室で1歳児が軽々クリアしているのを見て、正直ちょっと落ち込みました。

その後、今までクリアしていたゆで卵の超かた茹で黄身にまでお腹を痛がるようになってしまいました。
微量の卵白もダメになったのか…。

関連記事:
【アレルギー】「卵白」の経口負荷試験に挑戦。わずか0.8gで発症。(6歳0ヶ月)



個人懇談


年度初めの家庭訪問に続いて、またいろいろダメ出しを受けました。
まあね、親から見ても、息子はお世辞にも優等生タイプとは程遠い。
おしゃべり以外は同級生の周回遅れだし、要領がいいタイプでもない。
生活面は遅いし、できないことには挑戦したくないし、リーダーシップの真逆をいってるし。

だけども、保育園ではちょっと違った顔もあるようで、
去年までは課題とともに、そんな親の知らない良いところも教えてくれていました。
今年の担任の先生とは母子ともに相性が悪いようで、顔を合わせても微笑ましいエピソードはほぼ皆無。
(担任の非番に入った応援の先生の方が頑張りエピソードを教えてくれる)
毎回肌荒れのことやら、給食が食べられなかった話やらのネガティブな報告ばかり。
誰に対してもこういう感じなのか、優等生タイプの子はちゃんと褒めてもらえているのか…。
慣れっこになってきたので、もう少々のことじゃ落ち込みませんが、

懇談を要約すると、
●自分のしたい遊びがしっかり決まっておらず、いつもお友だちの様子を見ている。
●自由に遊べる時間は、フラフラと周りを見ながらいろんな遊びをしている感じ。
●お友だちに誘われると断れず、自分のやっていたことを中断してしまう。
●小学生では嫌なことを断ることも大事。
○先生の指示は聞けているので、小学校の授業自体はたぶん困らないだろう。

最後のやつは一応褒めてもらえたのかな?
まあ勉強ができる賢い子かどうかは全く別の話ですが(すでに勉強っぽいことは大嫌いだしね)
とりあえず先生の指示は聞けているようです。

5月の家庭訪問から「自分を持っていない・好きなことが定まっていない」ことを気にしておられました。
が、私としてはそこに関してはさほど欠点とは思っていなくて、
『クラスメイトとはあまりトラブルにならず、付き合えるスキルがある』と前向きに捉えています。笑
こういう長所短所って表裏一体で、欠点の多くは見方を変えれば長所だし、逆も然りだと思うので。

とはいえ、小学生同士では悪いお誘いもありそうなので、
先生の言う通り、やっぱり嫌なことは断るスキルも大事なんだろうな。
嫌な時はどうしたらいいか、時々話し合っておこうと思います。


▼もっとダメ出し祭りだった家庭訪問~参観脱走までの酷かった年度序盤。
5歳3~6ヶ月の成長記録~給食嫌いが加速、初めての参観脱走。モヤモヤする日々~



上着もマスクも嫌い


小さい頃からベストとかカーディガンとかの羽織ものが嫌いな子でしたが、
今年はジャンパーも嫌がるようになりました。

保育園では先生に言われるからか、一応朝は着ていきますが、休日は頑なに着用拒否。
帰宅が夜になるときは無理やりリュックに詰めさせますが、
結局夜もジャンパーを着ず、Tシャツ一枚で帰ってきたりしています。
それも、トップスはトレーナーですらなく、ペラッペラの薄手のTシャツ一枚。
下着は着ても綿の半そで一枚で、大人なら10月前半くらいの出で立ち。
ヒートテックとかニットとかは、かつて一度も着たこも所有したこともない、息子にとっては伝説のアイテムと化しています。
せめてトレーナーくらい着せようとしても、それすら嫌がる…。

寒冷地ではない街中だし、今年は暖冬ではありますが、さすがに真冬の夜は寒い。
同級生でもヒートテックにニットにダウンとか着てる子普通にいるし。
私は滅法寒がりで、見るからにモコモコの出で立ちで外出するので、
息子との衣服格差に虐待を疑われるレベル^^;
真冬の夜にTシャツ一枚って、どんだけよ。

と思えば、こたつを勝手に「強」に変えたり、
寝室では母と同じ毛布にくるまったりもしてるので、極度な暑がりという訳でもなさそう。
息子にジャンパーを着ない理由を尋ねると、「面倒くさい。首が暑い」と返ってきます。
何がどう面倒なのかさっぱりわかりませんが、
4歳まで帽子の紐を首にかけられなかったことを思い出すと、首が人より過敏なのかもしれません。

私からすればありえないくらい超薄着ですが、
それでも不思議なほど風邪はほとんどひかないので、本当に必要ない模様。
厚着の私の方が彼の10倍くらい風邪をひいています。
「子どもは風の子」なんでしょうな。

薄着はまあいいとしても、
新型コロナウイルスが広がる中、マスクも頑なに嫌がるので本当に困る。
人混みに遊びに行くときだけは「マスク着けないと行かないよ」と脅して着けさせますが、
5分も経たずにズラしてしまい、結局半分も着けていないので無意味。
小さな子どもでもちゃんと着用している子が増える中、
コレ系は頑なに受け入れてくれないので、ホント困ります…。


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ

関連記事
Posted byこゆりす

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply