FC2ブログ

5歳3~6ヶ月の成長記録~給食嫌いが加速、初めての参観脱走。モヤモヤする日々~

こゆりす

ついに成長記録を4ヶ月もためてしまいました。

役員を卒業してすごく楽になったはずなのですが、
今年度になってから園の方針がいろいろと変わってしまった上、
担任の先生との相性も悪く、今まで満足していた保育園にモヤモヤすることが多発中。
なんとなくブログに気持ちが向きませんでしたが、ここらで吐き出してみようかなと。

苦手な方は回れ右をお願いします。


体格


101.7cm、15.2kg。
身長SDは-1.8SD、4歳3ヶ月相当の身長。

相変わらずおチビさんですが、なんとか身長SDを維持。
判定は「(医学的な)低身長の可能性は低い」。

関連記事:
3歳8ヶ月の成長記録~悩みの三つ巴。低身長に悩む。~
4歳7ヶ月の成長記録~続・悩みの三つ巴。低身長・小食・食物アレルギーに悩む~

参考サイト:
低身長チェック|子どもの低身長と成長障害について考える成長相談室
〈参考資料〉 2000年度標準身長・標準偏差表




参観中に脱走する


1歳児からお世話になっている保育園なので、
大ベテランともいうべき年長の今。

5年目にして、初めて参観中に脱走しました。

お調子者なので一見グイグイいくタイプに見えるようですが、
実は5歳の今でも大の恥ずかしがり屋で目立つことが嫌いな息子。
1歳児の運動会はただ一人大号泣して、最初から最後まで先生に抱っこされるという伝説を作ったりもしましたが、
親同伴の参観だけは一度もそんなことはなく、穏やかに参加できていました。

今年の参観もシャイボーイをを発揮してダンスは一人踊っていなかったものの(←え?)、ここまでは一応想定内。
その後の運動や室内での取り組みには参加していました。
私が一緒だったので、どっちかっていうと途中まではご機嫌なくらいに。

しかし、室内での取り組みが終わって、
終わりの会に差し掛かる頃、廊下へと泣きながら逃亡。
追いかけましたが、なにせ赤子ではないので
暴れる息子を無理やり部屋に連れ戻すこともできず、
終わりの会に参加できないまま先生に捕獲されていました。



給食が嫌すぎて登園拒否


参観脱走の原因は、給食嫌いが加速したことによるもの
重度アレルギーに加え小食なために、乳児クラスの頃から食には興味のない子でした。

今でも家では滅多におやつを食べたがらない。
チョコレートもジュースもアイスも嫌いという、変わり者幼児。

夏場は特に食が細くなる息子。
今年の5月は暑かったので、例年より早く夏バテしていました。

それでも、去年までは「なんとなく給食が嫌だなぁ」という程度でしたが、今年の担任が厳しい先生に変わり。
元からあまり好きではなかった給食タイムが、横で注意され続け、致命的に苦痛になった模様。
アレルギー故、お友だちの横で食べることは叶わず、泣きながら登園する時期もありました。
まさか5年目の年長にして、登園拒否とは…。

全ては息子のデリケートさに起因するのですが、
職員室で食べる日があったり、参観後に一人だけ給食なしになっていたりと謎の対応が続き、
母子ともに園に不信感でいっぱいに…。



家庭訪問


続く家庭訪問でも、話題の9割は息子の食について。
先生は先生なりに息子の給食に悩んでのことだろうとは思いましたが、
去年までは息子の良い部分を積極的に褒めてくれたりしていたのが、ダメ出しの連続に私も凹みました。

先日、とある行事の前日に足の爪が割れて、踊りにくくなったので
息子が自分でそれを先生に言いに行ったのですが
息子の説明が下手だったせいか、「だから何?それがどうしたの?」と大人目線でも怖いトーンで詰問され、ますます母子ともにげんなり。

こういう私も豆腐メンタル。
言われたことを一々くよくよ思い悩んでしまう繊細タイプなので、
息子よ、君の気持ちはめっちゃわかる。

たぶん情熱はある先生だとは思うのですが、どうも繊細な息子には合わないというか…。
(優等生タイプの何でも卒なくこなせる子には全く問題のない先生だとは思う。)

小学校の先生はきっと保育園の(一般的な)先生のように優しくはないだろうから、
来年からの予行演習と思って、息子も私もスルースキルを身につけねばと思っているところです。



映画館デビュー


ずいぶん前に終わってしまった映画の話なのですが…。

実は私、大人ですがドラえもんが大好き。
高校生まで毎年映画を見に行っていた程度には。
子どもとドラえもんを見に行くことに憧れていました。

大のヘタレ&怖がりな息子。
長らく「暗いところが怖い」という理由で
図書館主催のディズニー短編映画の上映ですら嫌がるもんで、
映画デビューが果たせずにいました^^;
昨年頃からようやくプラネタリウムの真っ暗闇も平気になりました。

今年のドラえもんの脚本は、大好きな作家さんである「辻村深月さん」。
これももう観に行くしかないでしょ!ということで、
念願の大長編のドラえもんを観に映画館へ!

ドラえもんが好きな故に、大山のぶ代さん以外のドラえもんは受け入れられなかったのですが、
同じくドラ好きの友人が「意外とすぐ慣れるよ」と言っていた通り、始まって15分で慣れてしまいました。

ドラえもんの世界観を壊さず、でも少し大人向けの伏線もあり、さすがは辻村深月さん!
笑いあり、涙ありで大満足の時間でした。

日頃、テレビのドラえもんも見たことのない息子でしたが、前のめりで夢中で見ていました。
あまりにハマったので、その後昔の大山さん版大長編ドラえもんを少しずつ鑑賞中。
(母的にはやっぱりドラえもんは大山のぶ代さんの方が可愛いと思う)



かけっこ教室


人一倍のお調子者なのに、人みしりのシャイボーイという二面性を持つ息子、
4歳の習い事体験の段階で惨敗した経験から、習い事は控えておりました。

関連記事:

【4歳3ヶ月】習い事に悩む。~共働き、かつ人見知りの幼児はハードルが高い~


通っている保育園は、のびのび系公立園。
外遊びの時間はとても多いけれど、体操の課外保育などはなく(その上、狭くて遊具もしょぼい^^;)
全般的にのびのびとゆるい雰囲気。
上記のようにお調子者ながらデリケートな息子に合ってはいました。
そんな訳で、まさに習い事的なことをしたことがないまま5歳を過ぎてしまいました。

息子は小柄な割に、というか小柄ゆえの俊敏性からか、まあまあ足が速いようです。
本人もこの点については自信を持っているので、
せっかく自信があることをもっと伸ばしてあげたいという思いがあったところに
単発の「かけっこ教室」があるのを発見。

同じく足の速さが自慢なくせに、口先ばかりで一向に運動を教えない夫、
「誰が教えても一緒やろ…」とブツブツ言いながら後ろ向きに同行していましたが、
さすがはプロ、たった一日でフォームが劇的に改善。
スタートもぐんと良くなりました。

発表会でも参観でもとにかく目立つことが嫌で、モジモジくんな息子。
しかし、母としては得意の運動会だけは頑張ってほしい。
公園に行ったときに時々フォームを確認して、
運動会まで維持していければいいなと思っています。


b-1.jpg
ドラッグストアのポイントが集まったので、キックボードと交換。
怖がりの息子もすぐ乗れるようになりました♪


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事
Posted byこゆりす

Comments 2

There are no comments yet.
ウル  

こゆさん、こんにちは。

参観日、懇談会とお疲れさまでした。
ダメ出しの連続って凹みますよね。
私も経験ありなので、すっごくお気持ちわかります。。。

そして、給食。
我が家も幼稚園生活において給食の存在は大きいです。
量を調整してもらったり、苦手な食材を抜いてもらったりしてなんとか食べてくれていますが、給食自体はやっぱり好きじゃないようで嫌がっています。
配慮の元なんとかなっているだけで、熱血に食べなさいタイプの先生だと詰んでいたと思います。
横で注意されながら食べ続けなくちゃいけないなんて、大人でもしんどいかと。
繊細なタイプだとかなりつらいですよね。。。

それから、今の時期、体重が増えないのも同じです。
4月の体重測定よりも減ってます。
夏はこんなもんかと思うようにはなりましたが、華奢な息子を見ると食べてくれーと思ってしまって。。。
ほんと、食事面の問題が山積みすぎて、どこからどうしていけばと悩みます。
お互い悩みが尽きないですね。


それにしても、足の速さに自信を持っているという息子君の気持ちが素敵ですね♪
自分の中で、これは!っていうものがあると力になりますもん。
かけっこ教室いいなぁ。単発っていうのも魅力的。
単発なのにフォームが良くなるっていうのもすごい。
2学期の運動会楽しみですね。
息子君ファイトです♪

2019/07/22 (Mon) 23:59 | EDIT | REPLY |   
こゆりす  

>ウルさん
おはようございます!
ダメ出しって、大人でも凹みますもんね。
今までの担任の先生たちは褒め上手だったのか、
課題だけでなく親の知らない良いところをたくさん教えてくれたので、
今年はあまりにも課題ばかりでドンヨリでした^^;

ウルさんも給食には悩まれていましたよね。
うちも量を加減してもらっても尚、残したりえずいたりするので、先生もどうにかせねばと思っての熱血指導だとは思いますが、息子には逆効果になっているようで。
暑さに慣れたのか、少しマシになってきた気はしますが、本当に早く夏が終わってほしいと祈るばかりです。

体重問題も全く同じです^^;
年間通しても、毎年1キロ増えるか増えないかで…。
おにぎりを2個食べられない息子を見るたびに、眩暈がします。

かけっこ教室は単発だったのが良かったのかもしれません^^
「恥ずかしいけど1回だけなら頑張る」というモチベーションで行ったので。
何につけても自信がないタイプなので、1つだけでも得意なことに自信を持って、伸ばしてくれたらいいなと思っています。

幼稚園はいよいよ夏休みですね。
ウルさんも大変だと思いますが、なるべく涼しいところで暑さを逃して、なんとか夏を乗り切りましょうね。

2019/07/24 (Wed) 10:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply